Home > Archives > 2014-10

2014-10

2014.11月のスケジュール

<table border="0" width="100%">
<tbody>
<tr>
<td>&lt; <a href="http://tsutomutakei.jp/schedule/2014-10/">2014.10</a></td>
<td id="" dir="" lang="" scope="" align="right" valign=""><a href="http://tsutomutakei.jp/schedule/2014-12/">2014.12</a> &gt;</td>
</tr>
</tbody>
</table>
<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/th_DSC_1709.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/th_DSC_1709.jpg" alt="th_DSC_1709" width="570" height="381" class="aligncenter wp-image-6189" /></a>

※先の予定は随時変更されることがあります。

<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/1(Sat) MITCHオールスターズ
■<a href="http://www.okazakijazzstreet.com" target="_blank">岡崎ジャズストリート2014</a>
愛知 岡崎 <a href="http://www.newgrand.yad.jp" target="_blank">岡崎ニューグランドホテル</a> 0564-21-5111
14:30~ /17:30〜
前売 単日券\4,000 両日券\7,000 / 当日 単日券\4,500
[メ] MITCH(Tp, Vo)、武井努(Sax)、小林創(Pf)、清水興(B)、永田充康(Ds)、富永寛之(Gt)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/2(Sun) MITCHオールスターズ
■<a href="http://www.okazakijazzstreet.com" target="_blank">岡崎ジャズストリート2014</a>
愛知 岡崎 <a href="http://www.okashin.co.jp" target="_blank">岡崎信用金庫</a> <a href="http://www.okashin.co.jp/store/detail.html?id=2" target="_blank">本店(2F)</a> 0564-25-7230
14:30~ /17:30〜
前売 単日券\4,000 両日券\7,000 / 当日 単日券\4,500
[メ] MITCH(Tp, Vo)、武井努(Sax)、小林創(Pf)、清水興(B)、永田充康(Ds)、富永寛之(Gt)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/2(Sun) satoko + たけタケ
愛知 西尾市 <a href="http://www.jazz-intelsat.com" target="_blank">Jazz club intelsat</a> 0563-35-0972
20:00〜 前\2,500/当\3,000
[メ] satoko(Vo)、清水武志(p)、武井努(Sax)

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/10649724_10204253860738191_7339778076694862457_n.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/10649724_10204253860738191_7339778076694862457_n-300×212.jpg" alt="20141102" width="300" height="212" class="alignnone size-medium wp-image-6116" /></a>
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/3(Mon) satoko
名古屋 <a href="http://valentinedrive.com" target="_blank">Valentine Drive</a> 052-733-3365
19:30〜 前\2,700/当\3,000
[メ] satoko(Vo)、清水武志(p)、出宮寛之(b)、則武諒(ds)、武井努(Sax)

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/10520659_10204253930579937_3675138016727868471_o.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/10520659_10204253930579937_3675138016727868471_o-212×300.jpg" alt="20141003" width="212" height="300" class="alignnone size-medium wp-image-6117" /></a>
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/4(Tue) 長谷川・武井
大阪 谷町9丁目 <a href="http://subjazz.blogspot.jp" target="_blank">SUB</a> 06-6762-3226
[メ] 長谷川朗(Sax)、武井努(Sax)、ほか
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/7(Fri) UN-NATURAL
■ BIG APPLE The 25th Anniversary Special Live 月間!!
神戸 三宮 <a href="http://www.bekkoame.ne.jp/i/big-apple/" target="_blank">Big Apple</a> 078-251-7049
19:30~ 前\2,000 / 当\2,300
[メ] SHU(Vo)、藤山龍一(Gt, Vo)、guest:武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/8(Sat) YOKO La Japonesa Salsera
■ YOKO Japan Tour 2014
大阪 肥後橋 <a href="http://live-voxx.com" target="_blank">Voxx</a> 06-6225-2100
前\4,000 / メール予約\4,500 / 当\5,000(w/1drink+レッスン+ライブ+パーティー)
[メ] Yoko Mimata(Vo)、中島徹(Pf)、荒玉哲郎(B)、とくじろう(Perc)、亀崎ヒロシ(Perc)、岡本健太(Perc)、梶原徳典(Tb)、築山昌広(Tp)、広瀬未来(Tp)、武井努(Bs)、Ravi(Coro)、Macomo(Coro)
[チケット] pegao social 090-7492-8670 g83chanchi@msn.com / VOXX 06-6225-2100 info.voxx@gmail.com
18:00- 無料レッスン(初心者向け)
19:00- ダンスパーティー
20:00- オープニングアクト(1)
20:10- ライブ 1st set
21:00- ダンスパーティー
22:00- オープニングアクト(2)
22:10- ライブ 2nd Set
23:00- ダンスパーティー

