ホーム > タグ > 芝居

芝居

VIVA!ミュージックアート館2017 記者会見

retoruto-kaiken

先日出席した3月にあべの近鉄アート館で開催される「VIVA!ミュージックアート館2017」の記者会見の模様の記事です。どのお芝居も面白そうです。

http://music-book.jp/video/news/news/134279

僕は第四弾・劇団レトルト内閣の『オフィス座の怪人』に音楽担当で出演です。今回は演奏もですが、曲も一曲提供しました。どう使われるのかも楽しみです。開催は3/10,11です。ぜひ!

詳細は http://bit.ly/2jQ1EWs
チケット予約 http://bit.ly/2jh9xDV

レトルト内閣「オフィス座の怪人」

officeza1 officeza2

来る3月に再び劇団レトルト内閣の公演「オフィス座の怪人」に参加させてもらえることになりました。前々回の第24回公演でも舞台の生演奏を担当させてもらいましたが、今回の第26回公演でも演奏で参加します。今回は曲も書いたりしています。まだ稽古は始まっていないですが、今回もまた面白くもエレガンスなお芝居が楽しみです。

公演は3/10,11と3公演のみ。明日1/14からチケット発売です。きっと満足いただけるこのお芝居、ぜひ見に来てくださいね。

——

スーツの鎧に身を固め、サラリーマンは今日もゆく。
会社という名の戦車に乗って。

隣は鬱病、数字は神、
横文字の光線すり抜けて、
とにかくパワポを打ちまくれ!

囁かれる都市伝説。
そのオフィスの地下書庫には怪人がいるという。
その歌声は、出世に響くという。

書庫からのびるレッドカーペットは、
屍の山を越え、役員室へと続いてる。

これは、愛とロマンと冒険を歌い上げる壮大な音楽劇である。
サラリーマンの…。

—–

劇団レトルト内閣 第26回本公演
VIVA!ミュージックアート館2017参加作品
オフィス座の怪人
【場所】大阪 天王寺 近鉄アート館
【日時】3/10 19:30、3/11 15:00 / 19:00
【脚本/演出/音楽】 三名刺繍
【出演】 川内信弥 / 福田恵 / たはらもえ / 坂口修一 / 若木志帆 / 久家順平(舞夢プロ) / 杉本レイコ(カラ/フル) / 後藤啓太(ベイビープレイ) / 小佐田貢 / 福良千尋 / 小川弦之介 / 野村亮太(やまだのむら) / 森陽平 / 高橋宏太(A-Light) / 坂口勝紀(劇団暇だけどステキ) / 森口稜 / 今西由夏 / 寺井竜哉
【楽団】 武井努(Sax) / 菱沼カンタ(Gt) / 井上歩(B) / 原口裕司(Ds)
【チケット】 前\3,500 / 当\3,800 (全席指定/税込)
予約はこちらから

お芝居稽古

shibai-keiko-20151129

今日は久しぶりにお芝居の稽古でした。一度行けなかったの間に随分稽古が進んでいるようです。なので、今日は楽団(と、彼らは呼んでくれる)とのタイミングが大事な即興の部分をかい摘んでやったり、曲の変更点を確認したのち、通し稽古となりました。ぼくはまだちゃんと台本を読めてないので^^;実はどんな話の流れかわかってなかったので、ちょうどいいタイミングになりました。

台本や楽譜を見ながら、台本に指定されてあったり、役者さんから出るキッカケで演奏したり、止まったり、効果音を入れたり。今回のお芝居では楽団はずっと出ずっぱりで、音を出すシーンも結構あるので、ひとつも気が抜けません。楽団の音で物事が進む場合もあるし。まだ未完成とはいえ、通して稽古をすると2時間ほど。初めて全体像を知ることにもなったということもあってか、あっという間でした。話の細かなところはまだわかってないのですが、現在と過去がクロスオーバーしていくあたりが見せ所なのか、と。なるほどなるほどという感じです。こちらは役者さんたちを後ろから見ているので、前から見ると、きっともっとわかりよくて面白いんだろうなーと思いました。そしてこれからもっと凝縮して、より面白くなっていくんだろうなーと思いました。

まだ稽古は続きますが、残された時間は少ないので、そこでギリギリまで追い込んで、楽団もいい仕事できるようにしたいなあと思っています。きっと面白いものを見てもらえると思いますよ!

