Home > Archives > 2014-10

2014-10

2014.11月のスケジュール

<table border="0" width="100%">
<tbody>
<tr>
<td>&lt; <a href="http://tsutomutakei.jp/schedule/2014-10/">2014.10</a></td>
<td id="" dir="" lang="" scope="" align="right" valign=""><a href="http://tsutomutakei.jp/schedule/2014-12/">2014.12</a> &gt;</td>
</tr>
</tbody>
</table>
<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/th_DSC_1709.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/th_DSC_1709.jpg" alt="th_DSC_1709" width="570" height="381" class="aligncenter wp-image-6189" /></a>

※先の予定は随時変更されることがあります。

<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/1(Sat) MITCHオールスターズ
■<a href="http://www.okazakijazzstreet.com" target="_blank">岡崎ジャズストリート2014</a>
愛知 岡崎 <a href="http://www.newgrand.yad.jp" target="_blank">岡崎ニューグランドホテル</a> 0564-21-5111
14:30~ /17:30〜
前売 単日券\4,000 両日券\7,000 / 当日 単日券\4,500
[メ] MITCH(Tp, Vo)、武井努(Sax)、小林創(Pf)、清水興(B)、永田充康(Ds)、富永寛之(Gt)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/2(Sun) MITCHオールスターズ
■<a href="http://www.okazakijazzstreet.com" target="_blank">岡崎ジャズストリート2014</a>
愛知 岡崎 <a href="http://www.okashin.co.jp" target="_blank">岡崎信用金庫</a> <a href="http://www.okashin.co.jp/store/detail.html?id=2" target="_blank">本店(2F)</a> 0564-25-7230
14:30~ /17:30〜
前売 単日券\4,000 両日券\7,000 / 当日 単日券\4,500
[メ] MITCH(Tp, Vo)、武井努(Sax)、小林創(Pf)、清水興(B)、永田充康(Ds)、富永寛之(Gt)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/2(Sun) satoko + たけタケ
愛知 西尾市 <a href="http://www.jazz-intelsat.com" target="_blank">Jazz club intelsat</a> 0563-35-0972
20:00〜 前\2,500/当\3,000
[メ] satoko(Vo)、清水武志(p)、武井努(Sax)

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/10649724_10204253860738191_7339778076694862457_n.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/10649724_10204253860738191_7339778076694862457_n-300×212.jpg" alt="20141102" width="300" height="212" class="alignnone size-medium wp-image-6116" /></a>
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/3(Mon) satoko
名古屋 <a href="http://valentinedrive.com" target="_blank">Valentine Drive</a> 052-733-3365
19:30〜 前\2,700/当\3,000
[メ] satoko(Vo)、清水武志(p)、出宮寛之(b)、則武諒(ds)、武井努(Sax)

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/10520659_10204253930579937_3675138016727868471_o.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/10520659_10204253930579937_3675138016727868471_o-212×300.jpg" alt="20141003" width="212" height="300" class="alignnone size-medium wp-image-6117" /></a>
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/4(Tue) 長谷川・武井
大阪 谷町9丁目 <a href="http://subjazz.blogspot.jp" target="_blank">SUB</a> 06-6762-3226
[メ] 長谷川朗(Sax)、武井努(Sax)、ほか
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/7(Fri) UN-NATURAL
■ BIG APPLE The 25th Anniversary Special Live 月間!!
神戸 三宮 <a href="http://www.bekkoame.ne.jp/i/big-apple/" target="_blank">Big Apple</a> 078-251-7049
19:30~ 前\2,000 / 当\2,300
[メ] SHU(Vo)、藤山龍一(Gt, Vo)、guest:武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/8(Sat) YOKO La Japonesa Salsera
■ YOKO Japan Tour 2014
大阪 肥後橋 <a href="http://live-voxx.com" target="_blank">Voxx</a> 06-6225-2100
前\4,000 / メール予約\4,500 / 当\5,000(w/1drink+レッスン+ライブ+パーティー)
[メ] Yoko Mimata(Vo)、中島徹(Pf)、荒玉哲郎(B)、とくじろう(Perc)、亀崎ヒロシ(Perc)、岡本健太(Perc)、梶原徳典(Tb)、築山昌広(Tp)、広瀬未来(Tp)、武井努(Bs)、Ravi(Coro)、Macomo(Coro)
[チケット] pegao social 090-7492-8670 g83chanchi@msn.com / VOXX 06-6225-2100 info.voxx@gmail.com
18:00- 無料レッスン(初心者向け)
19:00- ダンスパーティー
20:00- オープニングアクト(1)
20:10- ライブ 1st set
21:00- ダンスパーティー
22:00- オープニングアクト(2)
22:10- ライブ 2nd Set
23:00- ダンスパーティー

