ホーム > タグ > 芝居

芝居

まつりGORIN終演しました

mgorin3

先週末19から21に上演された、劇団レトルト内閣「まつりGORIN」、5公演とも盛況に無事終演いたしました。観劇いただけたみなさん、本当にありがとうございました!

今回もつくづく役者さんというのは凄いなと思いました。何もないところに何かを生み出すという意味では音楽と同じなのですが、舞台は聴覚的な部分もありますが、視覚的な部分が大きくて、テレビのように何でもかんでもモノやセットがあるという状態ではなく、ほとんどがないモノを見せる、聞かせる、想像させるわけですから、身一つでそれを表現するというのは、正解もないし、相当難しいことなんだろうなーと見ながら思っています。

今回のような群像劇(というの?)の場合は、ひとりだけのタイミングではできなくて、同時に存在する役者さんとの間の息というか、タイミングの取り方一つ、セリフひとつの言い方によってそのシーン全体の雰囲気や意味が全然かわってしまうということも体験しました(返しをやっているときに、そういう部分を追求してるのを眺めていた)。台本に書いてあるセリフは字ですが、それを口にすることで、そのセリフの影にかくれるいろんな意味を表現できたり、その人物の性格を表せたり、、、すごく奥が深いです。

そして毎回感心するのは、決まった風に演技せずに、毎回違ったやり方をしても、その人物像がぶれなかったり、まさにその瞬間のシーンに必要な感じ(マッチしている)というか流れが自然だったり、そういうことをしてもっともっとその人物が自然にそこに存在しているように感じられる演技が生まれることです。上手な(という言い方は適当でないでしょうけど)役者さんはみなさんそうで、演技をしているのだけど、それ以上にその人物がそこに普通にまさに今存在しているように見えます。相当なことだと思います。

よく通る声、もちろん発声がいい、というのでひとくくりになっちゃいそうですが、囁いたり、ぼそぼそ喋ったり、あくまで普通のトーンで喋っていても、今回の近鉄アート館のようなお客さんが270度広がっているような舞台でもどこでも聞こえる、というのは、優秀な演奏家の音が、実際小さく聞こえるのに、どんな場合でもはっきり聞こえるのと似ています。物理的にデシベル数が大きいのとは違うのですよね。演技の体の動き一つとってもそうですが、発声も、なにもかも、役者さんの身体訓練というのはすごいなと思います。

今回も前回に引き続き参加された鈴木洋平さんの演技に感心させられたり笑わされたりしっぱなしでしたし、初めましてだった久野麻子さん(スイス銀行)の素晴らしくナチュラルな存在感に魅了されました。その他の方々も稽古も含め間近に演技が見られてとても面白かったです。舞台の後ろ側からというのは、また違った側面が見えやすいのかもしれないですね。

改めて、今回もこんな楽しい舞台に演奏で参加して、舞台に彩りを添えることができて嬉しく思います。今回書き下ろした曲2曲も久家順平さん(舞夢プロ)を始めみなさんにほんと素敵に歌ってもらえたし、ありがたさ限りなしです。関わってくださったアート館のスタッフのみなさん、お手伝いしてくださったみなさん、舞台を彩った役者のみなさん、バンド(今回は”ジミー原口とザ・ジミーズ”という名前でしたw)のみんな、そして劇団レトルト内閣のみなさん、ほんとうにお疲れ様&ありがとうございました。またご一緒できるときをとても楽しみにしています!

ps
ほんと楽しかったです。毎回そうですが、終わると、あの皆で全力で作り上げた世界がなくなってぽっかり胸に穴が空いてます。はやく次の舞台がみたいです。

matsurigori1 mgorin2

rmgorin1

mgorin4

まつりGORIN PV

keiko20181002

今月19-21に上演される劇団レトルト内閣の舞台「まつりGORIN」のPV映像が公開されました。祭がテーマだけに?!笛吹いてますが、舞台ではちゃんとサックスも吹きます^^;

稽古も終盤に入ってきて、楽団とも密接になってきました。これまた面白い舞台になります。ぜひぜひ観劇にきてくださいね。お待ちしておりますー♪

ーー

仕事は愛が9割?
五輪バブルの片隅、わたしなりの世界への挑み方。
全編生バンドで奏でる、カーニバル音楽劇!

