ホーム > タグ > MITCH

MITCH

三河尾張

今年も毎年恒例になりつつある11月頭の三河ー東海の旅が無事終わりました。今年はライブを5つ、この数年定着しつつある豊橋そして岡崎ジャズストリートでのMITCH ALL STARS、吉良intelsatで古市響平(G)、戸田裕久(B)、村田十三(Ds)とのインプロ、そして名古屋Swingで徳田智史(B)、清水行人(Gt)、鈴木宏紀(Ds)とのスタンダードメインのライブ(珍しい)。どのライブも音楽的に濃く、演奏は楽しく、いい日々となりました。

20191101-1豊橋〜岡崎のときはちょうどラグビーワールドカップ2019の3位決定戦、決勝と重なったこともあって、すっかり俄かファンになった僕は試合が見たくてたまらなかったのですが、豊橋ではリハ後にまず数年タイミングあわずに訪れられてなかったラジャにいって腹ごしらえし(レオくんには会えず)、ついにママに正体を明かし(というほど大したことではないけど)、そのあとに近所のブリティッシュバーに行って清水興さんと3位決定戦の後半を鑑賞。ウェールズが維持を見せるかと思ったけどやっぱりニュージーランドのスピードと閃きがすごかったです。ライブもほんとMITCHもバンドも豊橋のみなさんに愛されていて、終始熱く、そして和やかに、いい感じのスタートとなりました。

20191102明けて11/2,3は岡崎ジャズストリート。好天に恵まれて、1日目は明治安田生命、2日目は岡崎ニューグランドホテルロビー。岡崎ジャズストリートはたぶんもう10年連続くらいで参加させてもらってて、MITCH ALL STARSも大人気で両日とも本当にたくさんの方に聴いていただけて本当に嬉しかったです。毎年行ってるのに、毎年新鮮で嬉しくなってしまうのは、岡崎の人たちの優しさなんでしょうかねえ。合間の時間には森山威男(ds)さん率いる佐藤芳明(acc)、渡辺ファイアー(as)、 今岡友美(vo)のバンドや、鈴木良雄(b)さん率いる峰厚介(sax)、中村恵介(tp)、ハクエイキム(p)、大村亘(ds)のバンド、対バンだった右近茂(Sax)さん、谷口英治(cl)さんらの演奏を聴きました。どの演奏も素晴らしくとても刺激になりました。とくに森山さんがすごく飛ばしててお元気そうだったのが嬉しかったです。楽屋へも暖かく迎えてくれて嬉しかった!

岡崎JSの1日目の演奏が終わったあと、宿で決勝戦の後半を鑑賞。前半はイングランドがだいぶ押したみたいだったけれど、体力的なものか後半は南アフリカの押せ押せでした。二つとったトライは両方とも見事で、テレビ前で大コーフンでした。そしてそのあとメンバーで集合して打ち上げ、そのあともバーに流れて録画のラグビーみたり。途中で小柳純子さにゃ浜崎航くんや中村惠介くんも合流して深夜までわいわいしました。こういうフェスじゃないとなかなかこうやって交流できる機会ないので、これもまた岡崎JSの醍醐味のひとつです。

岡崎JS2日目が本当に盛況に終わってからは割とすぐにでてintelsatへ。古市くん戸田くん村田くんとは初めましてで、彼らは知り合いなものの3人になるのは初めて。何もかも初めてづくしの中でのインプロは、かなり熱く、濃密な時間になりました。どれ一つ同じになることなく、音のストーリーが紡がれていく感じはその場でしか生み出せない音であって、刺激的で楽しいです。だいぶ若手に翻弄されちゃいましたが、前日に聞いた森山さんのタイコのエネルギーが僕の中の何かを呼び覚ましたような気がした夜でした。終わってからもみなさん交えてわいわい。この夜は明田川さんの音源ばかり聞いて皆で感心したり笑ったりーでした。

