ホーム > タグ > Follow Club Record

Follow Club Record

satoko ファーストアルバム

少しアナウンスが遅くなってしまいましたが、先日8/24にヴォーカリストsatokoさんのファーストアルバム『All The Pretty Little Horses / satoko』(Follow Club Record FC-008)がリリースされました。今年1月にレコーディングして、結構完成させるまでに時間がかかってしまったのですが、その分いいものを作ることができたのでとてもうれしいです。satokoさんのヴォーカルに、E.D.F.から清水さんピアノ、西川さんベース、光田さんドラムス、そして僕が入ってます。

スタンダードやsatokoさんのオリジナル、そして清水さんのオリジナル(歌詞はsatokoさんがつけた)などを12曲。それらをいろんな編成で聴いてもらおうと凝った内容になっています。ぼくは5曲参加で、あとは現場のエセプロデューサー役でしたw。

こんなアルバムです。

*****

FC-008

1. All The Pretty Little Horses
2. Everybody’s Song But My Own
3. Pannonica
4. こもれび (Takeshi Shimizu/satoko)
5. Them There Eyes
6. Another True Sight (satoko)
7. Sensual Love (Takeshi Shimizu/satoko)
8. 午後零時の珈琲店 (satoko)
9. We’ll Be Together Again
10. おやすみっていって (satoko)
11. 収束性ドット世界 (satoko)
12. You’ve Changed

[member]
satoko (vocal)
Takeshi Shimizu (piano)
Satoshi Nishikawa (bass)
Jin Mitsuda (drums & percussion)
Tsutomu Takei (sop. & tenor sax)

Follow Club Record FC-008 \2,300(tax in)

[販売元]
BOMBA RECORDS

[取り扱い]
AmazonTower RecordsHMV芽瑠璃堂 ほか

*****

とにかくsatokoさんの、そののびやかで、透明感あって、くっきりした英語や日本語の歌を聴いてもらいたいです。すっと心に入ってくる感じで、とても素敵です。またPVも作りますので、またそれを見て感じてもらえたらうれしいです。よろしくお願いします。

to whole the world

清水さんと2011年ごろからFollow Club Recordという私的レーベルを始めてから2年ほどになり、いままでに再発も含めて6タイトル、そして今後も何タイトルか発売の予定があるのですが、これまでは国内だけの流通にとどまっていました。でも、ぼくや清水さんの作品をもっと世界の人に聴いてもらいたくて(とくに清水さんの作品たちはより好まれるのではないかと思っている)ようやく世界に向けて販売できるようになりました。

そしてもちろん物理的なCDアルバム自体もなのですが、iTunes Storeなどのデジタルコンテンツサービス(日本ではメジャーじゃないけれど結構たくさんあるらしい)を通しての配信/ダウンロード販売も行うことになりました。本当は音楽アルバムというものは含まれている曲たちはもちろん、曲の順番や曲の間の隙間、ジャケットを含めたアートワーク、そしてジャケットの手触りに至るまですべてにおいて心を込めて作ったものなので、簡易にバラ売りするということはそれらの大切な部分(音楽にとっては実質的ではないけれど作品としてはとても大切なものもの)をばっさり切り捨ててしまうような気がして、ためらう部分が大きかったのです。しかしやはりもっとたくさんの人に聴いてもらいたいという想いがあり(はたしてこの先どれだけまた新しいものを生み出せるかもわからないし)今回の運びとなったのでした。

今回始めるのは4作品です。新しいものはもう少し間を置いた方がいいのかなーとも思いますし。これによってまたいろんな人に触れられたら、と思います。ぜひよろしくお願いします。これらもレビューとかありますしね。

iTunes Store(Japan)のリンク先
Live at KOZAGAWA / E.D.F.
Takeshi plays Takeshi / Takeshi SHIMIZU
Take Take / Takeshi SHIMIZU & Tsutomu TAKEI
E.D.F. / E.D.F.