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/1554551_10152285799886627_5421105381138299161_n.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/1554551_10152285799886627_5421105381138299161_n-211×300.jpg" alt="20141108" width="211" height="300" class="alignnone size-medium wp-image-6121" /></a>
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/9(Sun) YOKO La Japonesa Salsera
■ YOKO Japan Tour 2014
名古屋 <a href="http://www.hotelgp-nagoya.com" target="_blank">ホテル名古屋ガーデンパレス</a> 3F 錦の間 052-957-1022
前\3,000 (2drink付) / 当\3,500(1drink付)
18:00 Open 18:30 Live Start
[メ] Yoko Mimata(Vo)、中島徹(Pf)、荒玉哲郎(B)、とくじろう(Perc)、亀崎ヒロシ(Perc)、岡本健太(Perc)、梶原徳典(Tb)、築山昌広(Tp)、広瀬未来(Tp)、武井努(Bs)、Ravi(Coro)、Macomo(Coro)
[予約・問]マコンドサルサダンススクール ホアキン 052-252-5303
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/11(Tue) 武井・馬田DUO
西宮 <a href="http://www.three-codes.com/" target="_blank">Three Codes</a> 0798-55-5184
19:30~ \1,000 (つけだし\500)
[メ]武井努(Sax)、馬田諭(Gt)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/12(Wed) <a href="http://miceteeth.jp" target="_blank">THE MICETEETH</a>
■ <a href="http://www.spaceshowertv.com/retsuden/100/event/event117.html" target="_blank">スペースシャワー列伝 第117巻 夢の宴</a>
東京 新宿 <a href="http://www.loft-prj.co.jp/LOFT/" target="_blank">LOFT</a> 03-5272-0382
18:00 Open / 19:00 Start
前\3,800-(税込、ドリンク別) オールスタンディング
[出] THE MICETEETH / キセル / 奇妙礼太郎
[チケット] <a href="http://eplus.jp/ssrd100/" target="_blank">イープラス</a> / <a href="http://t.pia.jp" target="_blank">チケットぴあ</a> (Pコード 244-568) / <a href="http://l-tike.com" target="_blank">ローソンチケット</a>  (Lコード 75933)

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/space.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/space-300×183.jpg" alt="20141012" width="300" height="183" class="alignnone size-medium wp-image-6119" /></a>

<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/14(Fri) WE are SOUL FEVER !
大阪 東心斎橋 <a href="http://www.will-music.net/soma" target="_blank">SOMA</a> 06-6212-2253
open18:30 start19:30 前\4,000 当\4,500
[メ] 東原力哉(Ds)、松田一志(vo)、西田まこと(Gt)、武井努(sax)、堂地誠人(sax)、羽田北斗(B)、村瀬正樹(key)、広瀬未来(Tp)、江崎愛、岩田サオリ(Cho)

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20141114.png"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/20141114-211×300.png" alt="20141114" width="211" height="300" class="alignnone wp-image-6190 size-medium" /></a>
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/15(Sat) <a href="http://miceteeth.jp" target="_blank">THE MICETEETH</a>
■ KYOTO MUSE SPECIAL LIVE【ready for 25!!】
京都 四条 <a href="http://www.arm-live.com/muse/kyoto/" target="_blank">KYOTO MUSE</a> 075-223-0389
18:00 Open / 19:00 Start
前\4,000 / 当\4,500 (ドリンク別)
[LIVE] THE MICETEETH / 奇妙礼太郎トラベルスイング楽団
[DJ] Westy Bong Bong! CREW / SHIM TATSUYA and belobelobelo
[LIVE PAINTING] SIMIZ・PAMO
[FOOD] JAPONICA / café and bar Cham
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/16(Sun) 東日本大震災チャリティー
神戸 元町 <a href="http://soubei.net" target="_blank">cafe 萬屋宗兵衛</a> 078-332-1963
15:00 Open 15:30 Start-17:00 Close ノーチャージ カンパ制(全額赤十字を通して寄付しますよ!)
[出演] 武井努(Ts)、柏谷淳(As)、横尾昌二郎(Tp)、池田杏理(Vo)、末元紀子(Vo)、木畑晴哉(Pf)、永田有吾(Pf)、木村知之(Bs)、光田臣(Ds)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/16(Sun) しのMINT
大阪 芦原橋 <a href="http://www5f.biglobe.ne.jp/~make/" target="_blank">cafe Make</a> 06-6562-3294
19:15 Open / 19:45 Start \2,300(ドリンク別)
[メ] 大倉詩乃美(Vo)、清水武志(Pf)、武井努(Sax)、折笠誠(Perc, Cello)、林みなこ(B)

<a href="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/1016759_770480233017809_2757301360504959673_n.jpg"><img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/1016759_770480233017809_2757301360504959673_n-217×300.jpg" alt="20141116" width="217" height="300" class="alignnone size-medium wp-image-6120" /></a>

<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/17(Mon) 松田一志
岸和田 旬彩 <a href="http://www.syunsai-nakano.com/">dining sushi なかの</a> 072-437-1711
open18:00 start19:30
前\3,000 / 当\3,500
[メ] 松田一志(vo)、武井努(sax)、城野淳(G)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/20(Thu) 清水勇博3
岡本 <a href="http://bornfree-kobe.com" target="_blank">Born Free</a> 078-441-7890
19:30~ 2,500
[メ]清水勇博(Ds)、萬恭隆(B)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/22(Sat) 中島・武井Duo
豊中 <a href="http://www42.tok2.com/home/gastou/" target="_blank">我巣灯</a> 06-6848-3608
19:00- 2,000
[メ]中島教秀(B)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/24(Mon) TomoYuki
京都 木屋町 <a href="http://www.mtimes.jp/" target="_blank">Modern Times</a> 075-212-8385
open 18:00 start 19:00 \2,000(1drink, 1food別途要)
[出演] TomoYuki(vo)、松田一志(vo)、Myah(vo)、武井努(sax)、城野淳(G)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/25(Tue) 武井・馬田DUO
寝屋川 萱島 OTO屋 080-6126-1529
20:00~ 2,500
[メ]武井努(Sax)、馬田諭(Gt)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/26(Wed) THE TOMOMI AZUMA BAND 2014 / LIVE RECORDING LIVE !!!!
■ BIG APPLE The 25th Anniversary Special Live 月間!!
神戸 三宮 <a href="http://www.bekkoame.ne.jp/i/big-apple/" target="_blank">Big Apple</a> 078-251-7049
19:30~ 前\3,000 / 当\3,500
[メ] 東ともみ(B)、牧知恵子(Pf)、池田安友子(Perc)、清野拓巳(Gt)、田中洋一(Tp)、横尾昌二郎(Tp)、武井努(Ts,Ss,Fl)、當村邦明(Ts)、中山雄貴(Tb)、西本翔一(Tuba)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/28(Fri) E.D.F.
大阪 桃谷 <a href="http://www.ms-hall.com/" target="_blank">M’s Hall</a> 06-6771-2541
20:00~ 1,800
[メ]清水武志(p)、武井努(Sax)、田中洋一(Tp)、西川サトシ(B)、光田じん(Ds)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/29(Sat) たけタケ
東大阪 俊徳道 <a href="http://www.c-road.org/" target="_blank">Crossroad</a> 06-6736-8870
20:00~ \2,000
[メ]清水武志(p)、武井努(Sax)
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/30(Sun) MITCH ALL STARS LIVE!!
泉佐野 <a href="http://www.izuminomori.or.jp/" target="_blank">泉の森ホール</a> マルチスペース 072-469-7100
13:30 Open 14:00~16:00 前\2,700 / 当\3,000
[メ] MITCH(tp.vo)、武井努(sax)、加納新吾(p)、時安吉宏(b)、永田充康(ds)、小柳淳子(vo)
[問] 090-3354-7359 Sen-Nan Jazzを広める会(松浪) cela-sora-chaika@rinku.zaq.ne.jp
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />
11/30(Sun) 神大Jazz現役&amp;OBオープンジャムセッション
神戸 元町<a href="http://soubei.net/" target="_blank"> cafe 萬屋宗兵衛</a> 078-332-1963
Start 19:00 \500
[ゲスト]武井努(Sax)、井上幸佑(B)
※基本3カ月ごと(2月,5月,8月,11月の最終日曜日)に開催予定。
<img src="http://tsutomutakei.jp/wp-content/uploads/line.jpg" alt="line" width="550" height="1" />

