Home > Archives > 2011-12

2011-12

ありがとうございました。

あと8時間ほどで2011年も終わりですね。今年はやはり3月11日の地震とつづく原発災害に右往左往するばかりだった1年でしたが、みなさまにとってはどういう一年だったのでしょうか?僕にとっては本当にいろんな意味で濃い一年だったような気がしています。

やはり何と言ってもアルバム『TAKE TAKE』を作れたのが一番のトピックでした。やっと現在の自分にとっての名刺と言えるアルバムをリリースできたのはほんと嬉しいことでした。さらに今年は今までで一番ライブをたくさんやりました。さっき数えましたがちょうど250本でした。その他にもいろいろたくさんやりましたし、させて頂きました。アルバム以外でのレコーディングもちょこちょこやりました。演奏以外では「THE SAX」や「WAY OUT WEST」という雑誌の記事も書きましたし、「TAKE TAKE」や「Takeshi plays Takeshi」のジャケット制作も楽しかったです。

こうやって10年を越えて音楽一筋でやってこれているのも、聴きにきてくださったたくさんのみなさん、そして共演した数多のミュージシャンのみなさん、お店やホール、イベント制作、スタジオ制作のみなさんのおかげだと思います。みなさんの期待にはまだまだ十分応えられていないと思いますが、これから先、少しでもいい音出せるようにしていきたいです。

2012年もぼちぼち頑張っていきますので、みなさまよろしくお願いします。まだお会いしていないたくさんのみなさん、まだ共演していない多数のミュージシャンのみなさん、来年こそお会いできることを楽しみにしています。

今年一年ありがとうございました!

皆様、よい年を!

2012.1月のスケジュール

■■? たけタケ ■■

1/14(Sat) たけタケ
大阪 朝潮橋 Piano Bar Kiyomi 06-4395-1200
[メ]清水武志(p)、武井努(Sax)

1/17(Tue) たけタケ
寝屋川 萱島 OTO屋 080-6126-1529
20:00~ 2,000
[メ]清水武志(p)、武井努(Sax)

1/28(Sat) たけタケ
東大阪 俊徳道 Crossroad 06-6736-8870
20:00~ 2,000
[メ]清水武志(p)、武井努(Sax)

■■ その他のライブ ■■

1/7(Tue) PANDMIK
■ PANDEMIK de 新年会
東京 池袋 Relaciones 03-6912-7239
DOOR OPEN 18:00 START 19:00~
◆飲み放題コース:予約=4,000円、当日=4,500円(税込/18:00~21:00限定)
◆キャッシュオンデリバリーコース:予約=3,000円、当日=3,500円(税込/1ドリンク付)
[LIVE] PANDEMIK
[DANCE] BailaDENueve

1/8(Sun) 花岡義博(Ds)
高石 おいなりさん
19:30~
[メ]花岡義博(Ds)、橋本有津子(Org)、橋本裕(G)、武井努(Sax)ほか

1/10(Tue) Words Of Forest
神戸 三宮 Big Apple 078-251-7049
19:30~ 前1,800/当2,000
[メ]森本太郎(Ds)、清野拓巳(Gt)、三原脩(B)、武井努(Sax)

1/11(Wed) 武井~福呂DUO
大阪 北浜 RUMBA 06-6222-6700
20:00~ ノーチャージ
[メ]武井努(Sax)、福呂和也(B)

1/12(Thu) 武井~馬田DUO
大阪 北浜 RUMBA 06-6222-6700
20:00~ ノーチャージ
[メ]武井努(Sax)、馬田諭(Gt)

1/13(Fri) 中島教秀(B)4管バンド
大阪 梅田 ROYAL HORSE 06-6312-8958
19:30~ S=3,675円 A=3,150 B=2,100 barcounter=1,575
[メ]唐口一之(Tp)、宮哲之(Ts)、中島徹(Tb)、武井努(As)、竹下清志(P)、中島教秀(B)、竹田達彦(Ds)
※数年ぶりに復活のバンド。なんと武井アルトサックスで参加します。激レア(笑)
1/18(Wed) MITCH(Tp,Vo)5
大阪 梅田 ニューサントリー5 06-6312-8912
Live Time 19:50~20:30/21:00~21:40/22:10~22:50 1,800
[メ]MITCH(Tp,Vo)、永田充康(Ds,Vo)、武井努(Sax)、杉山悟史(Pf)、宮上啓仁(B)