It had been about two years since a private label called Follow Club Record was begun around from 2011 with Mr. Shimizu, and 6 titles was built until now also including re-sale. And there continues to be a schedule of several titles.

It remained in domestic circulation until now. But I want the person in the world to hear the work of me or Mr. Shimizu more, and it can sell now towards the world at last (I think that especially Mr. Shimizu’s works will be liked more).

And although it is the physical CD album itself, distribution/download sale which lets digital-contents service of iTunes Store etc. pass will also be made. In all, it used to put and make the heart until a music album results in the turn of music, the time between music, artwork including a jacket, and a feel of a jacket as well as the music contained. Therefore, I felt that selling in separate parts simply omitted those important portions drastically, and I hesitated very much. However, I made our music the thing which it considers, and it excels and is tried this time of wanting more persons to hear it.

It is four works that begin service this time. If it is touched by persons various again by this is considered. I need your help well by all means. Thank you.

satokoレコーディング

メンバーそしてエンジニアさんたちと

メンバーそしてエンジニアさんたちと

先月末の30、31とボーカリストsatokoさんのレコーディングがありました。これはFollow Club Recordの8作品目になる予定で、完全に一から自分たちの作品以外のものを手がけるのは初めてだったので(溝口恵美子さんのものはライブレコーディングされていたものだったから)、まぁ演奏はともかくとして、期待と不安のないまぜで臨みました。

satokoさん自体もこんなレコーディングははじめてだし、最近はライブも結構詰めてやっていたので曲に対してはバンドも(そう、このレコーディングのバンドはE.D.F.のリズム隊:清水さん、西川さん、光田さん)慣れてきていましたが、でもやはりライブと録音作品は全然違うので、果たしてちゃんとできるかなーと内心不安でした。レコーディングって時間が限られるので、クリエイティブな部分を追いかけすぎると時間がいくらあっても足りなくなるし、初レコーディングとなるとやってみたけど歌えなかった、なんてこともなきにしもあらずなので。でもsatokoさんの歌は心配ないだろうなとは思っていました。ただ楽曲やアレンジが難しいので、イメージ通りになるか、が心配事でしたが。

でも今回は場所こそ初めての(僕は何度か来てる)新大阪のKOKO PLAZAでしたが、信頼おけるエンジニアの猪狩さんにわざわざ来てもらって(from 横浜)、調律も成ちゃんにわざわざ来てもらって(from 和歌山)、準備は万端、終始和やかムードでできたのでよかったです。バンドも気心知れているし。楽しい現場は自ずと結果もついてくるというもので。

結構(1枚のアルバムに含めようとする曲数にしては)多めの選曲でレコーディングに臨んだのですが(全部は収録しないですけどね)、スタンダードなんかはもうほんと見事に1テイクか2テイクぐらいでOKみたいな感じの素晴らしい滑り出しだったのですが、彼女のオリジナル曲のイメージが今ひとつ具体化せずに途中から停滞感が出たりしました。それでも一日目で全曲一応やってしまうというところまで行きました。でも、まぁ全部がOKというところにはほど遠い感じでした。

ということで、1日目に録ったものを整理していると、OKというものは少なくあと1日でできるかなぁと不安でしたが、エンジニアの猪狩さん曰く「E.D.F.は2日目だからねー」。その言葉通り、いろいろ揉めたりした部分もすっきりイメージ通りに落ち着き、当初の予定より早くバンドの録りは終わり、あとは歌の細かな修正や確認作業(歌もほぼ同時録音していた。ブース分けして受けられる恩恵をあんまり使ってないw)を入念にやって(これ大事、でも大変)、2日間の予定を無事終えることができました。いやー、あんなたくさんできるとは思ってなかったなぁ。

まだここからの作業のほうが実際は多いのですが、いいスタートできたので、いいアルバムにきっとなると思います。よかった。みなさん本当にお疲れさまでした!

