Home > > 乃南アサ – すれ違う背中を

乃南アサ – すれ違う背中を

surechigau

ある街の片隅でひっそりくらす芭子、そしてパン職人を目指す綾香。対照的な二人だったが彼女たちは仲良しで、二人にしかわからない過去を背負っていた。二人は塀の中にいたのだ。

読み始めてから、あれ?これ続き物の途中だなあとおもって(でも一話完結なので読みやすい)、前の読んでないよなあ、とかおもってたら、6年前に読んでました^^;(いつか陽のあたる場所で

解説で堀井さんも書いているように。きっと刑期をおえて出所した人たちは数少なくいて、そのほとんどの人が元のサヤには戻りたくなくて、住んでいた場所を離れたり、まったく違う人生を選んだりして(選ばざるを得ないというのが実情なのかも)、社会にそっと復帰しているんじゃないだろうか。そして。彼らはこの本の主人公の二人のようにいつもびくびくしながら静かに生きて、でも生きていくためにいろいろ苦悩しているんじゃないだろうか。そしてほとんどの世間の人はそれに気づいていないんじゃないだろうか。

物語中にも描かれるように。彼女たちは犯した罪を償ったにもかかわらず、それを終えたあとでさえ、罪を犯す以前と同じような生活には戻れず、まるで柔らかに刑がつづいているように悩みながら暮らしているんじゃないだろうか。仕方ない、とか、そんなものじゃ済むわけがない、という意見もあるかもだけれど。社会では等しくみんな生きていけたらいいのにな、とも思う。難しい問題。ほんと実際どうなんだろうか(再犯に走るタイプの人は除くけど)。自分の身の回り(しかも自分に関わりあるような)にいたらどう感じるんだろうか。人間関係にもよるんだろうか。

そういう内緒の暗い過去を背負う二人がひっそり、びくびくしながら暮らしているようすが淡々と描かれていくけれど、この本では、その二人が少しずつ光明をえて、片やパン職人をめざし、片やペット服作りに自分の生きていく道を見出していく、そんな姿が描かれていて、応援したくなる。うまくいくといいのにな。少しずつ街の人たちと交わったり、慎ましやかな生活のなかでもたまには居酒屋でがははと笑ったり、たくましく生きていってる姿がどこかうれしい。

まだ続きがあるみたいだから、それも探して読もう。

ドラマになったのは知ってるけれど見てはなかった。でも配役が上戸彩はちょっと違う感じするなあ。飯島直子は近い感じがするけど。

新潮文庫 2012

Amazonで詳細を見る
楽天ブックスで詳細を見る

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2016/09/30/%e4%b9%83%e5%8d%97%e3%82%a2%e3%82%b5-%e3%81%99%e3%82%8c%e9%81%95%e3%81%86%e8%83%8c%e4%b8%ad%e3%82%92/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
乃南アサ – すれ違う背中を from Ending Of Beginning II

Home > > 乃南アサ – すれ違う背中を

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。