ホーム > タグ > 有本羅人

有本羅人

Sanem Kalfaさんと

sanem-takei-seino

3日間に亘るSanem Kalfaさんとのライブが無事修了しました。いらしていただけたたくさんのみなさん本当に有難うございました。

初めましてでしかも単身外国からやってきた方と(どちらかといえば苦手な)コミュニケーションをとり、演奏をするというのは、いろんな意味と側面で難しさとプレッシャーを感じますが、その反面知らないものに触れられる絶好のチャンスなので楽しみでもあります。

サネムさんとはそういう意味ではコミュケートしやすかったですし、何より彼女の声と選んでいる曲たち、何もしばらない自由な音楽が素晴らしく、とてもいい経験ができました。実際なかなかここまで好き勝手にやって、さらにその上に音楽がちゃんと聴き続けられるものとして存在しつづけるというのは難しく、奇跡的な側面もあるかと思います。初めての組み合わせだったのにそれができたと思えるのは、彼女と、そして急遽共演していただいた清野さん、そして羅人くんの力だったなあと思います。

彼女と駅で落ち合って、そして音楽が始まるまではドキドキものでしたが、そこからあっという間の3日間、とても楽しかったです。また近い内に共演できたらなと思います。

重ね重ね、いらしてくださった皆さん、お店のみなさん、清野さん、羅人くん、そしてサネムさん、本当にありがとうございました!

アンサンブル・シッポリィ 1stアルバム

veryshippolly

4年ほど前に結成して活動しているアンサンブル・シッポリィのファーストアルバムが来月末に発売予定となりました。その名も「Very Shippolly」です。

このバンドの音楽は即興的であったりメロディアスであったりするのですが、曲がしっかり構成されていて、いろんな景色を聴くことができます。このアルバムではそんな音楽のもつ豊かな響きや音色、バンドのテーマである「息の重なり」というものを余すことなく素晴らしい音で録音できました。楽器たちの音のうねりや、声とのハーモニー、かさこそいう衣擦れの音さえ、音楽になっています。録音はエンジニアの五島昭彦氏にお願いし、オーディオDCアンプの第一人者・金田明彦が開発・設計・製作した【金田式バランス電流伝送DC録音 システム】によって収録されました。録音の現場にいるかのような生々しく素晴らしい音です。

メンバーは
西島芳(ピアノ、ヴォイス)
武井努(テナー&ソプラノサックス、フルート、クラリネット)
有本羅人(トランペット、バスクラリネット)
中山雄貴(トロンボーン)

そのアルバムの中からまずは一曲試聴してもらえるもの公開しました。短いですが、どんな音なのか楽しんでもらえるかと思います。ぜひ聞いてください。また、来月からそのレコ発ツアーも始まります。たくさんの方にお会いできたらと思います。ぜひ!お待ちしておりますね。アルバムの先行発売も予定しています。詳細はスケジュールで確認くださいね。

2/2(金)名古屋バレンタイン・ドライブ
2/3(土)愛知吉良 jazz club intelsatインテルサット
2/4(日)岐阜 GHOST V. ※昼間です
2/5(月)大阪大正studio T-BONE
2/17(土)東京下北沢アポロ
2/18(日)東京堀切菖蒲園 aire ameno ※昼間です
2/28(水)神戸三宮100BAN HALL

Home > Tags > 有本羅人

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。