20191104そして最終日は名古屋へ。徳田くんから珍しく「スタンダード中心にやりましょう」ということだったので、どうなるんだろうと思ってお店に行ったのですが、少し珍しい曲(スタンダードとまでは言わないけど、面白い曲、ほとんど知らなかった)なんかをリハーサルだけして、あとは本番で。清水くんも鈴木くんもほんといいミュージシャンなので、演奏がまったく停滞しないし、同じような展開しているのに同じに感じなくて、ずーっと楽しんでいられる感じでした。スタンダードもこんな感じに演奏できるといつでもオッケーという感じがします。鈴木くんのレガートがすごいプッシュ強くてよかったなあ。彼らとやるといつも思いますが、タフな感じがほんといいなあと。

4日間通して、最近悩んでいるというか自分が課題にしていることをいろいろ試したりしてみましたが、概ね方向は間違ってないかなと実感できた日々でした。それは内容でもあり、演奏方法でもあるのですが、いままで培ってきたものを変化(僕の中では割と大きい)させるのは難しいことなのですが、よりいい演奏を、音を、と思うにつけ、今までのものを大事にするのはもちろんなのですが、先へ進むというかよりいいと感じる方向へ持っていく努力をするのは当たり前ですけど、大事だなと実感できました。サボらずん続けていきたいと思います。それがいい結果に結びつけられるように。

改めて三河〜尾張といろんな場所で聞いてくださったみなさん、本当にありがとうございました。お店のみなさんや、スタッフ、ボランティアのみなさん、会場のみなさん、そして一緒に音楽できたメンバー、同じイベントに出演したミュージシャンのみなさん、お疲れ様でした、感謝しています。またお会いできますように!ありがとう。

山藤ぶどう園

野外での演奏は気持ちいいー(photo by K.Okamoto)

野外での演奏は気持ちいいー(photo by K.Okamoto)

先週末のMITCH ALL STARSの北陸ツアー、とても盛り上がり楽しかったです。金沢、氷見、富山とお会いできた皆さん、本当にありがとうございました!

もっきりやはマスターを筆頭にみなさん本当に音楽が好きで、というのがすごく伝わってきますし、音もすごくいい。氷見は去年にひきつづきさる企業のイベントでしたが、今年もいろんな国の人も交えて盛り上がりましたし、いろいろ美味しいものいただいてハッピーでした。

そして最終日は富山の山藤ぶどう園ホーライサンワイナリーだったのですが、天気に恵まれたのもありましたが、ここがすばらしいロケーションと、美味しい食べ物、そして何より素晴らしく美味しいワインで、この日フリーマーケットのイベントに混じって野外で生音で演奏していたのですが、もう自分たちが演奏してるというより、大自然の中でもてなしてもらってリラックスさせてもらっている、という感じでした。大きな空、緑の大地、美味しい空気、楽しい仲間、他に何がいる?という感じ。

ワインも(もちろんぶどうも!)とても美味しくて、そしてネーミングの妙があったりして(くせもの、とか、あさっぱら、とか、みぞおち、とか)楽しいですし(ぼくはくせものが好みでした)、またラベルが素敵なんですよねえ。レコードやCDもそうですけど、まず目にする部分、レコードだったらジャケットだし、ワインだったらラベルですけど、それが中身のイマジネーション沸くものであると同時に必要な情報を書かなければならないわけで、デザインとしてはとっても難しいと思うのですが、見事にシンプルでポップで手に取りたくなるデザインでほんと素敵でした。デザイナーさんともいろいろ話できて、音楽との共通点あったり、全然違うところもあったりして楽しかったです。

一日中外で、食べたり、飲んだり、たまに演奏したり、日が沈んでいくのを見たり、贅沢な一日を過ごさせてもらって、ツアーとしてもいい仕上がりだったし、心と体を洗濯してもらいました。これも何もかも、この山藤ぶどう園の山藤さんの大きな家族とそこに集まる人たちの情熱からきてるんだろうなあと思いました。本当に素敵なことだとおもいます。