伊坂幸太郎 – バイバイ、ブラックバード

だいぶ伊坂さん作品も出版された文庫に追いついて来てしまったので、なかなか新しいのに出会えない。ハードカバーを入手すればいいのだけれど、どうも大きいのもって歩けないのでねぇ。この本もずいぶん前に手に入れてたけれど、読むまで(順番があったので)時間が経ってしまった。

「bye bye blackbird」といえばジャズを聴く人間なら一度は聴いたことあるであろう曲のタイトルだ、とすぐに連想してしまう(以前読んだ「ゴールデン スランバー」のタイトル見て、あ、ビートルズだ、と思ったように)。このタイトルがいつどういう形で物語に関わってでてくるのだろう(やはりゴールデンスバンバーもそういうシーンがあった)とか思いながら読み始めたけれど、そんなことさっさと忘れて没頭してしまい、あっという間に一気読み。すごく面白かった。短くはない物語であるのにすごく軽やかに読め、かといって単純な訳ではない。巻末の伊坂さんへのロングインタビューを読むとそれがなぜか分かる。

この本は6章だてとなっているけれど、実はこれらは短編として連作されたものだそうで、しかも「ゆうびん小説」という形(一つお話ができると、それを選ばれた50人の読者に送って読んでもらう、という形。ある日帰って来たらポストに伊坂さんの小説、しかもできたてほやほやの、があったらなんて素敵なんでしょう)であまり締め切りを切らずに書かれたものだそうで、伊坂さん自身も結果としては結構速いペースで書いたけれど、追われずにかけたので一話ごと納得ものになった、といっている。なるほど、だからこんなにぎゅっとした、短編なのに長編のような読後感があるのか。

主人公・星野一彦は自身の不祥事(これもなにかは詳しく語られない)のせいで繭美という粗暴で下品な大女に見張りにつかれ、やがてやってくるという<あるバス>(これについても曖昧にしか語られない、それがいい)に乗せられどこか知らないきっと戻ってこれないであろうところに連れて行かれることになり、嘆願して彼の5人の恋人たち(なんと5股だったわけで)に別れを告げに行く、というストーリーなのだけれど、一話ずつ完結して描かれているのだけれど、連作ということで、同じ話の形を踏襲している、というか同じ台詞から始まる、こういうちょっとしたことが面白い。でも話が重なっていくにつれて、前後にちょろっと関係があったりするのも楽しい。そしてキャラクターが楽しい。星野のよく考えたらむちゃくちゃなのに憎めないキャラもだし、繭美のむちゃくちゃすぎるのに筋が通ってる感じもだし、5人の恋人たちも、なにか普通とちょっと違う感じなのがいい。

お話だからふーんと読めるけれど、これ実際だったらこんな感じにはならずにもっとめちゃくちゃになりそうな感じがするのに、そうならないのは、伊坂さんの誘導か、それともじっさい繭美のような女がいるとそうなってしまうのか。完全にありえない話だけれど、なにかリアリティとむちゃくちゃなのに納得させられる感じもあって、伊坂作品の不思議さ、というか巧さにほとほと感心してしまう。そして始まりも終わりも曖昧な感じなのに、それが一番いい形になっている、この物語全体の構成、素晴らしいなあと思う。で、5話目のほろりとさせるところ、6話目になって微妙に変化する星野と繭美、そのあたりも堪らない。

編集者との間でこの企画が持ち上がったとき太宰治の未完の作「グッド・バイ」の続きを、みたいな話から着想したそうなので、太宰さんも読んでみる、かな?