詳細はこちらを。どんなお芝居か興味ある方もそうでない方も一度覗いてみてくださいね。チケットの発売も始まっています。チケット購入はこちらから。

——
12/11(Fri)〜13(Sun) 劇団レトルト内閣
■ 劇団レトルト内閣 第24回本公演
「まことに神の造りしをんな ― 智恵子抄」
大阪 福島 ABCホール 06-6451-6573

劇団レトルト内閣、原点回帰の音楽劇。
エレガンスロックに乗せて描く、日本史上最も有名なラブストーリー・智恵子抄。
——-

お芝居に参加します!

 

retoruto

ひさびさにお芝居の手伝いをします。といっても、また舞台役者をやるわけではないのですが(でも、きっとステージ上には出てくるんじゃないかと思ってます。まだ合わせの稽古始まってないですけど)、お芝居の音楽を担当します。劇団レトルト内閣という劇団の「まことに神の造りしをんな」というお芝居で、高村光太郎の「智恵子抄」を元に作られる音楽劇です。

まだ詳しくはなにも知らない(先日あった顔合わせも行けなかった、、、)のですが、サイトから引用すると劇団レトルト内閣は”2001年の旗揚げ以来、「エレガンスロック演劇」を掲げ、新感覚の舞台を創作してきた劇団レトルト内閣”だそうで、今回も楽団による生演奏をバックに俳優が物語を紡ぐ、というコンセプトで演じられます。すでに脚本や稽古も進んでいて、楽団側も曲作りをしているところです。

俳優陣も豪華だし、いままでの劇団のお芝居の様子を見てもすごく面白そうなので、この話が出たときに一も二もなく「やりたい!」と手を挙げました。舞台というものは普段やってる音楽とは全然違っていて、かつ、とても魅力的な世界なのです。まあ役者をもう一度できるかというと疑問ですけれど、ひさびさに舞台の世界に参加できると思うとワクワクします。

楽団はピアノに西島芳、ベース井上歩、ドラムス原口裕司、サックス武井です。普通な曲から即興までいろいろお芝居にいい刺激を与えられたらと思っています。

お芝居の特設サイトが開設されています。どんなお芝居か興味ある方もそうでない方も一度覗いてみてくださいね。また明日17日からチケットの発売も開始されますよ!チケット購入はこちらから。

また様子がわかってきたらいろいろ報告していきたいと思います。なんせ楽しみです。

—-

12/11(Fri)〜13(Sun) 劇団レトルト内閣
■ 劇団レトルト内閣 第24回本公演
「まことに神の造りしをんな ― 智恵子抄」
大阪 福島 ABCホール 06-6451-6573

劇団レトルト内閣、原点回帰の音楽劇。
エレガンスロックに乗せて描く、日本史上最も有名なラブストーリー・智恵子抄。

【脚本/演出/音楽】
三名刺繍

【出演】
よしもとともしよ / 福田恵 / 川内信弥 / Q本かよ / たはらもえ

山浦徹(化石オートバイ) / 森田祐利栄(エイチエムピー・シアターカンパニー) / 平本茜子(よしもとクリエイティブ・エージェンシー) / Maa(teamおしとやか。/pat’Z) / 鎌谷潤吉(僕らの陰謀) / 山田麻結 / 小佐田貢 / 福良千尋 / 田中尚樹(劇団そとばこまち) / 北代祐太(よしもとクリエイティブ・エージェンシー) / 野村亮太 / 古川寛 / 藤原奈津子 / 田辺学(カンセイの法則) / 佐々木ヤス子 / もえこぴーなっつ