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/1554551_10152285799886627_5421105381138299161_n.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/1554551_10152285799886627_5421105381138299161_n-211×300.jpg" alt="20141108" width="211" height="300" class="alignnone size-medium wp-image-6121" /></a>
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/9(Sun) YOKO La Japonesa Salsera
■ YOKO Japan Tour 2014
名古屋 <a href="http://www.hotelgp-nagoya.com" target="_blank">ホテル名古屋ガーデンパレス</a> 3F 錦の間 052-957-1022
前\3,000 (2drink付) / 当\3,500(1drink付)
18:00 Open 18:30 Live Start
[メ] Yoko Mimata(Vo)、中島徹(Pf)、荒玉哲郎(B)、とくじろう(Perc)、亀崎ヒロシ(Perc)、岡本健太(Perc)、梶原徳典(Tb)、築山昌広(Tp)、広瀬未来(Tp)、武井努(Bs)、Ravi(Coro)、Macomo(Coro)
[予約・問]マコンドサルサダンススクール ホアキン 052-252-5303
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/11(Tue) 武井・馬田DUO
西宮 <a href="http://www.three-codes.com/" target="_blank">Three Codes</a> 0798-55-5184
19:30~ \1,000 (つけだし\500)
[メ]武井努(Sax)、馬田諭(Gt)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/12(Wed) <a href="http://miceteeth.jp" target="_blank">THE MICETEETH</a>
■ <a href="http://www.spaceshowertv.com/retsuden/100/event/event117.html" target="_blank">スペースシャワー列伝 第117巻 夢の宴</a>
東京 新宿 <a href="http://www.loft-prj.co.jp/LOFT/" target="_blank">LOFT</a> 03-5272-0382
18:00 Open / 19:00 Start
前\3,800-(税込、ドリンク別) オールスタンディング
[出] THE MICETEETH / キセル / 奇妙礼太郎
[チケット] <a href="http://eplus.jp/ssrd100/" target="_blank">イープラス</a> / <a href="http://t.pia.jp" target="_blank">チケットぴあ</a> (Pコード 244-568) / <a href="http://l-tike.com" target="_blank">ローソンチケット</a>  (Lコード 75933)

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/space.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/space-300×183.jpg" alt="20141012" width="300" height="183" class="alignnone size-medium wp-image-6119" /></a>

<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/14(Fri) WE are SOUL FEVER !
大阪 東心斎橋 <a href="http://www.will-music.net/soma" target="_blank">SOMA</a> 06-6212-2253
open18:30 start19:30 前\4,000 当\4,500
[メ] 東原力哉(Ds)、松田一志(vo)、西田まこと(Gt)、武井努(sax)、堂地誠人(sax)、羽田北斗(B)、村瀬正樹(key)、広瀬未来(Tp)、江崎愛、岩田サオリ(Cho)

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20141114.png"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20141114-211×300.png" alt="20141114" width="211" height="300" class="alignnone wp-image-6190 size-medium" /></a>
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/15(Sat) <a href="http://miceteeth.jp" target="_blank">THE MICETEETH</a>
■ KYOTO MUSE SPECIAL LIVE【ready for 25!!】
京都 四条 <a href="http://www.arm-live.com/muse/kyoto/" target="_blank">KYOTO MUSE</a> 075-223-0389
18:00 Open / 19:00 Start
前\4,000 / 当\4,500 (ドリンク別)
[LIVE] THE MICETEETH / 奇妙礼太郎トラベルスイング楽団
[DJ] Westy Bong Bong! CREW / SHIM TATSUYA and belobelobelo
[LIVE PAINTING] SIMIZ・PAMO
[FOOD] JAPONICA / café and bar Cham
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/16(Sun) 東日本大震災チャリティー
神戸 元町 <a href="http://soubei.net" target="_blank">cafe 萬屋宗兵衛</a> 078-332-1963
15:00 Open 15:30 Start-17:00 Close ノーチャージ カンパ制(全額赤十字を通して寄付しますよ!)
[出演] 武井努(Ts)、柏谷淳(As)、横尾昌二郎(Tp)、池田杏理(Vo)、末元紀子(Vo)、木畑晴哉(Pf)、永田有吾(Pf)、木村知之(Bs)、光田臣(Ds)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/16(Sun) しのMINT
大阪 芦原橋 <a href="http://www5f.biglobe.ne.jp/~make/" target="_blank">cafe Make</a> 06-6562-3294
19:15 Open / 19:45 Start \2,300(ドリンク別)
[メ] 大倉詩乃美(Vo)、清水武志(Pf)、武井努(Sax)、折笠誠(Perc, Cello)、林みなこ(B)