いやー、またはやく帰りたいです、山藤ぶどう園へ。収穫の時とか楽しいんだろうなー^^ ほんと、いろいろありがとうございました!また必ず訪れますね!>山藤ぶどう園のみなさま。

th_IMG_4541
th_IMG_7918 th_IMG_4583
th_IMG_4543

豊橋〜岡崎JS

09

先週末、昨年にひきつづき三河は豊橋のHouse Of Crazyとすっかり恒例となった岡崎ジャズストリートにMITCH ALL STARSで出演してきました。MCでも言っていたように毎年この時だけの特別編成で関東のメンバーと関西のメンバーがちょうど中間で合流してのバンドで、特別感もありますが、何より演奏が毎回楽しいのです。

3連休初日は豊橋へ。ここで毎年開催されている「とよはしまちなかスロータウン映画祭」に出演させてもらったのがきっかけでできた繋がりからこうして去年に続いて演奏を届けにくることができました。ことの起こりから関わっているので嬉しさはひとしおで。帰ってきたなーという感じがします。そして迎えてくれるHouse Of Crazyに集うみなさんの熱いこと!こっちが鼓舞されまくりで、演奏は熱く熱く長丁場になりましたが、みなさん大丈夫でしたか?^^; 

そして土日は8回目の出演となった岡崎ジャズストリートへ。今回もリブラホールと能楽堂という大きくとても素晴らしいステージを用意していただき、昨年に引き続き大勢の方々に応援してもらえて嬉しかったです。毎年見にきてくださる方や誘われてきた方からのたくさんの笑顔と手拍子がぼくたちの演奏を後押ししてくれました。今年は好天にも恵まれて能楽堂でのステージは本当に気持ちよかったです。今年からすこしスケジュールが変わって、2日目は朝11時からのステージだったのでいろいろ心配したのですが、あたたかな日差しと爽やかな空気の中あのステージで演奏できたのは至福でした。

間の時間はほかの出演者の演奏を聞きに行ったり、市民祭をのぞいたり、すっかりバンド内で恒例の味噌掬いをしたりと今年もまたジャズストリートを満喫できました。

毎回来るたびに、この岡崎ジャズストリートは本当にいいイベントで、いらしてくださるみなさんや、街のみなさんの大きな支えがあって、健やかに運営されてるなあと思います。普段なかなか顔を合わせられないあちこちのミュージシャンに会えるのも楽しみですが、やはり毎年顔をみせてくれるお客さんに会えるのが何よりの楽しみですし、お祭りで活気ある街をふらりと歩くのもいいものです。岡崎ジャズストリートが安定してずっと続いてくれることを期待しますし、応援していけたらと思っています。

この三河のツアーでお会いできたみなさん、ほんとありがとうございました!ボランティアやスタッフやお店のみなさん、お疲れ様でした!またお会いしましょう。

(写真は安藤くんより拝借)

MITCH ALL STARS@名古屋

20171012

昨夜のMITCH ALL STARS@名古屋キャバレロクラブにいらしてくださった皆さん、ありがとうございました!このバンド初出演でしたがすこぶる楽しかったです。やっぱりこのメンバーはいいですねえ。とことん楽しめるかんじで、音がハッピー。これも聴いてくださったみなさん、お店、そしてボッチャンのお陰です、感謝。

またこのメンツでここに出たいなーと思います。応援よろしくお願いしますね!

(写真は安藤くんから拝借)

岡崎ジャズストリート

能楽堂にて(photo by Mr. ANDO)

能楽堂にて(photo by Mr. ANDO)

もうすっかり毎年の恒例行事になっているのですが、先週末11/7-8と、今年も愛知は岡崎で開催されている岡崎ジャズストリートへ参加してきました。いつもたくさんの人で賑わって、いい音楽がたくさん生まれ、そこでしか会えない方々に会えたり(もちろんミュージシャンも)するのでとても楽しみにしています。それに2日間開催されるので1日目の夜に普段なかなか会えないミュージシャンが集まって飲んだりもできるのも、これまた楽しみの一つです。

今年もまたMITCH All Starsで、この時にしか集まらないメンバー(MITCHのバンドはあちこちでやってますけど、岡崎だけのメンバーなのです)で、1日目は岡崎ニューグランドホテル(ここはほんとホームグラウンドのようになってますね)、そして2日目は久々に岡崎城の能楽堂で。どちらも盛況でとっても楽しませてもらえました。そして2日目は雨天だったのに、ほんとたくさんの方々に集まっていただけてただただ感謝です。今年は初めての1、3コマ目の演奏でこれまた新鮮でした。