1/19(Thu) 武井~福呂DUO
大阪 北浜 RUMBA 06-6222-6700
20:00~ ノーチャージ
[メ]武井努(Sax)、福呂和也(B)

1/20(Fri) たけタケさとこ
大阪 天満 じゃず家 06-6377-1130
20:00~ 2,500(1drk,1foodつき)
[メ]清水武志(Pf)、武井努(Sax)、Satoko(Vo)

1/22(Sun) 喜多美子(Vo)
武庫之荘 Mクアトロ 06-6433-3126
19:30~ 2,500
[メ]喜多美子(Vo)、生島大輔(Pf)、武井努(Sax)

1/23(Mon) 武井~箕作DUO
寝屋川 萱島 OTO屋 080-6126-1529
20:00~ 2,500
[メ]武井努(Sax)、箕作元総(Gt)
※久しぶりの好評企画、持ち寄りPartyです(自由です)。持ち寄って食べて呑んでセッションもしましょう!

1/25(Wed) 武井~野江DUO
大阪 北浜 RUMBA 06-6222-6700
20:00~ ノーチャージ
[メ]武井努(Sax)、野江直樹(Gt)
※都合により武井>福代亮樹(Sax)に代わります。

1/26(Thu) 小濱武井5
名古屋 栄 jazz inn LOVELY 052-951-6085
19:30~ 前1,800/当2,000
[メ]小濱安浩(Sax)、武井努(Sax)、牧知恵子(Pf)、萬恭隆(B)、倉田大輔(Ds)
※大物ゲストあるやも?!

1/27(Fri) E.D.F.
大阪 桃谷 M’s Hall 06-6771-2541
20:00~ 1,800
[メ]清水武志(p)、西川サトシ(b)、武井努(Sax)、田中洋一(Tp)、光田臣(Ds)

1/29(Sun) 東日本大震災チャリティーライブ Vol.Ⅱ
神戸 元町 JUST IN TIME 078-333-1858
19:30~ 3,000
[メ]MAYUMI(Vo)、末元紀子(Vo)、木畑晴哉(Pf)、武井努(Sax) 他

見原洋子デモREC

ほんと一発撮りでしょ

今日は大好きな見原洋子さんのデモレコーディングでした。彼女とのライブはいつも楽しいし、いろいろ好きにやらせてもらえるし(吹けもしないクラも吹いてたりするし)、もっと活動いろいろしたいと常々思っているのですが、今回はなにやら試してみたいことでもあるのか、デモを作ってみたいという話だったので、見原さんや~そ(Gt)と3人で録音をしました。

夕方18時ぐらいからという遅い時間だったのだけれど、録ってみたいという曲はライブで結構やってきてる曲だったのと、やっぱりこの時間だと体が演奏するのに適している時間なので、結構スムーズに(まあデモで一発録りなので気楽)進みました。ごちゃごちゃ言うのはなしで(笑)どの曲も2テイクずつ(これ以上やると飽きたり、うまくやろうとしすぎたりするので)という男前なやり方がよかったのかもしれませんが、予定の7曲と予定外に(僕とや~そが調子にのってもっとやろうやろうと言いまくったので)先日のライブで初めてやった新曲も1曲、合計8曲を5時間ぐらいで録ったのでした。

いつもテナー、ソプラノ、フルート、そしてクラを持っていってますが、今日は曲によって違うほうがいいかなと思ったのでフルートも2本持っていきました。やっぱり曲のイメージと楽器の音色って合わせたいものですし。

今日の楽器たち。横はテイクバックを聞いてうーんと悩む見原やん(笑)