PS
bye bye blackbird という歌は ”blackbird” が何を指すのかによって解釈が分かれるようだけれど、不幸とか不吉なことを指す暗喩といわれているそうで、それならば、こんなよくない状況に別れをつげて、もといたところに帰るよ、というような歌詞になるそう。もともとは女性視点で書かれた歌詞のようで、一説によると売春宿のようなところにいた女性を描いたものだとも言われる。とすると、この伊坂作品の場合は、逆になってるのかな。わざとかな?w

双葉文庫 2013

Amazonで詳細を見る
楽天ブックスで詳細を見る

江國香織 – 抱擁、あるいはライスには塩を

 
まったくもって意味がわからないタイトルだけれど、それは物語を読めばわかる。不思議な(少し世間とはずれた)一家の物語。4人の兄弟姉妹とその両親、叔父伯母、祖父祖母、同居する彼らの物語。ただ祖母はロシア人であり、この一家はみんな少し外国人の風貌をしている。こういうとそう変わってもいないけれど、彼らは古い大きな洋館に住み、一家の方針は”義務教育は家族が子どもに教育を受けさせる義務なのであり、だからこそ学校へはやらずに家庭内で教育を施す”。だから兄弟姉妹は家でのびのびと、嫌な世間知ることなく育っている。

そんな家庭であるのに、ある日父が子どもたちを小学校にやろうとするところから話は始まる。結局それは数ヶ月で終わるものになってしまうのだけれど、そこから仲良く同じように育っていた子どもたちが少しずつ分かれて行く。それは成長ともいえるのだけれど。そして、実はこの兄弟姉妹のうち2人は父が、母が違うということが明かされる。そこから家族一人一人の物語へ。場所や時を越えてばらばらに語られつつもやがて一つにまとまるある家族の大きな波乱に満ちた(そしてまことに不思議な)物語。

一般的に書いてしまうとなんてむちゃくちゃな家族なのか(いろんな家族の寄り集まりである)ということになってしまうのだけれど、そうはなってなくて、その普通なら異常ともとられてしまうような状況なのに、一家は安定して、ある秩序を守ってまとまっている。それがなぜなのか、なぜそういうことになるのか、それがじっくり語られる。

祖父祖母が作り上げた籠の中でしか生きられない(世間とはずれていて生きづらい)家族といえばそうなってしまうのだけれど、そこには家族とか愛人とか継母とか養子とかそういったたぐいのものをひっくるめて、愛といたわり、そして諦観ともいえるもので強く結びついた人々なんだということが徐々に語られて、読者にその大いなる物語が示されて行くのが、なんとも感動的。

いったい江國さんの各人物の姿、数々のエピソード、そういうものをどうやって生み出したのかがとても気になる。それほどにこの100年ぐらいに亘る物語が壮大すぎて。壮大なのに、全体の流れだけでなく、描かれる物語たちのディティールがはっきりしているし。どの人物にも感情移入してしまえるので、ぼーっと読んでいるといまがいつで誰の物語か迷ってしまいそう。

集英社文庫 2014

江國香織 – 雪だるまの雪子ちゃん


野生の雪だるま!

いきなりなんて発想をするんだろう、江國さんは。そしてその野生の雪だるまがいる世界には普通に人間もいて、人間がつくる”野生でない”雪だるまもある。おとぎ話のような、子どもが喜ぶようなお話だけれど、「もっと自由に生きなさい」と大人が言われてるような気もする。

ある豪雪の日に空から降って来た雪だるまの雪子ちゃん。百合子さんの物置小屋に住み着く。冷たいすきま風が絶え間なくはいる小屋が居心地いいという雪子ちゃん。夜更かしとバターが大好き、本を見るのも大好き、でも数字は苦手w 毎夜あちこち散歩をするし、小学校にも遊びにいって子どもたちと雪合戦もしたり。百合子さんたちと語らったりちょっとお酒のんだりトランプしたり。そして夏の間は休眠する、だから夏のことは全然しらない。

結局はいつか「とけちゃう」そうなのだけれど、それだからこそ(本人も知ってる)好奇心旺盛でちょこまか動く姿がかわいい。でも大人なのか子どもなのかわからない感じもしたり。

考え抜いて思いついたという感じではなくて、すっと通り過ぎようとした感覚をしっかり捕まえてそれを大きく膨らませる、それも瞬時に。そして想像豊かに奥行きある世界を産み出す、そんな江國さんの、ある意味江國さんぽい作品だなおもう。しかし字面すら面白いよね、”野生の雪だるま”って。

山本容子さんの銅版画も素敵。

新潮文庫 2013

辻仁成 – ダリア


久しぶりに辻さんの、鋭いというか、感覚が研ぎすまされたというか、少し冷たい、そう、悪徳の美のような印象をあたえる物語だった。ダリアと呼ばれる男がやってきたことからじわじわ変化して行く幸せだった家庭。あとがきで辻さんはある日みた窓からの光景が彼に何か大いなる啓示をあたえ、それを記録しておこうと記した小説だそう。だから、物語も脈絡がないわけではないけれど、辻さんが可能な限りその想像の翼を広げ、細めた眼の隙間から見える光景を克明に、しかも出来るだけ素早く記録した、というような感じがする。

だからとくに物語としての感想はない。あるのは与えられた印象。どうしようもない運命の誘惑に巻き込まれ、抗いながらもそれに甘んじてしまう感覚。ダメだという倫理観を破壊してしまう甘美な匂い。まさに悪徳の美。視覚的でも触覚的でもなく、それらを飛び越えて心や身体の隙間に入り込んでくる言葉で表し難い感覚・印象。それらが同時に、立体的に、四方からやってくる感じ。一瞬の中にある永遠の、そして繰り返される時間。

気をつけないと、溺れてしまう。

”人は生涯覚めながら見る夢の中にいる、とわたしは常々思っている。でも、その思っている私が誰か、そのことを、もう次の瞬間のわたしは、わすれつつある。”

新潮文庫 2012

川上弘美 – 古道具 中野商店


東京近郊の下町にあるちょっと不思議な雰囲気の古道具屋(決して骨董店でないところがミソ)でアルバイトする主人公ヒトミ。その不思議なお店とそこに集う人たちの物語。ダメ男感満載の店主中野さん。その姉で男っぽいマサヨさん。その恋人。そして私が気になる同じアルバイトのタケオ。波風のあまりたたない毎日がたんに流れて行くだけでなく、なにかちょっとしたものを含みながら流れて行く。