【楽団】
sax 武井努 / piano 西島芳 / bass 井上歩 / drums 原口裕司

キミとボク

千秋楽の舞台挨拶

千秋楽の舞台挨拶(吉本Webより)

もう先週になってしまいましたが、吉本百年物語5月公演が千秋楽を迎えました。連日本当にたくさんのお客さんに入っていただいて、すごくうれしかったです。ぼくを含めバンドの皆さんも最初は様子もわからず大変緊張していましたが、途中から同じ舞台に立つ役者さんたちや芸人さんたち、ダンサーのみなさん、そしてスタッフのみなさんとも仲良くなって、とても楽しみながら舞台に立つことができました。

バンドのみなさん

バンドのみなさん

初日から数日間はほんと大変でした。とくにバンドはいわゆるライブのように普通に演奏するだけの場所というのはまずなく、芝居と緊密に絡んでの演奏ばかりだったので、部分部分は覚えていても、毎日少しずつ変わる芝居に合わせるのは難しかったです。もっと稽古の時間があって芝居自体を憶えてしまえば(普通は役者さんのセリフ全部憶えるぐらいやったほうがいいですよね)大丈夫なんですが、時間の限られたなかでの稽古やリハーサルでいきなり本番を迎えたもんだから、段取りだけで憶えていると、いつタイミングがやってくるのか分からないので毎日くたくたになってました。演奏自体はそう難しくないのにねぇ。

でも同じバンドマンという役で出演されていた西村和彦さんがえらく仲良くしてくれたり、憧れの六角さんや板尾さんにはたくさん呑ませてもらったし、中川家、やすとも、ギャロップ、南さん、立川さん、菰池さん(毎日芝居素敵だった)、ダンサーの皆さん、そして内場さんらとも毎日顔をあわせているうちに、挨拶してちょっと話したり、少しずつ仲良くなったりしていくと、やはりそれが舞台に活きてくるのがわかり、どんどん楽しくなっていきました。本当に没頭できると、ぼくらバンドでさえ普通に芝居に溶け込んでいっていると実感できました。

出待ち中

出待ち中。TVでもおなじみのあの場所です。

ぼくのような演奏者は毎日違うことばっかりやってるので、こうやってひとつのところでずっと同じ事をやるというのは稀な機会です。しかも箱バンやオケピのバンドとは違い、ステージの上で芝居の一部として出演するというのはなかなかないチャンスで、難しい反面すごくたくさんの経験ができました。普段も人前に立っているけれど、また違う角度から”見られ方”みたいなものを教えてもらったような気がします。改めて芝居好きだなーと思いましたし。

—–

ぼくはこのところステージに上るときになるべくそのまんま普段と変わらない感じで立ちたいと思い、それをなんとなく心がけてきたのですが、こういう舞台では逆に、ちゃんと自然に立ち振る舞っているように見せる、というのがいかに難しく大切なことなんだなと感じました。あまり自分のキャラクターを自分で演じるようなことにはなりたくないのですが、幾分そういうところもやはり必要なんだなと思います。でもそれさえも創るのではなく自然にそこへ持っていけるようになれたらなーと思います。

—–

最初リハーサルや稽古が始まったときは「ほんまにこの舞台うまいこといって、無事終わるんやろか?」とまで思うほど厳しく長い道のりに見えましたが、始まってみると、すぐに中日がきて、あっという間に千秋楽でした。20回の公演というのが多いのか少ないのかは分かりませんが、「始まれば終わる」というのをそのまま実感したような一月でした。この吉本百年物語、来年3月まで続きますが、チャンスあったらもう一度出たいなぁ。なんてったって関西人の憧れの舞台、NGKですからね。

ほんとみなさん、ありがとうございました。

おまけ

NGK玄関脇にある出演者案内

NGK玄関脇にある出演者案内

4場前の幕裏にて

4場前の幕裏にて

 

Home > Tags > 芝居

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。