ライブキャンセル等お知らせ(1/17現在)

新型コロナウイルスの感染拡大状況を鑑み、国や自治体からわれわれの主な活動の場所である飲食をともなう店舗の営業時間短縮要請が出されているため、いくつかのライブの開催時間の変更やキャンセルが出てきています。状況は日々変わりますので、ここで更新していきます。

現在ライブ時間の変更やキャンセルになりましたものは以下です。

///////////////////////////////

※二転三転して申し訳ありません、19時スタートです。
1/13(wed) たけタケ@京都ボンズロザリー
 スタート時間 19:30 > 18:00に変更。20:00まで
 スタート時間 18:00 > 19:00に変更。21:00まで

1/14(thu) 武井・中島教秀Duo@尼崎JAMMER
 キャンセル

1/20(wed) MITCH ALL STARTS@大阪New Suntory 5
 スタート時間 19:30 > 18:20に変更。20:00まで
 お店の営業は17時-20時まで、19時酒類ラストオーダーです。

1/21(thu) 池田杏理3@セントレジスホテル大阪
 キャンセル

1/22(fri) 竹田理恵(Org)4@高槻JK Cafe
 スタート時間 19:00 > 18:00に変更。20:00まで

1/25(mon) SOUL SUMMIT New year funk party!!@梅田Mr. Kelly’s
 キャンセル

1/27(wed) たけうまDUO@萱島アナンカフェ
 キャンセル

1/29(fri) E.D.F.@桃谷 M’s Hall
 キャンセル

1/30(sat) ミタケDuo@吉良Jazz Club intelsat
 スタート時間 20:00 > 17:30に変更。20:00まで

2/4(thu) 10テナー@三宮 Big Apple
 スタート時間変更で調整中

2/7(Sun) むーら周年祭@出町柳Jazz cafe むーら
 スタート時間 18:00 > 16;00に変更

2/13(sat) 石崎道男4@篠山市 夛左ヱ門
 キャンセル

///////////////////////////////

これ以外も大阪府、兵庫県、京都府で開催されるライブについては時間の変更やキャンセルなどが出てくるかと思いますので、随時更新しますね。

来場を楽しみにしてくださっているみなさまには、本当に申し訳ないです。しかしこういう時期ですが、開催されるライブに関しては精一杯楽しんでいただけるよう演奏したいと思っておりますので、ご無理ない範囲でぜひお越しくださいね。

宜しくお願いします。

「Dancing Shipplly」リリース!

今年9月に100BANホールにて録音したEnsemble Shippollyの2ndアルバム「Dancing Shippolly」(ダンシング・シッポリィ)がまもなくリリースされます。全国発売は2021年明けて1月6日です!

今回のアルバムはいい意味で、前作「Very Shippolly」を裏切る作品になったんじゃないかと思います。そのタイトルの示す通り、ダンスするかのようにリズム感のある楽曲をたくさん封じ込めました。今回も嬉しいことに僕が書き下ろした曲も2曲入れてもらいました♪

シッポリィの特色でもある4人の息と音の重なりを楽しんでいただける楽曲もですが、西島さん渾身のエディットとミックスで生まれた曲たちもとても楽しいです。はやくみなさんのお手元にとどいて聴いていただきたいです。

発売は以下などで
disk UNION
bandcamp (デジタルトラックも購入頂けます)
HMV
芽瑠璃堂

ぼくもライブにCD持ち歩きますし、ぼくのホームページなどを通して通販も予定しています。

そしてこのライブ開催の難しい状況の中ですが、レコ発もやりますよ!