劇団レトルト内閣 第28回本公演
カーニバル音楽劇「まつりGORIN」

2018年10月19日(金)~21日(日) 近鉄アート館
10月19日(金) 19:30
10月20日(土) 15:00/19:00
10月21日(日) 13:00/17:00

チケット> http://ticket.corich.jp/apply/93539/018/
詳細>http://www.retoruto.com/matsuri/index.html

まつりGORIN

matsurigori1 matsurigorin2

今年1月に上演された劇団レトルト内閣「エピメテウスの眼鏡」に引き続き、秋に上演される同劇団の第28回本公演 カーニバル音楽劇「まつりGORIN」に再び楽団として参加させていただくことになりました。楽団はまた気心知れた4人です。稽古への参加などはまだまだ先の予定ですが、目下曲作りに没頭中です。

ようやくビジュアルや公演の情報が公開されましたので、ここでおしらせしますね。タイトルからして、また面白そうですねー。どんなお芝居になるのか、そして僕らがまたどんな風に絡んでいくのか、とっても楽しみです。チケットの発売は8/18ですので、また近づいたらお知らせするつもりです。

ーー

「東京2020」
この言葉に湧きたつのは、アスリートだけではなかった。建築、金融、広告、日本のあらゆるエコノミックアニマルたちが、五輪バブルの恩恵にあずかるべく暗躍していた。そんな東京の片隅、大和ミライは困っていた。志望の会社に入れず、しぶしぶ入社した弱小広告会社の1年目。彼女が出した企画が一次コンペを通過し、一躍、社を挙げた重要案件になってしまったのである。

東京五輪広告プロジェクト
『まつりGORIN ~盆踊りから世界へ~』

しかし、同僚たちはみな個性派。わが道を行くデザイナー、好戦的なディレクター、仕事をしない社長。世界の縮図のようなオフィス、一方では降りかかる倒産の危機。果たしてミライは無事にコンペを通過することができるのか。

仕事は愛が9割?
五輪バブルの片隅、わたしなりの世界への挑み方。
全編生バンドで奏でる、カーニバル音楽劇!

劇団レトルト内閣 第28回本公演
カーニバル音楽劇「まつりGORIN」

【日時】
2018年10月19日(金)~21日(日)
10月19日(金) 19:30
10月20日(土) 15:00/19:00
10月21日(日) 13:00/17:00

【場所】
近鉄アート館

【チケット】
前売り3,500円/当日3,800円
全席指定/税込
2018年8月18日(土)発売開始
チケット予約ページ>>こちら

【脚本/演出/音楽】
三名刺繍

【出演】
福田恵 / たはらもえ / 川内信弥 / 佐藤みか / 伊藤卯咲

久野麻子(スイス銀行) / 久家順平(舞夢プロ) / 鈴木洋平 / 田中之尚(カンセイの法則) / さぶりな(IsLand☆12) / 樹璃 / 宮本リュウジ / 森陽平 / 安東利香 / 片山直樹

【楽団】
sax 武井努 / guitar 菱沼カンタ / bass 井上歩 /drums 原口裕司

「エピメテウスの眼鏡」

20180128-1

先週末に3日間上演された劇団レトルト内閣第27回本公演「エピメテウスの眼鏡」、無事6公演とも盛況に終えられました。おかげさまでどの回も満員で本当に嬉しかったです。いらしてくださったみなさん、ありがとうございました。どんな感想持たれたのか聞いてみたいです。

昨年春先の同劇団の「オフィス座の怪人」以来の楽団としての参加でした。楽団は前回と同じく、原口裕司(Ds)、菱沼カンタ(Gt)、井上歩(B)、僕の4人だったので、稽古前の曲のデモレコーディングやら曲作りぐらいからスムーズでした。そしてこの4人の楽屋は笑いが絶えません、なんかウマがあうというのでしょうかw