考えてみると結構大変な作業だったけれど、終始楽しかったです。気心知れた仲間といい音を出すというのはほんと楽しい作業だなーと思えた夜でした。

このデモたちがどうなるかは、今後のお楽しみです。

群ようこ – 働く女

先日読んだ同じく群さんの「でも女」につづくような本なのかな。10人の女の人のそれぞれの面白い、ちょっと哀しい、とほほな短編たち。どれもすごくリアルに存在する感じの女性ばかり。

物語で短編だから多少の脚色はあっていいと思うのだけれど、この本に登場する物語はどれも赤裸々というか飾り気なくそのまんまな感じがして、一喜一憂、どちらかというと「あーあ」と思ってしまうところがあるのだけれど(異性だからそう感じてしまうのかもしれないけれど)、リアルな感じが好感持てる。

個人的には古本屋を手伝うことになる「そして私は番をする」と、ラブホを経営する母子の「いろいろあって、おもしろい?」が好きだなー。

あっさり楽しく読める本だった。

Aston Martin, Jaguar and Rover

今日はなんば近くに新しくオープンした車のショールームでのパーティーでした。VIPが集まってのパーティーというのはそれだけでも華やかなものですが、真新しい店舗にぴかぴかの最新の車という光景は見ているだけでうっとりしてしまいます。

今日のショールームは2つに分かれていて、片方はAston Martin、他方はJaguarとRoverが入っていたのですが、やはりいい車というのはその実力もさることながら、デザインが素晴らしくいいものなんだなーと改めて思いました。どこかがかっこいいとかではなくて、どこから見ても隙なく完璧に美しいフォルムをしていて、そこに気品やポテンシャルを感じさせる、そんな芸術作品を見ているような感覚がしました。まぁ車が好きだということを差し引いても、今日並んでいた車はどれも車以上の何かを感じさせてくれるものでした。

そんな車をまえにえらくはしゃいでしまい、おかげでお金持ちになったような錯覚さえ覚えましたが、いはやはどの車も10年働いても買えない代物でした。わははは(笑)

NORA & Mamborama@豊橋

NORA&Mamborama (photo by Ravi)

昨晩は愛知の豊橋で数年ぶりになるNORAさんとのライブでした。久しぶりにご一緒するのでわくわくして朝大阪から愛知へ向かったのですが、岡崎まではいったことあるけれど、それより先は知らないのでこれまた楽しい道程でした。知らない街に行くというのは楽しいものです。そして豊橋といえばいま名物(にしようとしているらしい)のカレーうどん!これを食べなければーと気合もはいり(笑)

リハからNORAさんはもちろんバンドも楽しく、パーティー自体もすごく上品でいい感じのもので、その中で演奏するのはとても気持ちいいものでした。先日PANDEMIKでもサルサやったけれどまたNORAさんの歌うサルサは違う感じでこれもすきなのですよね。いい演奏にするのはもちろんだけれど、後姿をみながら、ステージングやMC、短い時間でお客さんを魅了するエンターテイメントとは、などなど勉強もさせてもらいました。いやー、素晴らしいなぁ、ほんとに。いろいろお笑い見て研究してたりするそうです。へー。

NORAさんと

終わってからは開催者のみなさんに熱烈な接待もしていただき、いろんな人といろんな話ができたのもよかったし、NORAさんらと音楽の話などをじっくりできたのもよかったです。なかなかない機会ですし。そして楽しくおいしく、いいお酒でした。

PS
そしてセッティングとリハの隙間の時間に抜け出して食べに行った「豊橋カレーうどん」。いろいろ意見あるでしょうけれど、これ美味しいと思いますねー。カレーうどんの下にとろろかけご飯が入ってるのですけれど、うどんぜんぶすすったあとに、いい感じのおじやっぽいカレーライスになるんですねぇ。家でもつくってみよっと。

豊橋カレーうどん!