でも、今年本当に残念だったのは、主催者(というか創始者)のひとりである同前会長が亡くなられてしまったことです。いつもMITCHが演奏しているところには必ず顔をだしてくれて、「元気にやってるか?」と声かけて頂いてそのままおしゃべりしたりしてましたし、去年は宿で朝食を一緒に摂らせてもらったりもしました。もちろん全体の宴会があるときは一緒に呑んだりも。でも、どこにいても目立つあの姿が今年は見えなくて、とても寂しかったのです。

なので来年以降どうなるのだろう?と内心不安になっていたのですが、スタッフの方が最後に「来年ももっと盛り上がるように頑張ります」とおっしゃっていたので、ああ、来年もきっとあるんだなとほっとしました。まあもし自分が出演する機会に恵まれなかったとしても、ここまで続けて育ててきた大きなイベント(10周年でした)が突然終わってしまうのはとても寂しくもったいないことだと思いますし、続いていればまた岡崎のみなさんにも会える機会がきっとあると思えるので。

今回も出演した皆さん、陰に日向に支えてくれたスタッフの皆さん、いらしてくださった(そしてお会いした)たくさんのみなさん、ありがとうございました。また、来年です!

札幌後記2014.5

もう2週間前になってしまいましたが、札幌に4日間いってました。札幌は2年ぶりで、5月に訪れるのは初めて。毎回違う季節にいかせてもらってるので変化があって楽しいです。というか、いついっても札幌はいい街、いい人たちだな、と思います。

今回は初のPeachで飛んで、札幌入り。席の狭さや荷物の扱いをいろいろ(うわさ話)で心配していましたが、全然大丈夫でした。持ち込み手荷物の大きさについてはちょっとアバウトみたいです。本読んだり、ぼーっとしている間に到着しました。季節がいいからか飛行機は満席でした。

Peach ひさびさにターミナルの外歩いたな

Peach ひさびさにターミナルの外歩いたな

彼等も元気そうでした

彼等も元気そうでした

大通公園はチューリップが見頃

大通公園はチューリップが見頃

新千歳についてすぐに札幌へ。宿に荷物おいてすぐに西20丁目の「くう」へ。久しぶりのピアノの南山さん、ドラムの館山さんと初めましての北垣さんとのカルテットでのライブ。初顔合わせとは思えないとても馴染んだ演奏で、お客さん(少なかったけど熱かった!)にもマスター&奥様にも喜んでもらえたようでうれしかったです。くう、とても演奏しやすくて楽しかったです。また必ず行きたいお店の一つになりました。

次の日は昼間少しだけ時間があった(この日ぐらいしかなかった)ので、かねてから行きたかった(前に行こうと思って行ってみたら、藻岩山にいってしまった)大倉山ジャンプ台へ。地下鉄のって、バスに乗り換えて、そっからとことこ15分ぐらいあるくと突然ぱっと開けてジャンプ台がどーんと。テレビでしか見たことないジャンプ台は恐ろしく高いところにスタート地点があって、(わりと)高所恐怖症の僕にはジャンプは絶対無理なスポーツであることをまざまざと認識(当たり前か)。でも頂上からの眺めは恐ろしくよかったです。 この日の夜は来た24丁目の「Famous Door」でライブ。ちょっと小編成のMITCHのブラスバンドでしたが、すごく盛り上がりました。盛り上がりすぎてえらい遅い時間まで演奏してたけれど、大丈夫だったんかな?相変わらずFamous Doorはいい雰囲気で、居心地もすこぶる良いです。そしてもちろんライブ前にはジンギスカンを食べたり、間の時間で牡蠣たべたりしました。どっちもうまかった!体重が心配w