ぼくたちの稽古への参加は12月からで、本格的に参加しだしたのは今月からでした。曲はわかっていても(でもこれも演出でどんどん変わっていく)、お芝居との絡みであるとか、台本上に指定されている曲以外の演奏のシーン(不穏な、とかいろいろシーンによってつけてほしい音のリクエストが台本で指示されている)などは本番直前ぐらいになってからの稽古での練習だったので、実際通し稽古をするまでは実際必要な音はどんな感じなのかというのはなかなか決まらなかったです。

本番2日前に今回の舞台となった梅田のHEP HALLに入って準備して、場当たりをさんざんやって役者さんたちの演技に合わせているうちにバンドもどうしたらいいのか、どんな音が必要なのか、雰囲気はどんなものかなどがわかってくるので、シーンごとにバンドの中でも演出上でも意見を出しあって変えていったり、お互いの息もわかってきたりして、お芝居の形がむくむくと出来上がっていくのは非常に楽しい作業でした。長時間の稽古はなかなか神経も体力もすり減りますが、いい芝居にするためにはなんのそのです。

そして迎えた初日。今回ぼくは個人的には一番緊張はしなかったように思います。というのもあまり僕がきっかけ作りをするようなところが少なかったというのもありますが、楽団の結束力が素晴らしかったからじゃないかと思います。そして何より役者さんが素晴らしかったです。初回からものすごいクオリティで芝居を作り上げていっていました。本番になって芝居に音楽がうまくマッチするというか寄り添うようにできるようになった感じがしました。会を重ねるごとに、ああ、このシーンはこういう音がいいなと気づいたり、この役者さんの心情はこういう音にしよう、とか、勝手に心のなかでテーマを決めたり。結局千秋楽ではかなり理想に近い感じになったんじゃないかと思います。もし複数公演ご覧になった方がいらっしゃったら、印象が変わったかどうかも聞いてみたいところです。

しかし本当に役者さんてものすごいなあと思います。何もないところに身一つで話を浮かび上がらせtられるのですし。同じセリフでも言い方一つ、身のこなしひとつでその役柄のキャラクターを表したりできるし、毎日違う演技になったりするし、表情、目の輝き、仕草ひとつとっても、毎回同じことをパーフェクトにやるのではなくて、その日その時のその人を演じられるというのはほんとすごいことだなと思います。全部その役柄に見えますし。本番中はじっとお芝居をみることはできないのでこっそり盗み見たりしてたのですが、それだけでもものすごいなあと思っていました。この公演の映像ができるなら、早く見てみたいものです。

というわけで、なんでも始まってしまえば終わるわけで、いまはロスとまでは言わないけれど、少し腑抜けのような状態になって、舞台の断片をかみしめたりしています。緊張感も、長時間の稽古も、演出に悩むことも、うまくいかない時間もいろいろあったけれど、最後に思うのは、楽しかった、また舞台に参加したい、です。

最後にたくさんの観劇いただいたみなさん、今回ご一緒できた素晴らしい役者のみなさん、頼りになるスタッフや劇場のみなさん、すべてのもとになっている劇団レトルト内閣と脚本・演出の三名さん、本当にありがとうございました&お疲れ様でした!またお会いできたら、と思います。

劇団レトルト内閣 第27回本公演 / Ho-Me-I-Ku音楽劇
「エピメテウスの眼鏡」
於  梅田 HEP HALL

【脚本/演出/音楽】 三名刺繍
【出演】 福田恵 / 川内信弥 / たはらもえ
向田倫子(ババロワーズ)  / 若木志帆 / 川添公二(テノヒラサイズ)
亀山貴也 / 鈴木洋平 / 佐藤都輝子(劇団とっても便利)
奥田さぶりな美樹てぃー(IsLand☆12) / 古橋定子 / 佐藤みか(crashrush) / 宮本リュウジ
飯嶋松之助(KING&HEAVY) / 森口稜 / 今西由夏 / 酒井未波 / 伊藤卯咲
【楽団】 武井努(sax)、菱沼カンタ(gt)、井上歩(b)、原口裕司(ds)

20180128-3

エピメテウスの眼鏡PV

まだまだお正月ですが、、、いよいよ今月末に上演が行われる劇団レトルト内閣の第27回本公演「エピメテウスの眼鏡」のPVが公開されました。今回も渾身の舞台となりますし、そこでまた楽団で参加できるのはとても楽しみなことです。主に稽古の様子ですが、その熱さは伝わるかなと。

チケットも発売中です。下記のチケット予約ページより、ぜひ!