PS2
打ち上げ2件目でえらい盛り上がって歌えやなんやのノリになり、弾けもしないのにピアノ弾いて遊んでしまいました。うそ八百ですんません(笑)

ピアノの先生っぽい?(photo by Ravi)

三浦しをん – 風が強く吹いている


たぶんはじめての三浦さん。装丁の絵からもわかるようにランナーのお話。もうちょっとちゃんというと箱根駅伝のお話。才能あったのに怪我であまり走れなくなったさる大学の陸上部の男が才能に恵まれた男と出会い、仲間を集めて箱根駅伝にトライするお話。毎年正月2、3日に開催される箱根駅伝は、関西の人間にとっては遠い場所のことだし、陸上のこともぜんぜん知らないけれど、テレビ放映される姿を毎年見ながら素敵で、いったいどんな世界なのか知りたくもあるし、何よりランナーたちが美しく感動的。だからわくわくしながらページをめくる。

絵に描いたようなボロ下宿とそこに住まう個性豊かな男たち。彼らはみなこの下宿に長く住む灰二が連れてきたものたちなのだが、満室まであと1人。それで10人。ある日銭湯帰りの彼の前を万引きして駆け去る一人の姿。その見事な走りっぷりに見惚れて着いて行った、それが走(かける)との出会いだった・・・。

駅伝といえばシード権を与えられた10校(前年10位以内に入った)と、そして予選で勝ちあがった10校の限られた20校しか出られない激戦であり、その予選もすごく厳しく、選ばれた20チームだけがああやって駅伝を走っているわけであり、そのチームも10人だけ。きっと常連校と呼ばれる大学のチームならばチーム内での競争も熾烈だろう。だからより選ばれた人間だけがあそこを走ってる。そんな中素人同然の人間(でも灰二が見込んだ人間たち)たちの寄せ集めチームが予選を勝ち抜き、本戦で襷をつなぎ続けられるのか?駅伝を毎年楽しみに見てるだけに、その知らない場所からはじまる物語はわくわくして仕方ない。

個人的にはやはり往路の5区が大好き。何よりも厳しい上り坂でこの数年繰り広げられるデッドヒートとゴールの芦ノ湖の美しさ、そこに死力を尽くしてたどり着くランナーたち。ぬくぬくこたつで見てる分にはすごく楽しいけれど、もしかすると彼らはもっと美しい世界を体験しているのかも。走っているものだけが感じられる世界。そんなものを垣間見させてくれるこの物語はとてもいい。

梶尾真治 – 黄泉がえり

初めて読む梶尾さん。タイトルから勝手に想像して怖そうな話なんかなぁと思ったり、先日浅田さんの「椿山課長の7日間」を読んだのもあってまた誰かが黄泉の国から帰ってくる話かなぁ、なんて思いながらページをめくる。ある日亡くなったはずの人が帰ってくる。それが一人や二人ではなく無数に・・・・。

いきなり文頭でSFチックな表現ではじまるので「???」と思ってしまったけれど、これが伏線として要所要所に挟まれて次第に意味が明らかになっていく。そして拡大していく黄泉がえりの現象。一度亡くなった人が復活する(一般にはありえないこと)ということで巻き起こる騒動や悲喜こもごも(やっぱり亡くなった人がある日突然帰ってきても、すんなり受け入れられてしまうものなのか?)があったりしてこのあたりの描写が面白い。そしてこれらの現象を「なぜ?」と考えるところから謎解きがはじまる。

作者の地元だという熊本というローカル地が舞台なのも好感。最近伊坂さんが好きで仙台が舞台っていうことが気に入ってるからかも。なんでも話が東京やら大阪みたいな大都会だとおもしろくないし、あまりなじみのない土地が舞台となってそんな街が紹介されていくのも旅をしているようで楽しいもの(テレビドラマでよくある湯けむりうんぬんみたいに観光地紹介見て喜んでるようなものかもしれないけどー)。

よみがえる人は全員ではなくて限られた人。その人たちが何故選ばれてよみがえったのか?彼らが生きている人たちに与えるものとは?そしてところどころに挟まれる謎の描写は?物語がうまく構成されててじわりじわりと進むのがいい感じ。よみがえった人たち語ること、宿る力、遺していくもの、どれもが奇蹟的で美しい。

梶尾さんの他の本も読んでみたいなー。

石田衣良 – ドラゴン・ティアーズ-龍涙(池袋ウエストゲートパーク IX)