円山公園駅の地下道の床がなにげにかわゆい

円山公園駅の地下道の床がなにげにかわゆい

ジャンプ台、下から

ジャンプ台、下から

ジャンプ台、上から。こんなところからよく滑りますな。

ジャンプ台、上から。こんなところからよく滑りますな。

桜とジャンプ台

桜とジャンプ台

ジン、ジン、ジンギスカーン

ジン、ジン、ジンギスカーン

ちゃんと演奏もしましたよ

ちゃんと演奏もしましたよ

また次の日は、お昼ご飯ついでに、いつも気に入って行ってる北大キャンパスを朝からちょいと散歩。前来た時は気づいてなかったポプラ並木にも遭遇(数年前の台風で半分近くが倒れたり傷ついたりしたそう。でも、それでも綺麗です)。いい天気に恵まれて散歩するのは本当に楽しく、リフレッシュというか気持ちが落ち着きます。今回は学食にも潜入してご飯をたべ、キャンパスをだいぶ満喫させてもらいました。何時来てもいいキャンパスだなぁ。ぼくの通った大学は斜面にあったので、こういう感じの場所にはなってなかったのですよねぇ。 夜は「BUDDY BUDDY」でMITCHのブラスバンド(MITCH’s Lil Brats Brass Band)のレコーディングライブ。今回の札幌ツアーはこれがメインだったわけですが、大入り満員ですごく楽しい(激しい?)ライブになりました。

ポプラ並木

ポプラ並木

ほんまいいキャンパスですね

ほんまいいキャンパスですね

BUDDY BUDDY

BUDDY BUDDY

雪ものこってた

雪ものこってた

そして最終日はなんと円山公園で花見!5月に花見ってー、とか思ったけれど札幌はこれが普通だそうで。M山さん率いるBUDDY BUDDYやらFamous Door の連中やお客さんなんかを交えて数十名での花見。飲んで食べて騒いでとても楽しかったです。やっぱり雪国のひとたちって騒ぐの好きなんですかねぇ。それと外で楽しむこと上手ですよねぇ。バーベキューやらなんやらいっぱい楽しんで、ちょっと演奏。警備員さんたちに止められるシーンもあったけれど、一緒に花見していたひとはもちろん、辺りにいたひとたちも巻き込んでの大盛り上がり。そしてその勢いのまま公園をでて近所のお店「Dexie Roux」までパレード。まさかこんなことできる(やってしまっただけやけど)なんて思ってなかった。そしてそのままお店で宴会の続き&ライブと、一日中騒いで飲んで、という楽しい日でした。

デリのカレーはうまい

デリのカレーはうまい

北海道神宮へお参りに

北海道神宮へお参りに

鯉のぼりとしだれ桜

鯉のぼりとしだれ桜

ちゃんと演奏もしたよ

ちゃんと演奏もしたよ

あー、結局4日間とも演奏して飲んで、すごく遊ばせてもらったなぁ。出会ったみなさん、本当にありがとうございました。そしてM山さんほんまにお世話になりましたー。またすぐにでも札幌いきたい!

帰り間際にミンガスコーヒーで一息

帰り間際にミンガスコーヒーで一息

PS

今回びっくりしたのは、その花=桜のことなのですが、札幌は桜が咲くのが5月初めぐらいなので、ぼくたち西国の人間が抱いている桜へのイメージと全然ちがうそうなんです。ぼくらってやっぱり卒業とか入学とかそんなイメージありますが、そういうところには全然思い入れないとか。がーん!びっくりした。

 

 

岡山・岡崎3Days

先週末MITCHのバンドで岡山、そして毎年馴染みの岡崎ジャズストリートへ出演してきました。週末の3日間、天気にも恵まれてとても楽しかったです。まぁ、移動距離ありましたけど(^^ゞ

岡山も毎年いろんな形で連れて行ってもらってますが、今年はクインテットにバンジョーの青木研さんにゲストで入ってもらって。毎回ここ岡山ルネスホールでのコンサートはえらく盛り上がるのですが、今年は最初からすごく暖かな雰囲気でしたし、最後には輪になって踊ってましたねー、すごい。ステージ前には商店街(昨年はブラスバンドで練り歩いたのかな、たしか)ででも演奏して、これまた面白かったのです。実はバンジョーという楽器、音やイメージはあるんだけれど、どんなもんなのかは全然知らなかったのです。しかし、青木さんのバンジョー聴いてかなりイメージ変わっちゃいました。素晴らしかったです。