古道具屋さんという、最近ではもしかするとリサイクル店という名前に変わっていってしまってるお店の雰囲気、それがすごくいい。ちょっとくたびれているけれど、骨董というわけではなくて、ちゃんと使える味わいのあるものものたち。まったく意味のないものたち。それらが雑然と並んでいるという姿を想像しただけでなんだかほっこりしてしまう。

中野さんと”銀行”という隠語で呼ばれる恋人(だった)サキ子さん、マサヨさんと恋人の丸山、そして私とタケオ。じれったくも儚く、でもなんだか深い恋愛がじわじわとつづいて、付かず離れず、盛り上がりもせず、そんな展開がじれったくも愉快。川上さんの小説にしては湿度もひくく(カラッとはしてないけど)、ほんわかした感じでいいな。出てくる人の顔が想像できそうな、味があっていい。

新潮文庫 2008

東北再び(ジャズ喫茶編)

9月に再訪した東北ですが、被災地などを見回るほかにあちこち観光地(遠野がすごくよかったです。もう一度いきたい)とかお寺なんかもいったのですが、今回の目的の一つは岩手・一関にある名ジャズ喫茶ベイシーに行くことでした。CPのマスターがすごくお世話になったこともあるし、何よりも誰もが口を揃えていう「すごい音」を聴きたくて、です。なので、ベイシーもだけれど、今回の旅では3軒のジャズ喫茶を巡りました。

最初は3月にもいった気仙沼のヴァンガード。半年前と周辺はあまり変わってなかったように見えましたが、もしかするとちょっと建物が整理されていたかもしれません。ヴァンガードは同じたたずまい。今回もピアノソロやピアノトリオぐらいがかかっていて、前回と同じように「上品な音だなー」と思いました。津波での被災後に募金やその他でシステムを入れ替えたそう(いくつかの雑誌に記事あり)なのですが、スピーカーは自作だそうです。

このお店のおもしろい(?)ところは、こういうタイプのお店なのに近所の方がやってきてコーヒー飲んで行ったりするところです。普通ジャズ喫茶て選択肢に入りにくいような気がするのですが、このお店は普通にいろんな人がはいってきて喫茶を楽しんでいます。別にしーんと静かにしないと行けない訳でもないけど、割とみんな静かにしていて、時間が流れて行く、そんな感じです。マスターたちのお人柄もあるのかなーと思いました。たまにライブもやってるそうなので、いつかそんな機会ができたらなあと思います。

ヴァンガード

ヴァンガード

灰皿かわいい

灰皿かわいい

そして2軒目は仙台の繁華街のど真ん中にあるカウント。ビルの1Fの奥まったところにあるのですが、いつもそうなのかはわからないですが扉を開け放って営業されていて、そとまで大音量のジャズがだだ漏れw。いいんかなーと思ってしまうほどです。でも周りも気にしてないようなのでいいんでしょうねぇ。おおらかなり、仙台のひとびと!

ここはALTECが壁際にどーーーーーんと鎮座していて、ソファー席はほとんどスピーカ正面、そして奥にカウンター席があるという感じで、コーヒーもでればお酒もでるという典型的なジャズ喫茶でした。このときは(夜だった)カウンターに仕事帰りぽい方が3名ほどおられただけでソファーは誰もいなかったので、正面を占拠。何より音がでかい!浴びせかけるように鳴っているスピーカの正面にいると何もかも忘れてしまいそうな感じがします。ALTECの芯の太いずしんとくる音が気持ちいいです。ただ長時間いられるかというとそれは分かんないのですけど。レコード2面分ぐらい聴かせてもらいました。この日はサックスばっかりかかってたなあ。

仙台のカウント

仙台のカウント

常に扉は開けっ放し

常に扉は開けっ放し

 

そして3軒目は目的でもあった一関のベイシー。こんなところ(というと失礼ですね)にそんな店があるのかというほど一関はのんびりした街で、でも古い伝統ある街だそうなんですが、なんせのんびりしたところです。その街の中心、一関駅からほど近いところ(歩くと10分ほどか)にベイシーはあります。古い蔵を改装してつくったそうなのですが、入ると左がソファー席でJBLのスピーカが壁際に鎮座、右に店主で執筆家でもある菅原さんの定位置であるテーブル、カウンター、その奥にレコード棚とシステムがあります。

ここはやはり菅原さんがこだわり抜いた音ということもあってかじっくり音を聴きにくる人ばかりで、少なくない数の人が出入りしていました。ここも音がほんとに大きいです。でも(まあJBLが好きだということを抜きにしても)素晴らしくいい音でした。ぜんぜんうるさくなくて、音楽に没頭できる感じ。CPかーちゃんと行ったのもあったのでベイシー楽団のレコードをこれでもかーというぐらいかけてくれたのですが、ほんとライブを聴いているようというか目の前にバンドがいるんちゃうかと思うぐらいの音色、音質でした。そりゃ東日本一、いや日本一、いやいや世界一?といわれる所以です(JBLの社長やらが聴きにくるとか)。ここなら3日間ぐらいいれそうな気がしました。久しぶりにいい音で(システム的にではく、音楽的に、これが大事)聴くジャズは、それだけでいろいろなことが感じられたり、いろんなことを知ることができます。息づかいとか、スタジオやライブ会場の空気感とか、演奏者の考えてることまで透けて聞こえてきそうな感じです。こういう音で聴くことができれば、もっともっといろんなことを学べるのになあ。そのためのジャズ喫茶であり、レコードなんだ、と思いました。