もうこのシリーズも9作目。すごいなぁ。相変わらず時事ネタをうまく取り入れて作品に生かしている。今回はリーマンショックなどの経済不況が原因のひとつとなった貧困、社会の底辺のまだ下の世界のお話が4つ。

テレビで流行り華やかなエステの世界の裏の顔を描く「キャッチャー・オン・ザ・目白通り」、街の片隅をねぐらにしている底辺労働者の実態「家なき者のパレード」、借金が生む悲劇「出会い系サンタクロース」、じわりじわりと広がる中国系社会の表と裏「ドラゴン・ティアーズ – 龍涙」、どれも実際にある話(だろうな)で、大きな視野から描かれがちだけれど、石田さんはあくまでマコトの目と耳、そして池袋という街を通して語る。だから目線が低い。なので大きすぎて実感できない社会の波が、実感できる大きさの出来事として入ってくる。

実際コンビニや最近はやりの安売り店、百均ショップなどなどモノやサービスそんなものたちがどんどんどんどん安くなっていっている。表面的にはうれしい話のように思えるが、ちょっと考えたら恐ろしい話じゃないだろうか?たとえば300円を切るような値段でつくられるお弁当。どう考えても自分じゃ作れない。たくさんつくって販売したっていったいどこに利益が?と思ってしまう。食べ物だけじゃない、さまざまなモノが(きっとどこかで誰かが作ったはず)安くなってる。ということは原価が異常に安いということだ。以前は”安かろう悪かろう”といって安さは品質の悪さ、というのが当たり前な考え方だったが、いまは悪くないものでもなんでも安い、安すぎる。サービスや労働についても同じだ。

ということは僕たちが想像する以上に社会には底辺のさらに下に底辺があり、そこでまたうごめく人々がいるということ。そんな人たちの上にぼくたちは暮らしているが、彼らの姿はまったく見えない。実際にいるはずなのに。そしてそこに巣食う魔物たち。それらも含めてぼくたちは立っている。そんなことを無視していたわけでも忘れていたわけでもなく、知らずにいままですごしてきていた。いや、考えたり知ろうとすればわかることだったのかもしれないが、それを怠ってきたのかもしれない。

安ければいい、楽だったらいい、それは魅力的な言葉だけれど、なにか形や得るものがあるのならば、それを生み出したひとがいる、ということを考え、それを通して透けて見える、そばにあるのに知らない世界のことをもっと考えたほうがいいんだろうな。

文集文庫 2011

2011.12月のスケジュール

12/1(Thu) PANDMIK
大阪 東心斎橋 SOMA 06-6212-2253
Open 19:00 Start 19:30 前3,000/当3,500
[LIVE]PANDEMIK / ORQUESTA NOCHE
PANDEMIK:
川辺ぺっぺい(B)、とくじろう(Perc)、藤田俊亮(Vo)、 NANA cantarina(Vo)、牧知恵子(Pf)、衣笠智英(Ds)、ふさはらただひろ(Tp)、前田大輔(Tb)、武井努(Sax,Fl)
[DANCER]TOMOKO y KIKI

12/2(Fri) 山内・牧・武井
大阪 天満 じゃず家 06-6377-1130
20:00~ 1,500(ドリンク・フード別1,000)
[メ]山内詩子(Vo)、牧知恵子(Pf)、武井努(Sax)

12/3(Sat) hikari(Vo)
京都 祇園 CANDY 075-531-2148
20:00~ 1,700
[メ]hikari(Vo)、武井努(Sax)、藤川幸恵(Pf)、萬恭隆(B)、小前賢吾(Ds)

12/4(Sun) MITCH ALL STARTS feat.noon
■ WEST RIVER JAZZ CONCERT
川西 アステホール(アステ川西6階) 072-755-2001
Open 14:30 Start 15:00 2,000(高校生以下1,000)
[メ] MITCH(Tp,Vo)、武井努(Sax)、小林創(Pf)、金澤英明(B)、永田充康(Ds) feat. noon(Vo)
info 072-755-2001(TENPO175)