盛り上がっております

盛り上がっております

 

そして、そのライブの興奮冷めやらぬまま(?)、夜走りで岡崎へ。こういうとき非常にタフな富永氏がいてくれるので助かります。3時ぐらいには岡崎着。さすがにくたびれているので、今日は何もせず(明日に備えて?)早く寝ました。

翌日3日から2日間岡崎ジャズストリートでした。街が素敵だし、ちょうど市民祭りなども併催されているので街はとてもにぎわっていて楽しいのです。

1日目ははじめての会場東邦ガスさんの会議室でした。ちょっと場所が離れているのでお客さんの足にはつらいかなーと思いましたが、いやいや満員ですごく盛り上がりました。また入れ替わりのバンドがCHAKAさんのトリオで、楽屋もえらく盛り上がりまくり。ソウルから直接来た清水興さんも疲れを見せずだし、久しぶりの小林創氏も元気で、なんか一年てあっという間だなぁとしみじみ。

楽屋でだらだら

楽屋でだらだら

CHAKAさんと

CHAKAさんと(漫才コンビではない)

CHAKAさん・竹下さん・時安くんのトリオをじっくり聴かせてもらったのですが、ほんともうこれ以上なにも必要のない完成度の高さ、そして楽しさで、すでにこんな音楽が存在しているのなら、一体自分は何ができるんだろうと思わされてしまいました。今はとてもいろいろ悩みの時期みたいなのですが・・・。というか今後もっと迷っていくものなのでしょうかねぇ。自分が音を出している意味が今は少し見失っているのかな、と感じ考えさせてもらえました。

CHAKAさん、竹下さん、トッキー

CHAKAさん、竹下さん、トッキー

また別の空き時間にはお世話になりっぱなしの小濱さんのSextetを聴きに。池田篤氏も元気そうでよかったです。そしてはじめましてのJay Thomas氏、ラッパもテナーもスムーズに吹くなんてずるすぎますよね(笑)。3管のアレンジもそれを支える奥村さん(久しぶりでした!)、島田氏、倉田くんもすべてがバランスよくてかっこいい演奏でした。これまた満足満足。

Jay-小濱-池田Sextet

Jay-小濱-池田Sextet

かくいうMITCHバンドは毎回来てくださるお客さんも初めての方もみんな巻き込んで賑やかに盛り上がりました。ゴスペルからスイングからFUNKまでなんでもござれなので(あんまり曲を憶えていないので結構冷や汗かきながらやってるのです、実は)やってるほうも楽しいし、見てるほうは尚更じゃないでしょうかねぇ?

そして盛り上がった後は軽く打ち上げ。今年はみんな宿もてんでばらばらだったので、僕らだけで宿近所の風来坊へ。やっぱ手羽先うまいですねぇ。今は山ちゃんよりこっちのほうが好きかも。そのあと、中村好江ちゃんバンドと合流してちょっと飲んで、さらにその後もちょっと呑んで・・・ってだいぶ呑んだように書いたけれど、ぼちぼちぐらいですよ。だって解散したの2時過ぎだから、いつもよりだいぶ早い笑。

手羽先!!

手羽先!!

中村好江ちゃんバンドと合流して

中村好江ちゃんバンドと合流して

そして2日目。毎回ハコのようになってる岡崎ニューグランドホテルで。入れ替わりのバンドは去年と同じくKen Valdez氏。なので楽屋もほのぼのした雰囲気。リハ後、疲れもちょっとたまってるけれど、天気もいいしお腹も減るしってので、みんなでコメダ珈琲へ(じつは初めて)。そこでまったりしてからちょっと街を散策。ジャズストリートや市民祭り以外にもあちこち盛り上がってて、100円市なんかも。

ストリートアート

ストリートアート

こんなん入手♪

こんなん入手♪

ぶらぶらしながら写真撮ったりするのもいいですよねぇ。そして岡崎城へ。家康の資料館が30周年かなにかで剣の演舞の奉納があったり、おりしも七五三の時期だったりして城内も賑やか。初めて天守の下までいきましたが、綺麗なお城ですねぇ。お城周りの雑木林もほんのり色づいてきてるし、素敵な時間でした。

そして市民広場ではいつものように屋台がたくさん。そして例年のごとくMITCH、そして初めての冨やんがすくいみそにチャレンジ。最高記録でした!

