Home > > 村上春樹 – 東京奇譚集

村上春樹 – 東京奇譚集

tokyokitan

奇譚集というぐらいなので、すこしおかしな(という表現はおかしいか。すこし歪んだ、ズレた感じのする、すこし非現実的だけれど、でもありそうな話、ような感じか)話が5編。「レキシントンの幽霊」のときのように”本当の話じゃないような気がするかもしれないけれど、実際にあって聞いた話で”のような感じもするけど、これは創作よねえ。

孤独な同性愛者のピアノ調律師の日常「偶然の旅人」、サーファーの息子を無くした母親がその浜辺で夏を過ごす「ハナレイ・ベイ」、すぐにありそうなのになくなってしまったものを探しに「どこであれそれが見つかりそうな場所で」、移動する不思議な石の話「日々移動する肝臓のかたちをした石」、思い出のものと一緒に人の名前を盗んでしまう猿「品川猿」。もうだいぶ前に読んだのであまりおぼえてないのだけれど、パラパラめくってみると、文章のそこかしこから村上節というか、彼の文体の匂いが立ち込めてくる。「ハナレイ・ベイ」と「品川猿」が好きだったな。

新潮文庫 2007

Amazonで詳細を見る
楽天ブックスで詳細を見る

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2016/02/17/%e6%9d%91%e4%b8%8a%e6%98%a5%e6%a8%b9-%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e5%a5%87%e8%ad%9a%e9%9b%86/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
村上春樹 – 東京奇譚集 from Ending Of Beginning II

Home > > 村上春樹 – 東京奇譚集

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。