—–

「メガネを探す、簡単なお仕事です」という張り紙につられてやってきた男女が巻き込まれるある騒動。エピメテウスの眼鏡とは世の権力者たちが血眼になって探しているという宝。そしてそれを見つけられるのはもっとも愚かな人間なのだという。。。。

 

劇団レトルト内閣 第27回本公演 / Ho-Me-I-Ku音楽劇
「エピメテウスの眼鏡」

【日時】
2018年1月26日(金)~28日(日) 全6回公演
1月26日(金) 15:00★/19:30
1月27日(土) 15:00 /19:00★
1月28日(日) 13:00 /17:00★
★の回はアフターイベント「ほめ育講座」開催

【会場】
HEP HALL

【チケット】
前売り3,500円 当日3,800円
全席指定/税込
2017年11月11日(土)一般発売開始
チケットはこちらから >> チケット予約ページ

【脚本/演出/音楽】
三名刺繍

【出演】
福田恵 / 川内信弥 / たはらもえ

向田倫子(ババロワーズ) / 若木志帆 / 川添公二(テノヒラサイズ) / 亀山貴也 / 鈴木洋平 / 佐藤都輝子(劇団とっても便利) / 奥田さぶりな美樹てぃー(IsLand☆12) / 古橋定子 / 佐藤みか(crashrush) / 宮本リュウジ / 飯嶋松之助(KING&HEAVY) / 森口稜 / 今西由夏 / 酒井未波 / 伊藤卯咲

【楽団】
武井努(Sax)、菱沼カンタ(Gt)、井上歩(Bass)、原口裕司(Ds)

20180126 20180126-2

エピメテウスの眼鏡

20180126 20180126-2

来年1月にまた劇団レトルト内閣の本公演に参加させてもらうことになりました。今回は「エピメテウスの眼鏡」というお話。今回も楽団でお芝居にいろいろ色をつけられたらと思ってます。前作「オフィス座の怪人」に引き続き同じメンバーで。また曲も書き下ろしますよ。まだ稽古が始まってないので、どんな風になっていくのかはわからないですが、またきっと面白いお芝居であると確信しています。今日11/11からチケットも発売になりました。またたくさんの方に見ていただけたらと思います。乞うご期待!

ーー

「メガネを探す、簡単なお仕事です」という張り紙につられてやってきた男女が巻き込まれるある騒動。エピメテウスの眼鏡とは世の権力者たちが血眼になって探しているという宝。そしてそれを見つけられるのはもっとも愚かな人間なのだという。。。。

 

劇団レトルト内閣 第27回本公演 / Ho-Me-I-Ku音楽劇
「エピメテウスの眼鏡」

【日時】
2018年1月26日(金)~28日(日) 全6回公演
1月26日(金) 15:00★/19:30
1月27日(土) 15:00 /19:00★
1月28日(日) 13:00 /17:00★
★の回はアフターイベント「ほめ育講座」開催

【会場】
HEP HALL

【チケット】
前売り3,500円 当日3,800円
全席指定/税込
2017年11月11日(土)一般発売開始
チケットはこちらから >> チケット予約ページ

【脚本/演出/音楽】
三名刺繍

【出演】
福田恵 / 川内信弥 / たはらもえ

向田倫子(ババロワーズ) / 若木志帆 / 川添公二(テノヒラサイズ) / 亀山貴也 / 鈴木洋平 / 佐藤都輝子(劇団とっても便利) / 奥田さぶりな美樹てぃー(IsLand☆12) / 古橋定子 / 佐藤みか(crashrush) / 宮本リュウジ / 飯嶋松之助(KING&HEAVY) / 森口稜 / 今西由夏 / 酒井未波 / 伊藤卯咲