12/5(Mon) Big Wind Jazz Orch.
大阪 梅田 ROYAL HORSE 06-6312-8958
19:00~ S2,500円 barcounter1,000円
[メ]飯田憲司、落合智子、後藤重樹、武井努、松並真嗣(Sax)、菊池寿人、黒岩洋輔、福中明、真砂陽地、横田健徳(Tp)、大島一郎、太田健介、坂本裕樹、堀田茂樹、的場誠治(Tb)、箕作元総(G)、志水愛・宮詠子(Pf)、片岡耕一・原満章(B)、森山和弘(Ds)、MOMOKO(Vo)

12/6(Tue) 松田一志(Vo) Old&New Soul Jam
大阪 北新地 Mr. Kelly’s 06-6342-5821
19:30~ 前3,000 / 当3,500
[メ]松田一志(Vo)、マーティー・ブレイシー(Ds)、武井努(Sax)、城野淳(Gt)、土本浩司(B)、大嶺泰史(B)

12/8(Thu) 第二中谷俊(B)Trio with 武井努
神戸 三宮 Big Apple 078-251-7049
19:30~ 1,000
[メ]中谷峻(B)、北野祥平(Pf)、伊東佑(Ds)、武井努(Sax)

12/10(Sat) 松田一志(Vo)
岡山 中央町 MO:GLA 086-235-3277
前2,500 / 当3,000 ドリンク別 要1オーダー500
OPEN 18:30 / START 19:00
[出]松田一志[松田一志(vo)、武井努(sax)、城野淳(G)、土本浩司(Ba)] / MM92 and more…

12/13(Tue) 永田充康(Ds,Vo)5
大阪 梅田 ニューサントリー5 06-6312-8912
Live Time 19:50~20:30/21:00~21:40/22:10~22:50 1,800
[メ]永田充康(Ds,Vo)、武井努(Sax)、宮上啓仁(B) 、加納新吾(Pf)、TAKU(Gt)

12/16(Fri) 清水武志(Pf)3
大阪 西成 Lazy Angel 06-7501-4841
19:00~ 1,000
[メ]清水武志(Pf)、魚谷のぶまさ(B)、武井努(Sax)

12/19(Mon) 武井~馬田Duo
寝屋川 萱島 OTO屋 080-6126-1529
20:00~ 2,000
[メ]武井努(Sax)、馬田諭(Gt)

12/20(Tue) Make Jazz Quintet + 武井努
大阪 芦原橋 studio & cafe MAKE 06-6562-3294
20:00~ 1,500
[メ]塩之谷浩司(Tp)、古御門幹人(Tb)、藤川幸恵(Pf)、中谷俊(B)、佐良和春(Ds)、武井努(Sax)

12/21(Wed) MITCH(Tp,Vo)5
大阪 梅田 ニューサントリー5 06-6312-8912
Live Time 19:50~20:30/21:00~21:40/22:10~22:50 1,800
[メ]MITCH(Tp,Vo)、永田充康(Ds,Vo)、武井努(Sax)、杉山悟史(Pf)、宮上啓仁(B)

12/22(Thu) MITCH(Tp,Vo)5
大阪 淀屋橋 ROYAL HAT 06-6204-1327
20:00~ フリー (チップ&カンパ制)
[メ]MITCH(Tp,Vo)、永田充康(Ds,Vo)、武井努(Sax)、宮上啓仁(B) ほか

12/26(Mon) E.D.F.
大阪 芦原橋 studio & cafe MAKE 06-6562-3294
20:00~
[メ]清水武志(p)、西川サトシ(b)、武井努(Sax)、田中洋一(Tp)、光田臣(Ds)

12/30(Fri) 松田一志(Vo)
■年末プロアマバトル Vol.8 !
大阪 東心斎橋 SOMA 06-6212-2253
前2,500/当3,000 19:00~
[出]Kazushi ‘funky’ Matsuda(vo) / The Nasty Doo[Aya,Myah,Kana (vo)] /セッション [参加者vo : 福田哲平/TomoYuki/小田真之 …他] バンド:城野淳(G)土本浩司(Ba)古賀昇(Ds)花田えみ,半田彬倫(key)

Home > Archives > 2011-12

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。