Home > 映画・DVD > ドラムライン

ドラムライン

劇場に見に行きたかったけれど、行きそびれた作品(結構あるよな)。やっとDVDでみまひた。

話としては単純だし、別に特にといってとっぴなことがあるわけでもない。ごく普通の青春モノ(というのか?)だけれど、ドラム(およびドラム隊)には、正直しびれてしまいました。だってめちゃめちゃかっこいいもん。いや、かっこいいというより、クールでホット。どっちかいうと、クラシックでもない、素人にはブラスバンドのはでなやつか?とかそれくらいの意識しかないのだけれど、いや、これ、すごい、単純に技としてもすごいとおもうけれど、そのショー的要素が素晴らしく(きっと映画のためだからというのではなくて、実際にもっとものすごい世界があるに違いないと勝手に思い込み)て、目が点になってしまった。

スネアも極めればここまで単独でかっこいいか。うなってしまうわ。

でも、やっぱり多人数のバンドってのはグルーブものはだらっとしてしまうので、なかなか苦笑いなところやな。限界がやっぱあんのかな?それに比べ、ドラム隊はビシバシで、爽快やった。

欲をいえば、主役がもっと活躍してほしかった。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tsutomutakei.jp/2005/11/30/%e3%83%89%e3%83%a9%e3%83%a0%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
ドラムライン from Ending Of Beginning II

Home > 映画・DVD > ドラムライン

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。