【楽団】
武井努(Sax)、菱沼カンタ(Gt)、井上歩(Bass)、原口裕司(Ds)

「オフィス座の怪人」ありがとうございました

20170317-2少し時間が経ってしまいましたが、先週末3/10-11と上演された劇団レトルト内閣 本公演「オフィス座の怪人」にいらしてくださったみなさま、ありがとうざいました。各方面からお芝居はもちろんですが、楽団にもたくさんのお褒めの言葉いただいたようでとても嬉しく思っています。

劇団レトルト内閣のお芝居に参加させてもらうのは一昨年ぶり、2度目ですが、今回のお芝居もとても面白かったですし、前回よりもっとお芝居に参加していること自体を楽しめたようにおもいます。今回は準備がなかなか時間とれなくて、お芝居と楽団の合わせも数多くできなかったので、当日を迎えるまでどうなるかと思っていましtが、そこは演出と役者さんたちの力によって素晴らしい仕上がりになっていき、3公演目はほんと何もかもうまくいったんじゃないか、と思えるほどでした。

普段の演奏とは違い、お芝居にあわせて演奏するというのは難しいですが、楽しいものです。前回もですが今回もお芝居の最初から最後まで出ずっぱりで、音きっかけのものも多く、緊張をしつづけるので消耗します。でもお芝居に熱がはいってくると、音が自然になってくるというか、きっかけの音や効果音、楽曲もお芝居や役者さんに引き出されるような感じになっていきます。稽古のときもそうですが、本番を迎えてさえ役者さんたちの熱意と集中力、あくなき探究心・研究心に圧倒されっぱなしでした。自分の普段の音楽生活を省みて、いろいろ考えさせられます。

あっという間の3公演でしたが、その時間はまったく違うものが近鉄アート館のあの空間に出現し、一つのおおきな世界を作り出し、そして跡形もなく消え去っていく、音楽も同じようなものですが、お芝居はもっと複雑でいろいろな要素が絡み合って一つのものに結実させていく、これはほんとすごいことだと思いました。そんな時間に立ち会えてとても幸せです。それらの膨大な作業のひとつひとつがその世界を形作る大事なものになっていて、そこに費やされたエネルギーがちゃんと観劇している人々にも伝わっていく。表現すること、そのために必要なこと、普段何気なく行っていること考えていることを見つめ直すこと、お芝居の中には気づいてないけど、音楽をするにあたっても大事なことがたくさん示唆されているようにおもいます。

ああ、僕もすっかり劇団レトルト内閣の一ファンです。改めて、スタッフのみなさん、劇場のみなさん、制作のみなさん、バンドのぼくたち、役者のみなさん、お疲れさまでした!そしていらしてくださったみなさんに感謝します。またお会いしたいです。

夢のような2日間でした。
ありがとうございました!

20170317-1

いよいよ明日から「オフィス座の怪人」

officeza1

いよいよ明日3/10開演になりました、劇団レトルト内閣 第26回本公演「オフィス座の怪人」。

今回も劇バンとして参加させてもらいます。稽古も十分で劇団も役者さんもバンドも気合十分です。サラリーマンの出世をテーマにしたこの音楽劇、面白さは折り紙付き。ぜひ!タイトルの似た例の有名なミュージカルをご存知だと、お、と思えるところもありです。

