Home > > 加藤実秋 – インディゴの夜

加藤実秋 – インディゴの夜

加藤さんはまだ2作目。前の「モップガール」が面白かったので名前覚えてて、この本を手に取った。装丁もすっとした感じだったので、きっとするっと読めるだろうなーと思ったのもある。ガッツリ読み込むもの、すっと読めるもの、いろいろ変えて読まないとしんどいし。ちなみに加藤さん、実秋はさねあき、じゃなくて、みあき、です。女性。

「クラブみたいなハコで、いかにもという感じではなくて、DJやダンサーのような男の子が接客してくれるホストクラブ」をコンセプトにオープンした渋谷のはずれにあるclub indigo。フリーライターの晶、そして同じくライターの塩谷がオーナーだが、実際に店を仕切るのは”伝説の男”憂夜。毎夜若い女の子でにぎわうインディゴだが、ある熱心な女性客が殺される。店のNo.1が絡んでいる?謎を解くため警察をよそに晶たち、そしてホストたちが渋谷の街を走る。。。。

この本には晶たち、そしてホストたちが活躍する短編が4つ。どれもすこしひねりがあって引きつけられて面白い。それとホストクラブなのにホストたちがいわゆるじゃなくてその辺にいる感じの賑やかな男の子たちという設定もいいと思う。名前も変だし。ジョン太とか犬マン、TKOにBINGO、山田ハンサムとかとかw。彼らがそれぞれキャラがたってて面白いのもあるし、もちろんもとヤンという晶も、そしてちょくちょく現れるオカマバーのなぎさママ、そして店をとりしきる憂夜が格好良すぎたり。下手をするとかっこいい男たちが格好良く颯爽と活躍してミステリーを解いて回る、みたいな展開になりがちなのに、こういうキャラたちでそうはさせず、でも退屈にもならないようにする(渋谷とかこういう文化圏のことをよく知ってるんだとおもう、加藤さんが)のはなかなか難しいんじゃないかなーと思う。で、軽く読めるのもいい。ま、だいぶ軽いけれど。でもチャラチャラはしてない。いい塩梅。

せっかくだからもう一話一話説明の部分は省けばよかったのになあと、本でまとめて読むと思う。続きもあるようだから、それらもきっと読むだろうなー。まだキャラクターたちの奥、深そうだし。憂夜あたりはたくさんエピソードありそう。

荻原浩さんが書いてる解説がとてもいい感じ。その通りよねぇ。そんな風にはぼくはかけないから、面白かった!とだけ書く。

創元推理文庫 2008

Amazonで詳細を見る
楽天ブックスで詳細を見る

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2015/04/01/%e5%8a%a0%e8%97%a4%e5%ae%9f%e7%a7%8b-%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b4%e3%81%ae%e5%a4%9c/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
加藤実秋 – インディゴの夜 from Ending Of Beginning II

Home > > 加藤実秋 – インディゴの夜

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。