途中から菅原さんのテーブルに呼んでもらって(僕はCPのDVD作ったときに見た写真でしか拝顔したことなかったのですが、それは30年前ぐらいの写真でしたが、面影は全然変わらずでした)いろいろCPマスターのこととか、レコードのこととか、音響のこととか、震災のこととかお話を聞かせてもらいました。3/11の震災のときはだいぶ建物自体が壊れたそうで、修復するのたいへんだったんだよーとおっしゃってました。

システムは変わらなくても、店主が変われば音は変わってしまうもの、それが店の音であり、店主の音。そういう意味のことをおっしゃってました。そりゃ当たり前なのですよね。毎日同じ場所で同じ音を、そして自分の好きな音であるように保ち続ける細かな努力が必要なことですから。そしてモノは変わらなくても少しずつ音は毎日変化してしまう。だから毎日よく聴いて微調整をする。その積み重ねが音となるわけです。それは楽器と演奏者にもいえることですが。だからモノが一緒で扱う人間で音は必ず変化してしまいます。なのでこの本当に素晴らしい音は菅原さんがいてこそなので、またチャンス作って浴びにいきたいです、はやいうちに。

しかし興奮したなぁ。旅程の都合上そんな長くいられなかったのがとても残念でした。

蔵を改装したという、一関ベイシー

蔵を改装したという、一関ベイシー

ほんと、ほれぼれする音です。

ほんと、ほれぼれする音です。

東北再び

 

th_DSC_1452

もうだいぶ前のことになってしまいましたが、9月の頭に3月につづいてまた東北をぐるっと巡ってきました。今回は前回と違って被災地を見て回る以外に別用もあったので、それと兼ねての旅行となりました。前回は震災から3年目にして初めてだったので、目の当たりにした状況というのがいったいいつから続いているものなのか、そして復興作業がどれぐらい進んだものなのかは全然わからなかったのですが、今回はそこから半年経ってどう変化したかを見ることができました。

今回は岩手は釜石から南三陸の海岸沿い、宮城は石巻からほぼ全域、福島はまた相馬から浪江町の手前までをうろうろしました。津波被害のあったところは松島などの観光地を除いては堤防工事がまず進められていました。前回は宮城の南の方で堤防が作られつつありましたが、それがどんどんのびて行ってるようでした。福島の方が工事は遅れているように見えました。岩手のリアス式海岸の入り江もまずは堤防や護岸工事を進めているという段階で、半年前からは変化はあるものの、まだまだ先は長いように見えました。また特に宅地にするような(自治体によっていろいろ町の再生計画が違うでしょうから一概には言えないけれど)ところは護岸+土地の嵩上げをするようで、近隣の山が切り崩されていっていて、いいようにいうと急ピッチで工事が進められているという感じですが、逆にいうとすごいペースで景観が破壊されていってるという印象を受けました。

陸前高田3月

陸前高田3月

陸前高田9月

陸前高田9月

南相馬小高地区3月

南相馬小高地区3月

南相馬小高地区9月

南相馬小高地区9月

宮城・福島県境(宮城方面)3月

宮城・福島県境(宮城方面)3月

宮城・福島県境(宮城方面)9月

宮城・福島県境(宮城方面)9月

とくに広い土地が浸水した陸前高田や本吉地区なんかでは大量の土砂が運び込まれ土地を十メートル以上嵩上げするらしいのですが、半年前にはその土砂はほとんどなかった状態でしたが、半年経って運び込まれた土砂はすごい量でした。が、全体から見るとそれはまだまだ足りてないという状況で、どのくらいで嵩上げのための十分な土砂が運び込まれ、整地され、宅地などになるのか、というのは想像もできず、まだまだ先は長いんだろうなと思わされました。仮設住宅の期限もあるだろうし、町の再生計画の是非もあるだろうし、そもそも住民の体力の持続力もそう長くはなく、いくらでも待てる訳ではないだろうし、、、、果たしてこの基本的な方針がよりよい選択なのかどうか、疑問を感じてしまうところもあります。でも、何か動かさねば何も進まない、ということなのだろうか、と、見てるだけの僕にはその程度しか言えないです。

またこの夏は非常に雨の災害が多かったので、こうやって近隣の山々を乱暴に削ったり、あちこちに積み上げたり、そんなことしていると別の災害を招かないか想像すると怖かったです。現にいっているときも台風がきていたり、仙台や石巻で冠水するほどの短期間の大雨が降ったりと降雨の被害が出ていました。そのあとには立て続けに台風もきましたし。今年はそういう年なのかもしれないですが、とにかく二次災害のようなことにならなければいいなと思います。

また放射線被害で立ち入りが制限されつづけている福島県ですが、3年経ってだいぶ規制範囲が狭くなって来ていて(放射線量は下がって来ているけども、という感じ)帰宅してもいいような、もしくはもうすぐ帰宅できるようになる、というような場所が増えているようで(南相馬)、直接地震や津波の被害のなかった家屋は手入れされていたり(でも住んではいない)、周りの家屋が津波で1階部分が破壊されているにも関わらず綺麗に修繕してある家があったり(でも近所では家屋が取り壊されたりもしてるところもあり)と、帰宅したいけれどあきらめた方/帰宅できることに望みを賭けている方のように、同じような場所でも分かれてきてるのだなと感じました。それでも特に浪江町や双葉町はそのままだし、南相馬でもまだ戻れない場所がたくさんあり、みんなが戻れないことには町が元に戻らないので住めない、ということなんじゃないかなと感じました。ここは津波の被害地域以上に深刻で、いろいろ頑張って作業されている人をたくさん見かけましたが、何がどこまで進んでいるのかはあまり分からなかったです。ただ、放射線被害が軽減された場所においてはがれき撤去が進んだり、除染もいちだんと進めているな、という風には見えました。

