Home > > 川上弘美 – センセイの鞄

川上弘美 – センセイの鞄


川上さんの作品は「神様」の”くまにさそわれて散歩に出る”という衝撃的な書き出しに出会って以来ファンと言うかちょっと虜になってしまっていて、いくつか作品を読んでいるけれど、どうもちょっとお話が怖かったり、うまくトーンが合わなかったりするときもある。その彼女の独特のペースというか、作品の中に沈んで行く感じが、あまりにも深かったり、淀んだりするとちょっと恐ろしい気がすることもあったりして、なかなかいろんな作品をつぎつぎ手に取ってという感じにはいかない。

でも、この「センセイの鞄」、”センセイ”とカタカナであるところに惹かれて手に取った。で、もしかしたら今まで読んだ中で一番好きな作品かも。ことばづかいも作品のなかの時間の流れも、まぶしくない感じも、そして終わり方も、どれも素敵。ある意味普通なのかもしれないけれど、それでもほんのちょっとしたことの積み重ねでできている文章が、淡く、儚げで、どこかにありそうでどこにもなくて、明日のことのようでずっと昔のことのようで。彼女が綴る物語のすこし次元のずれた世界にとっぷりひたれる感じが心地よかった。

へんてこりんな恋愛の話かもしれないけれど、いいなぁ。お酒を燗で呑みたくなる。

文集文庫 2004

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2013/10/30/%e5%b7%9d%e4%b8%8a%e5%bc%98%e7%be%8e-%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%81%ae%e9%9e%84/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
川上弘美 – センセイの鞄 from Ending Of Beginning II

Home > > 川上弘美 – センセイの鞄

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。