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/1016759_770480233017809_2757301360504959673_n.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/1016759_770480233017809_2757301360504959673_n-217×300.jpg" alt="20141116" width="217" height="300" class="alignnone size-medium wp-image-6120" /></a>

<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/17(Mon) 松田一志
岸和田 旬彩 <a href="http://www.syunsai-nakano.com/">dining sushi なかの</a> 072-437-1711
open18:00 start19:30
前\3,000 / 当\3,500
[メ] 松田一志(vo)、武井努(sax)、城野淳(G)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/20(Thu) 清水勇博3
岡本 <a href="http://bornfree-kobe.com" target="_blank">Born Free</a> 078-441-7890
19:30~ 2,500
[メ]清水勇博(Ds)、萬恭隆(B)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/22(Sat) 中島・武井Duo
豊中 <a href="http://www42.tok2.com/home/gastou/" target="_blank">我巣灯</a> 06-6848-3608
19:00- 2,000
[メ]中島教秀(B)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/24(Mon) TomoYuki
京都 木屋町 <a href="http://www.mtimes.jp/" target="_blank">Modern Times</a> 075-212-8385
open 18:00 start 19:00 \2,000(1drink, 1food別途要)
[出演] TomoYuki(vo)、松田一志(vo)、Myah(vo)、武井努(sax)、城野淳(G)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/25(Tue) 武井・馬田DUO
寝屋川 萱島 OTO屋 080-6126-1529
20:00~ 2,500
[メ]武井努(Sax)、馬田諭(Gt)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/26(Wed) THE TOMOMI AZUMA BAND 2014 / LIVE RECORDING LIVE !!!!
■ BIG APPLE The 25th Anniversary Special Live 月間!!
神戸 三宮 <a href="http://www.bekkoame.ne.jp/i/big-apple/" target="_blank">Big Apple</a> 078-251-7049
19:30~ 前\3,000 / 当\3,500
[メ] 東ともみ(B)、牧知恵子(Pf)、池田安友子(Perc)、清野拓巳(Gt)、田中洋一(Tp)、横尾昌二郎(Tp)、武井努(Ts,Ss,Fl)、當村邦明(Ts)、中山雄貴(Tb)、西本翔一(Tuba)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/28(Fri) E.D.F.
大阪 桃谷 <a href="http://www.ms-hall.com/" target="_blank">M’s Hall</a> 06-6771-2541
20:00~ 1,800
[メ]清水武志(p)、武井努(Sax)、田中洋一(Tp)、西川サトシ(B)、光田じん(Ds)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/29(Sat) たけタケ
東大阪 俊徳道 <a href="http://www.c-road.org/" target="_blank">Crossroad</a> 06-6736-8870
20:00~ \2,000
[メ]清水武志(p)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/30(Sun) MITCH ALL STARS LIVE!!
泉佐野 <a href="http://www.izuminomori.or.jp/" target="_blank">泉の森ホール</a> マルチスペース 072-469-7100
13:30 Open 14:00~16:00 前\2,700 / 当\3,000
[メ] MITCH(tp.vo)、武井努(sax)、加納新吾(p)、時安吉宏(b)、永田充康(ds)、小柳淳子(vo)
[問] 090-3354-7359 Sen-Nan Jazzを広める会(松浪) cela-sora-chaika@rinku.zaq.ne.jp
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/30(Sun) 神大Jazz現役&amp;OBオープンジャムセッション
神戸 元町<a href="http://soubei.net/" target="_blank"> cafe 萬屋宗兵衛</a> 078-332-1963
Start 19:00 \500
[ゲスト]武井努(Sax)、井上幸佑(B)
※基本3カ月ごと(2月,5月,8月,11月の最終日曜日)に開催予定。
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />

伊坂幸太郎 – バイバイ、ブラックバード

だいぶ伊坂さん作品も出版された文庫に追いついて来てしまったので、なかなか新しいのに出会えない。ハードカバーを入手すればいいのだけれど、どうも大きいのもって歩けないのでねぇ。この本もずいぶん前に手に入れてたけれど、読むまで(順番があったので)時間が経ってしまった。