2021年1月23日(土)
神戸 三宮 100BANホール(中央区江戸町100番地 高砂ビル2F)
13:00開場 / 13:30開演(15:30終演予定)
前売り当日ともに3,000円(ワンドリンク付き)

です。お時間ありましたら、ぜひ応援しにきていただきたいです。同時配信も検討中ですが、これについてはまだ決まっていません。

////////////////////////////////
Dancing Shippolly
[発売日] 2021年1月6日(水)

[member]
西島 芳 Kaori Nishijima (piano/voice)
武井 努 Tsutomu Takei (tenor&soprano saxophone, clarinet, flute)
中山雄貴Yuki Nakayama (trombone)
有本羅人Rabito Arimoto (trumpet, flugelhorn, bass clarinet)

[credits]
Recorded&Mastered by五島昭彦
Mixed byアンサンブル・シッポリィ
Recorded at 神戸100BANホール
木版画 by 尾崎カズミ
デザイン by wildpitch
////////////////////////////////

SEMBA JAZZ プレミアムオンラインライブ

トランペットのMITCHがメインとなって定期的に開催し、毎回さまざまな魅力的なゲストを迎え行われている大阪の船場センタービルでのイベント「SEMBA JAZZ」ですが、今年はコロナ禍のためにずっと休止状態です。

そこでこのイベントでも配信ライブを行うことになりました。実は収録は9月に行ったのですが、準備などに時間かかりまして、ようやく公表できることになりました。期間は11/13-30の間で、有料配信です。パスマーケットというチケットサービスにてチケットを購入いただけますが、どうも難しいという方のためにもメールで申し込むこともできます(この場合は振込になるかと思います)

配信されるライブは、いつものMITCHのご機嫌なオールスターズ(MITCH、武井、富永寛之gt、杉山悟史pf、工藤精b、永田充康ds)に、スペシャルゲストとして、あの歌手の香西かおりさんを迎えての豪華なライブです。実際収録のときの現場は、とても楽しく、熱いライブでした。映像も素敵に撮れていい配信が見ていただけると自負しています。

詳細は以下です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

SEMBA JAZZプレムアムオンラインライブ

日時:2020年11月13日(金)〜30日(土)
料金:2,000円

出演:Mitch ALL STARS
Mitch[tp.vo]/武井 努[sax]/富永 寛之[g]/杉山 悟史[p]/工藤 精[b]/永田 充康 [ds]
<Special Guest>香西かおり

配信ライブチケットのご購入方法<PassMarketで購入>
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01cyxd11adcx2.html?fbclid=IwAR0LdzcBbZNGe27e0kMs_rp6YQDl9QRFiK99HiG7fs66cQNi-g25dvykOWI

購入後に限定配信URLをメールにて送らせていただきます
(少し時間がかかる場合がありますがご容赦ください)

<メールで購入>(銀行振込)
sembajazz@yahoo.co.jp

メールを送る(お名前を必ずご記載ください)

振込先をメールにて返信

振込確認後、限定配信URLをメールにて送らせていただきます 

ーーーーーーーーーーーーーーー

ぜひこの配信をお見逃しなきよう!宜しくお願いします!

いろいろ動画作ってます。

ありがたいことに今年のコロナウイルス感染拡大のためにいろいろ演奏機会や、見たり聴いたりする機会が減っている中、音楽など芸術の現場が疲弊しているのを助けようと国や自治体が補助金などを拠出してくれているので、ライブ演奏だけでなくそれを記録して配信することにトライしています。

買い揃えた機材で他所のライブを収録したり、自分の演奏を撮影したりしてます。このところそれをYouTubeにアップしていってますので、ぜひぜひ視聴してもらいたいです。

この先もぼちぼちアップしていきますので、ぜひYouTubeのチャンネル登録もお願いします!