でも自分たち以外のアルバム制作に携わるってのはとても大変な作業であることが身にしみました。一応役立たずプロデューサー役になっているので、演奏より全体をまとめるほうにすごい神経が必要なんですねぇ。自分の演奏はまぁうーんいけたかな?という感じですが、やっぱりフルートは下手過ぎ(苦笑)ライブとは違いますね、やっぱり。

メンバーやエンジニアの方々との晩ご飯(という名の接待?)を3日間もやったので、きっと太りました。やだなぁ。

 

フォロークラブレコード

まもなく発表できるかなと思いますが、春先から頑張って溝口恵美子さん(Vo)と作ってきた、彼女のグループのライブアルバムが出来上がるのですが、そのアルバムをフォロークラブレコードからリリースすることになり、それにあわせてホームページ(今はこのブログの一ページとして存在してただけ笑)をつくりました。まぁ簡単だけれど。憧れのドメインもとりましたし。

こんなんです

こんな感じですわん

まぁそんな頻繁に更新するようなページではありませんが、リリースしているアルバムについてはもっと細かくいろいろ情報提供できるようにしたいです。試聴できるとかね。

ま、一度覗いてやってください。溝口さんの情報は頻繁にUPされると思います。あとFacebookページの「いいね!」もよろしくです!

http://followclubrecord.jp/

 

4タイトル全国発売

2年前ほどから清水武志氏と組んでFollow Club Recordという自主レーベルをやっており、現在4タイトルを発売しているのですが、昨年10月に全国発売になった『TAKE TAKE』(たけタケ)に引き続き残りの3タイトルも2月15日から全国発売されることになりました!BOMBA RECORDさん、DISK UNIONさん、ありがとうございます!これを機にまだまだ知られていない(でしょうねー)E.D.F.や名盤と誉れ高い清水さんのソロが知られていくとうれしいなぁと思っています。

またAmazonではレビューや「いいね!」を押していただいたおかげでランキングも上がっていってます。本とありがとうございます。『TAKE TAKE』もこれから発売される3タイトルも引き続きよろしくお願いしますー!

Follow Club Record作品をあたらめて紹介します。

「Live at KOZAGAWA / E.D.F.」(FC-001)

Live at KOZAGAWA

Live at KOZAGAWA

2006年10月8日に和歌山県東牟婁郡古座川町にて行われたE.D.F.のライブの音源をCD化。夜空に月がぽっかり浮かんだ幻想的な夜の、自然に囲まれたその雰囲気がそのまま音になっています。
DISK UNIONAmazonTower RecordsHMV

「Takeshi plays Takeshi ? solo piano / 清水武志」(FC-002)

Takeshi plays Takeshi

Takeshi plays Takeshi

待望の清水武志ソロアルバム。長年E.D.F.を率いて独自の世界を生み出してきた清水武志。彼の純粋であるがゆえに透明かつ獰猛なピアノの音色を、彼の美しく切ないメロディーの数々とともに。全曲オリジナル。
DISK UNIONAmazonTower RecordsHMV

「TAKE TAKE / たけタケ」(FC-003)

TAKE TAKE

TAKE TAKE

TAKE TAKE(たけタケ) ? 繊細さと獰猛さを内包した美しいピアノ、やわらかにすべてを包み込むサックス。同じ”武”の字を持つ清水武志と武井努によるDuoユニット。長年共演を続けてきた2人が織り成す美しく、切なく、あたたかな音の世界。2人のオリジナル楽曲で綴る11の物語。
BOMBA RECORDSAmazonTower RecordsHMVDISK UNION

「E.D.F. / E.D.F.」(FC-004)

E.D.F. / E.D.F.

E.D.F. / E.D.F.

2001年録音のE.D.F.ファーストアルバム。時を経ても色あせず、より一層輝きを増し、心に沁みこんでゆく音のしずくたち。古くて新しい、新鮮なのに懐かしい音楽がここにある。
DISK UNIONAmazonTower RecordsHMV

Home > Tags > Follow Club Record

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。