南相馬小高地区3月

南相馬小高地区3月

南相馬小高地区9月

南相馬小高地区9月

ただ、3月に行ったときと違って田畑が復活しているところもあったり、単に草がぼうぼうと生えているところもありでしたが、全体に緑色の景色だったので、被災地の荒涼たる姿という感じではなかったです。だからといって何かが変わったわけではないのでしょうが。でも草木というのはほっとするものなのですね。

中央では2020年のオリンピックのための工事も急ピッチで進んでいて、そのために東北復興のための人足が不足していたり、資材が高騰したりしているという話もききます。決してオリンピックを否定する訳ではないですが、せめておなじように注力できないものかと思います。そりゃオリンピックは国を挙げての事業で出場する選手にとっても、それをめざす若者たちにとっても、観戦するたくさんの人々にとっても夢や希望を与えることになるかとは思いますが、せめてそれはみんなが同じ平安な気持ちで臨むものにならないかなと思います。今の状況をみていると、穿った見方をしなくても東北が置き去りにされてるという感が否めません。結局金を持つもの集めたいものの経済活動の一環だ、としてしかとらえられないようなやり方でのオリンピック開催ならばはなはだ疑問が残ります。

これからまた厳しい冬がきて、やがて丸4年を迎えることになるのでしょうけど、被災してから4年経ってもぜんぜん状況が変わらないとはいったいなんなんだ?のようなことにならないようになればいいなと思います。被災地の方々が平安な気持ちになれる日が少しでも早く来るよう祈っています。少しでもと思ってチャリティーなんかもやりますが、それは微々たるものです。なので、とにかく志ある方はボランティアとはいわないから、単に東北に遊びに行ってください。景色はいいしご飯はうまい、空気もうまい、いいところです。僕らはそれぐらいのことしかできないのですから。

カッパ淵(岩手 遠野)

カッパ淵(岩手 遠野)

森の図書館(岩手 大槌町)

森の図書館(岩手 大槌町)

瑞巌寺(宮城 松島)

瑞巌寺(宮城 松島)

中尊寺(岩手 平泉)

中尊寺(岩手 平泉)

四国ふらっと

 

夏の終わりからなんだかぐだぐだしていていろいろトピックがあったにも関わらずブログも書けずにいてしまい、もうだいぶ前のことになってしまいましたが、8月そして9月に久々に四国に足を伸ばす機会がありました。

四国、とくに松山は20代最初のころに清水武志さんに連れて行ってもらって以来、ライブやイベント、ツーリングなどで本当に何度も訪れて、松山の街にも人々にも親しくさせてもらいましたし、方や香川は父が小豆島出身ということもあってちょっとだけなじみがあったけれど遠い場所でしたが、会社員していたころの同期が香川の人で、彼にうどんを教えてもらってハマって以来ずーっと足繁く通っているのですが、両方ともこのところあまり足が伸ばせていなかった場所でした。

—-

8月は本当に久しぶりに松山のJazz In Grestchでライブをしました。ちょっと松山に急いで行きたい用事ができて、そのついで(といってはなんですが)もあってのブッキングだったのですが、たけタケでのグレッチはほんと久しぶりで、また懐かしい雰囲気でした。松山の原点のひとつですし。お店の店構えもだけれど(周りはずいぶん変わってきてた)マスターもママも、そして懐かしいお客さんもたくさん来てくれて、タイムスリップしたような気分になりました。終止あたたかな(というか夏だから暑い?)雰囲気と音でしたし、セッションもすごく盛り上がって、その日が終わるのがすごく名残惜しい、そういえばいつもそんな感じだったなーという感じでした。

今回は予算の都合もあって清水さんと2人でバスでいった(たぶん初めて、いつも車でいくから)のですが、なんだか新鮮でした。途中おもいついたときにどっかに寄り道ー的なことはできなくて残念だったのですが、何度か休憩で立ち寄るサービスエリア、とくに徳島の池田SAに寄ったとき、2人とも「あ!」と思ったようでした。四国独特の空気感というか、においというか。ほんとに懐かしい空気がありました。やっぱり理屈抜きに四国好きやねんなー(好きにさせられてしまった?)と思った瞬間でした。

 

セッション盛り上がってます

セッション盛り上がってます

ごんちゃんも

ごんちゃんも

からすさんや高橋くんも

からすさんや高橋くんも

みさるvs清水さん

みさるvs清水さん

20年変わらん光景

20年変わらん光景

はるの焼きそばも食べた!

はるの焼きそばも食べた!

 

—–

そして9月の終わりには、これまた付き合いがだいぶ長くなって来た徳島のKENZOこと伊藤さんのライブに誘われて徳島にいってきたのですが、たまたま次の日がお休みだったので、一日香川をゆっくりドライブしてきました。これもずいぶん久しぶりのことです。そしてもちろん第一の目的はうどんなのですがw

好天に恵まれたし、最近早起きだし、ほんと久しぶりだったので、懐かしい192号線で吉野川沿いを貞光まで遡って、橋をわたって、美馬から峠を越える道をいきました。山々が綺麗で楽しいです。日曜日だったので谷川米穀店(そもそもこのお店を探しにいったのが長いうどん探訪の最初だったな)はお休みだったのですが、その下流の三嶋、そしてぐーっと西の方へいって山内、そこからとってかえして琴平ぬけてR32の新しいバイパスと追ったりしながらドライブ。飯野山が綺麗に見えてしかもまだお昼前だったのでなかむらへ。なんて贅沢三昧。