「bye bye blackbird」といえばジャズを聴く人間なら一度は聴いたことあるであろう曲のタイトルだ、とすぐに連想してしまう(以前読んだ「ゴールデン スランバー」のタイトル見て、あ、ビートルズだ、と思ったように)。このタイトルがいつどういう形で物語に関わってでてくるのだろう(やはりゴールデンスバンバーもそういうシーンがあった)とか思いながら読み始めたけれど、そんなことさっさと忘れて没頭してしまい、あっという間に一気読み。すごく面白かった。短くはない物語であるのにすごく軽やかに読め、かといって単純な訳ではない。巻末の伊坂さんへのロングインタビューを読むとそれがなぜか分かる。

この本は6章だてとなっているけれど、実はこれらは短編として連作されたものだそうで、しかも「ゆうびん小説」という形(一つお話ができると、それを選ばれた50人の読者に送って読んでもらう、という形。ある日帰って来たらポストに伊坂さんの小説、しかもできたてほやほやの、があったらなんて素敵なんでしょう)であまり締め切りを切らずに書かれたものだそうで、伊坂さん自身も結果としては結構速いペースで書いたけれど、追われずにかけたので一話ごと納得ものになった、といっている。なるほど、だからこんなにぎゅっとした、短編なのに長編のような読後感があるのか。

主人公・星野一彦は自身の不祥事(これもなにかは詳しく語られない)のせいで繭美という粗暴で下品な大女に見張りにつかれ、やがてやってくるという<あるバス>(これについても曖昧にしか語られない、それがいい)に乗せられどこか知らないきっと戻ってこれないであろうところに連れて行かれることになり、嘆願して彼の5人の恋人たち(なんと5股だったわけで)に別れを告げに行く、というストーリーなのだけれど、一話ずつ完結して描かれているのだけれど、連作ということで、同じ話の形を踏襲している、というか同じ台詞から始まる、こういうちょっとしたことが面白い。でも話が重なっていくにつれて、前後にちょろっと関係があったりするのも楽しい。そしてキャラクターが楽しい。星野のよく考えたらむちゃくちゃなのに憎めないキャラもだし、繭美のむちゃくちゃすぎるのに筋が通ってる感じもだし、5人の恋人たちも、なにか普通とちょっと違う感じなのがいい。

お話だからふーんと読めるけれど、これ実際だったらこんな感じにはならずにもっとめちゃくちゃになりそうな感じがするのに、そうならないのは、伊坂さんの誘導か、それともじっさい繭美のような女がいるとそうなってしまうのか。完全にありえない話だけれど、なにかリアリティとむちゃくちゃなのに納得させられる感じもあって、伊坂作品の不思議さ、というか巧さにほとほと感心してしまう。そして始まりも終わりも曖昧な感じなのに、それが一番いい形になっている、この物語全体の構成、素晴らしいなあと思う。で、5話目のほろりとさせるところ、6話目になって微妙に変化する星野と繭美、そのあたりも堪らない。

編集者との間でこの企画が持ち上がったとき太宰治の未完の作「グッド・バイ」の続きを、みたいな話から着想したそうなので、太宰さんも読んでみる、かな?

PS
bye bye blackbird という歌は ”blackbird” が何を指すのかによって解釈が分かれるようだけれど、不幸とか不吉なことを指す暗喩といわれているそうで、それならば、こんなよくない状況に別れをつげて、もといたところに帰るよ、というような歌詞になるそう。もともとは女性視点で書かれた歌詞のようで、一説によると売春宿のようなところにいた女性を描いたものだとも言われる。とすると、この伊坂作品の場合は、逆になってるのかな。わざとかな?w

双葉文庫 2013

Amazonで詳細を見る
楽天ブックスで詳細を見る

江國香織 – 抱擁、あるいはライスには塩を

 
まったくもって意味がわからないタイトルだけれど、それは物語を読めばわかる。不思議な(少し世間とはずれた)一家の物語。4人の兄弟姉妹とその両親、叔父伯母、祖父祖母、同居する彼らの物語。ただ祖母はロシア人であり、この一家はみんな少し外国人の風貌をしている。こういうとそう変わってもいないけれど、彼らは古い大きな洋館に住み、一家の方針は”義務教育は家族が子どもに教育を受けさせる義務なのであり、だからこそ学校へはやらずに家庭内で教育を施す”。だから兄弟姉妹は家でのびのびと、嫌な世間知ることなく育っている。