岡崎城天守閣

岡崎城天守閣

秋の気配

秋の気配

剣の演舞

剣の演舞

金を握り締め・・・・(笑)

金を握り締め・・・・(笑)

そして今日も演奏はすごく盛り上がりまくり。昨日も思ったけれど、ほんと1ステージがあっという間で、やりながら、え?もう終わり?と思ってしまうほど。演奏楽しいからでしょうねぇ。この岡崎ニューグランドホテルの会場はお客さんとの距離がめちゃくちゃ近いのでみんなで立つとすごい状態になるのですが、いやー、今年も楽しかったです。ほんとみなさんのおかげですね。いいイベントで出演させてもらう僕らがすごく元気になります。

振り返るとあっという間の3日間でした。楽しかったなーという感想ばかり。あ、結局バンド全体で写真撮ってないなぁ(^^ゞ

とにもかくにも、あちこち来場いただいた皆様、ありがとうございました。ミュージシャンの皆様、お疲れ様でした!

MITCH’S LIL BRATS BRASS BAND@札幌

先週末MITCHのブラスバンドの久しぶりのライブが札幌でありました。いろいろお世話になってるBUDDY BUDDYというお店の10周年パーティーがらみでした。札幌は6月のSatokoのとき以来でしたが、10月末はずいぶん寒いものなのですね。

26日は同じオーナーのM山氏の最初のお店FAMOUS DOORでイブパーティー。昨日まで北海道各地をツアーしていたMITCH、とみやん、永田くん、西本くんと合流。木村王子、Kenjiと僕の7人でのちょっと変わった編成のブラスバンドでライブ。FAMOUS DOORは雰囲気もいいし、吹き抜けの場所でのライブはとてもやりやすくて楽しかったです。

FAMOUS DOOR

FAMOUS DOOR

FAMOUS DOOR 2Fから

ライブは熱く盛り上がり

ライブは熱く盛り上がり

27日は天気も恵まれて昼間は街をぶらぶら。といってもいつものように大通公園でぼーーっと。気温はだいぶ低い(真昼で関西の明け方ぐらいかな)けれど、陽があたっているとぽかぽかして、空気もいいし、テレビ塔を眺めたり、公園を歩きながら写真をばしゃばしゃ撮ったり(カメラもっていったのに、メモリカード忘れるという失敗しましたが)して久しぶりに知らない場所でのんびり過ごしました。

秋晴れですごく気持ちよかったです

秋晴れですごく気持ちよかったです

この人たちとも久しぶり

この人たちとも久しぶり

カラフル

カラフル

MINGUS Coffeeのバナナコーヒー

MINGUS Coffeeのバナナコーヒー

そしていよいよ夜はBUDDY BUDDYの10周年パーティー。ほんとうにたくさんの人がお祝いに駆けつけ、呑んで、食べて、話して、笑って。ライブも大盛り上がりで4ステージやって(最後のほうには酔っぱらいだらけになってた笑)深夜まですごく楽しかったです。夏にアメリカであったGUMBO大会に出品したガンボもすごく甘かったし、やっぱり BUDDY BUDDY いいお店だなー。M山さんの言葉やないけれど、10年20年、50年と続いていってほしいお店です。

今夜も大盛り上がり!

今夜も大盛り上がり!

改めて、本当におめでとう!Happy Birthday BUDDY BUDDY!!

ブラスバンドの出番は次の日もあったのですが、僕は別件あったので泣く泣く28日の朝一番で札幌を後に。ああ、またすぐ戻ってきたいなぁ。誰か連れて行って〜

おまけ:

やっぱこれでしょ、生ラム!

やっぱこれでしょ、生ラム!

Home > Tags > MITCH

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。