三嶋

三嶋

山内うどん

山内うどん

飯山町のなかむら

飯山町のなかむら

もうええ歳になってそんなにうどんも食べられないだろうと思ってたのですが、やっぱりうまいもんはうまく、するする食べてしまいます。一人というペースもよかったのかもですけどね。でも、三嶋ではたぶんいま修行中のお弟子さん(かな?)が、やまうちも代替わりしたのか若い人が、なかむらもあの汚かった鳥小屋が見事に綺麗になって、2代目なのか若い人がうどんを扱っていました。なので、主観ですが、おいしいのには変わりはない(たぶん味も一緒)のだけれど、パンチがない、迫力がない、いい子ちゃんな感じのうどんだなーと思いました。美味しいのですけどね。

歳もくったし味覚もかわったし、当時はやはり衝撃的だったから、そのいいイメージだけもってしまってて、こんな感じがするのかなぁと少々残念な気持ちになりながら、そうそうついでだから(道を憶えてるのもおもしろくて)と前場にもいきました。うどん粉も買わないといけないし(11月にうどんを出すライブがありますw>11/14)変わらず店主が(昔いろいろお世話になった)打っていました。すると、やっぱり同じ味で、ああ、前場やなー、出汁も麺も変わらずうまいなーと思わせてくれた、ということはやっぱり今までの3軒はすこし変わってたのでしょうね。でも何度か行ってみないと分からないですけど。

前場

前場

で、天気がいいので機嫌良く適当に走ってる(こういうときってすぐ横道に逸れてみたり、遊んでしまう)と、あ、陶(すえ)通っていってみよう、と古い街道を走ってると見えてきました「赤坂うどん」の看板。おばちゃん(おばあちゃん?)の顔でもみたろかとお店の前にいくと、なんだかテラス席までできてて綺麗になってるじゃないですか。おばちゃんも変わらず元気そうで、憶えててくれてて「ひっさしぶりやなー」とw

うどんは相変わらず謎の感じで(おいしいともまずいともいえる不思議な感じ、でも癖になる)、うどんもそこそこに畑仕事がどうだとか、玉ねぎを主人とつくったのに主人のほうが大きかったとか、いまトマト作ってるけど食べる?とか(もちろんもらった、うまかった)、そうそう栗拾てきてんけどいる?とか(もちろんもらいましたw)相変わらず赤坂のおばちゃんは愉快でチャーミングでした。すごくうれしかった。

赤坂うどん

赤坂うどん

赤坂のおばちゃんも元気

赤坂のおばちゃんも元気

で、この辺でいい加減おなかもいっぱいのはずなのに、天気もよいから楽しくて、そのまま高松へ抜け、そういえば去年高松行ったのにいけなかった「うどんバカ一代」へ。日曜午後の中途半端な時間でしたが、たぶん近所、高松のひとや僕のように遠方から来てる人などなど満員。でも回転はやくてすぐに入れたので、お目当ての釜揚げバターを。これが、まあできたてというのもあるけれど、なんて美味しいのか!このレシピ考えついた人ほんと素晴らしい。6杯目なのに今日一番美味しいと思いました。おなかの中にはうどんしか入っていないw

うどんバカ一代

うどんバカ一代

しかしこのバカ一代、美味しいのもあるけれど、店の勢いというか「やったるぜ」感がとってもあって、老舗うどん店のようなうまく言えないけど倦怠感というか守りに入ってる感が全然なくて、たべて元気がでる感じでした。ラーメン屋の雰囲気に似てるかも。うどん屋さんてわりとゆったりした雰囲気が多いのですけどね。

その後も屋島いってみたり、11号線を延々とはしって鳴門北のドライブウェイいってみたり、とさんざん回り道してとても楽しく充実した一日でした。

屋島寺

屋島寺

やっぱり四国、ほんといいです。なんかわからないけれど、ほっとする感じがします。たまに行くからかもしれないけれど。そこにある自然も街も、そして人々もすごく好きです。ありがとう。また行きますー!

 

Words Of Forest 3rd Album

先週レコ発ライブを行ったのですが、ドラマー森本太郎率いるWords Of Forestの3枚目のアルバムが発売となりました。アルバムタイトルは「Horoscope」。ここ5年ほどかけて森本くんが書いてきた”星座シリーズ”と呼ばれる楽曲12曲(つまり星占いの星座の数)を収録した渾身の一作となっています。

7月にBig Appleでスタジオ録音したのですが、なんせ12曲なのでライブのように演奏してしまうとCDの収録時間を大きく超えてしまうので、きちんと12曲はいるように計算して作られました。どれも森本くんがその星座をイメージして書いたそうなのですが、もともとは「Canser(かに座)」という曲をたまたま書いたのが始まりで、そこからずーっと星座関連の曲を書いて来たのですから、その労力とイメージ力には脱帽です。曲ができるたびにライブで演奏していたので、レコーディングは割とスムースでしたが、それでも量が多かったので演奏する方もですが、最終的にミックスなどして作品に仕上げるのにはかなりの時間がかかったのではないかと思うのですが、その森本君の努力あって、素敵な作品となっています。

聴いてみると順番にできあがっていった曲と、それをライブで演奏したときの記憶やイメージが蘇ってくるようです。なるほどなーという感じの曲もあれば意外な感じのものもあり、そのまんまやん!というのもありで楽しいです。ぜひ聴いてもらいたい作品です。

いまのところライブ会場(ぼくも持って歩いています)での販売となっていますが、いづれネットや店舗でも扱うようになるのではないかと思いますので、また随時お知らせできればと思います。

Horoscope / Words Of Forrest

1. Sagittarius
2. Cancer
3. Virgo
4. Aquarius
5. Libra
6. Capricorn
7. Taurus
8. Scorpio
9. Gemini
10.Leo
11.Pisces
12.Aries

[member]
森本太郎(ds)
武井努(ts,ss,fl)
今西佑介(tb)
清野拓巳(g)
三原脩(b)

mok-1223 CD
定価\2,000円(税込)

 

horoscope

Home > Archives > 2014-10

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。