そんな家庭であるのに、ある日父が子どもたちを小学校にやろうとするところから話は始まる。結局それは数ヶ月で終わるものになってしまうのだけれど、そこから仲良く同じように育っていた子どもたちが少しずつ分かれて行く。それは成長ともいえるのだけれど。そして、実はこの兄弟姉妹のうち2人は父が、母が違うということが明かされる。そこから家族一人一人の物語へ。場所や時を越えてばらばらに語られつつもやがて一つにまとまるある家族の大きな波乱に満ちた(そしてまことに不思議な)物語。

一般的に書いてしまうとなんてむちゃくちゃな家族なのか(いろんな家族の寄り集まりである)ということになってしまうのだけれど、そうはなってなくて、その普通なら異常ともとられてしまうような状況なのに、一家は安定して、ある秩序を守ってまとまっている。それがなぜなのか、なぜそういうことになるのか、それがじっくり語られる。

祖父祖母が作り上げた籠の中でしか生きられない(世間とはずれていて生きづらい)家族といえばそうなってしまうのだけれど、そこには家族とか愛人とか継母とか養子とかそういったたぐいのものをひっくるめて、愛といたわり、そして諦観ともいえるもので強く結びついた人々なんだということが徐々に語られて、読者にその大いなる物語が示されて行くのが、なんとも感動的。

いったい江國さんの各人物の姿、数々のエピソード、そういうものをどうやって生み出したのかがとても気になる。それほどにこの100年ぐらいに亘る物語が壮大すぎて。壮大なのに、全体の流れだけでなく、描かれる物語たちのディティールがはっきりしているし。どの人物にも感情移入してしまえるので、ぼーっと読んでいるといまがいつで誰の物語か迷ってしまいそう。

集英社文庫 2014

江國香織 – 雪だるまの雪子ちゃん


野生の雪だるま!

いきなりなんて発想をするんだろう、江國さんは。そしてその野生の雪だるまがいる世界には普通に人間もいて、人間がつくる”野生でない”雪だるまもある。おとぎ話のような、子どもが喜ぶようなお話だけれど、「もっと自由に生きなさい」と大人が言われてるような気もする。

ある豪雪の日に空から降って来た雪だるまの雪子ちゃん。百合子さんの物置小屋に住み着く。冷たいすきま風が絶え間なくはいる小屋が居心地いいという雪子ちゃん。夜更かしとバターが大好き、本を見るのも大好き、でも数字は苦手w 毎夜あちこち散歩をするし、小学校にも遊びにいって子どもたちと雪合戦もしたり。百合子さんたちと語らったりちょっとお酒のんだりトランプしたり。そして夏の間は休眠する、だから夏のことは全然しらない。

結局はいつか「とけちゃう」そうなのだけれど、それだからこそ(本人も知ってる)好奇心旺盛でちょこまか動く姿がかわいい。でも大人なのか子どもなのかわからない感じもしたり。

考え抜いて思いついたという感じではなくて、すっと通り過ぎようとした感覚をしっかり捕まえてそれを大きく膨らませる、それも瞬時に。そして想像豊かに奥行きある世界を産み出す、そんな江國さんの、ある意味江國さんぽい作品だなおもう。しかし字面すら面白いよね、”野生の雪だるま”って。

山本容子さんの銅版画も素敵。

新潮文庫 2013

辻仁成 – ダリア


久しぶりに辻さんの、鋭いというか、感覚が研ぎすまされたというか、少し冷たい、そう、悪徳の美のような印象をあたえる物語だった。ダリアと呼ばれる男がやってきたことからじわじわ変化して行く幸せだった家庭。あとがきで辻さんはある日みた窓からの光景が彼に何か大いなる啓示をあたえ、それを記録しておこうと記した小説だそう。だから、物語も脈絡がないわけではないけれど、辻さんが可能な限りその想像の翼を広げ、細めた眼の隙間から見える光景を克明に、しかも出来るだけ素早く記録した、というような感じがする。

だからとくに物語としての感想はない。あるのは与えられた印象。どうしようもない運命の誘惑に巻き込まれ、抗いながらもそれに甘んじてしまう感覚。ダメだという倫理観を破壊してしまう甘美な匂い。まさに悪徳の美。視覚的でも触覚的でもなく、それらを飛び越えて心や身体の隙間に入り込んでくる言葉で表し難い感覚・印象。それらが同時に、立体的に、四方からやってくる感じ。一瞬の中にある永遠の、そして繰り返される時間。

気をつけないと、溺れてしまう。

”人は生涯覚めながら見る夢の中にいる、とわたしは常々思っている。でも、その思っている私が誰か、そのことを、もう次の瞬間のわたしは、わすれつつある。”

新潮文庫 2012

Home > Archives > 2014-10

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。