チケットは完売近づいているようですので、興味あるひとはお早めに!
今回は 3/10 夜、3/11 昼夜 公演の3公演のみです。

ーー

劇団レトルト内閣 第26回本公演
VIVA!ミュージックアート館2017参加作品
「オフィス座の怪人」
【場所】大阪 天王寺 近鉄アート館
【日時】3/10 19:30、3/11 15:00 / 19:00
【脚本/演出/音楽】 三名刺繍
【出演】 川内信弥 / 福田恵 / たはらもえ / 坂口修一 / 若木志帆 / 久家順平(舞夢プロ) / 杉本レイコ(カラ/フル) / 後藤啓太(ベイビープレイ) / 小佐田貢 / 福良千尋 / 小川弦之介 / 野村亮太(やまだのむら) / 森陽平 / 高橋宏太(A-Light) / 坂口勝紀(劇団暇だけどステキ) / 森口稜 / 今西由夏 / 寺井竜哉
【楽団】 武井努(Sax) / 菱沼カンタ(Gt) / 井上歩(B) / 原口裕司(Ds)
【チケット】 前\3,500 / 当\3,800 (全席指定/税込)
予約はこちらから

スーツの鎧に身を固め、サラリーマンは今日もゆく。
会社という名の戦車に乗って。

隣は鬱病、数字は神、
横文字の光線すり抜けて、
とにかくパワポを打ちまくれ!

囁かれる都市伝説。
そのオフィスの地下書庫には怪人がいるという。
その歌声は、出世に響くという。

書庫からのびるレッドカーペットは、
屍の山を越え、役員室へと続いてる。

これは、愛とロマンと冒険を歌い上げる壮大な音楽劇である。
サラリーマンの…。

officeza2

VIVA!ミュージックアート館2017 記者会見

retoruto-kaiken

先日出席した3月にあべの近鉄アート館で開催される「VIVA!ミュージックアート館2017」の記者会見の模様の記事です。どのお芝居も面白そうです。

http://music-book.jp/video/news/news/134279

僕は第四弾・劇団レトルト内閣の『オフィス座の怪人』に音楽担当で出演です。今回は演奏もですが、曲も一曲提供しました。どう使われるのかも楽しみです。開催は3/10,11です。ぜひ!

詳細は http://bit.ly/2jQ1EWs
チケット予約 http://bit.ly/2jh9xDV

レトルト内閣「オフィス座の怪人」

officeza1 officeza2

来る3月に再び劇団レトルト内閣の公演「オフィス座の怪人」に参加させてもらえることになりました。前々回の第24回公演でも舞台の生演奏を担当させてもらいましたが、今回の第26回公演でも演奏で参加します。今回は曲も書いたりしています。まだ稽古は始まっていないですが、今回もまた面白くもエレガンスなお芝居が楽しみです。

公演は3/10,11と3公演のみ。明日1/14からチケット発売です。きっと満足いただけるこのお芝居、ぜひ見に来てくださいね。

——

スーツの鎧に身を固め、サラリーマンは今日もゆく。
会社という名の戦車に乗って。

隣は鬱病、数字は神、
横文字の光線すり抜けて、
とにかくパワポを打ちまくれ!

囁かれる都市伝説。
そのオフィスの地下書庫には怪人がいるという。
その歌声は、出世に響くという。

書庫からのびるレッドカーペットは、
屍の山を越え、役員室へと続いてる。

これは、愛とロマンと冒険を歌い上げる壮大な音楽劇である。
サラリーマンの…。

—–

劇団レトルト内閣 第26回本公演
VIVA!ミュージックアート館2017参加作品
オフィス座の怪人
【場所】大阪 天王寺 近鉄アート館
【日時】3/10 19:30、3/11 15:00 / 19:00
【脚本/演出/音楽】 三名刺繍
【出演】 川内信弥 / 福田恵 / たはらもえ / 坂口修一 / 若木志帆 / 久家順平(舞夢プロ) / 杉本レイコ(カラ/フル) / 後藤啓太(ベイビープレイ) / 小佐田貢 / 福良千尋 / 小川弦之介 / 野村亮太(やまだのむら) / 森陽平 / 高橋宏太(A-Light) / 坂口勝紀(劇団暇だけどステキ) / 森口稜 / 今西由夏 / 寺井竜哉
【楽団】 武井努(Sax) / 菱沼カンタ(Gt) / 井上歩(B) / 原口裕司(Ds)
【チケット】 前\3,500 / 当\3,800 (全席指定/税込)
予約はこちらから

Home > Tags > 芝居

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。