ねこさんぽ – たけタケ(清水武志pf、武井努sax)
Altair – 武井努sax 永田有吾pf 時安吉宏b 中村雄二郎ds
Careless Love – 武井努&関谷友加里duo

辺境ジャズ2

昨日10/25、辺境ジャズ2と題した大前さん率いるA Piece of JAZZ quartetと西島さん率いるEnsemble Shippollyのライブイベントが無事開催できました。配信もばっちりだったようで、個人的に「武井祭」だったのでいろいろ忙しかったですが、演奏もとても楽しく、良いイベントになってホッとしています。

もともと3月に同じwedgeで大前さんのバンドで配信ライブをして(台湾にいく予定がなくなったのもあった)、こういう普段ライブとかをやっていない場所でのライブであるとか、陽のある時間帯にやるとか、そういう今までのライブハウスやジャズクラブでないところから音楽を届けるということが、また新しい可能性としてあるんだなーっとか思っていたのですが、今回も大前さんの声がけで、Ensemble Shippllyも絡んでの面白い出し物になったんじゃないかと思います。

観覧していた方々もそうだったかと思いますが、どんどん陽が暮れていくのがバンドの背景として見える、というのはすごく素敵なことだなーと思いました。やっぱりwedgeいい場所ですねえ。配信ではわかりにくかったかなーと思いますが、会場内でお客さんが使ってた家具、椅子やテーブルはこのwedgeの西良さんの作品ですし、シッポリィのとき羅人くんや中山くんが使ってた椅子も西良さんのでした。ぼくは切り株に座ってましたけどw (結構具合よかった)

ああいう空間で、その時だけできる音楽をやれるというのはとても幸せなことですし、昨日の組み合わせはまさにそういうものでした。2つのぜんぜん違う性格のバンドを交互にやったらこんがらがるかなーって思ってたんですが、意外と普通に切り替われました^^; でも、実は結構緊張してやってたみたいで、今日えらい疲れてるなーって感じてます。歳ですかねえ。

終わってからのお客さん交えての時間も楽しかったし(フード、今回もめちゃ美味しかった!)良い時間を過ごせてほんとよかったです。

改めていらしてくださったみなさん、ネット配信をご覧くださったみなさん、配信、音響のチーム、フードのチーム、出演したみなさん、そして企画をウンウンいいながら進めて来た大前さんと西島さん、ほんとありがとうございました&お疲れ様でした!楽しかったです。またやりたいな。

Chizuru Ohmae A Piece of JAZZ quartet & Ensemble Shippolly

来たる10/25(日)の夕刻、同じ女性ピアニスト/作曲家の大前チズルさんと西島芳さんが率いる2つのバンドでのコラボライブがあり、そのライブの同時生配信を行うことになりました。6月だったかに大前さんのバンド( A Piece of JAZZ quartet + Ten) で配信ライブをしたwedgeで、またライブをやろうという話がでたときに、大前さんが西島さんを誘ったそうです。

そう、大前さん率いる A Piece of JAZZ quartet と西島さん率いるEnsemble Shippolly、どちらも僕が参加しているのですねえ。密かにこのイベントは武井祭ですw

当日の会場は限定人数での観覧(およびアフターパーティーとして1プレートディナーとドリンク付きの打ち上げあり)になっています。来場されたい方はメンバーに(もちろん僕でも)直接連絡くださいね。配信はインターネットでチケットを購入いただくスタイルになっています(25日0:00まで販売)。

詳細は以下です。

Chizuru Ohmae A Piece of JAZZ quartet &
アンサンブル・シッポリィ (Ensemble Shippolly)完全予約制限定有人&配信LIVE

2020.10.25(sun) 16:00〜
@wedge

出演
大前チズル/Chizuru Ohmae(piano,voice)
西島芳/Kaori Nishijima (piano,voice)
武井努/Tsutomu Takei (tenor&soprano saxophone, clarinet, flute)
中島教秀/Norihide Nakajima(Bass)
清水勇博/Takehiro Shimizu(Drums)
中山雄貴/Yuki Nakayama (trombone)
有本羅人/Rabito Arimoto (trumpet, flugelhorn, bass clarinet)

PA エンジニア:木村義忠(studioKISS)
配信:豊崎映像社

「辺境ジャズ」第二弾は、女流ピアニスト・コンポーザーの大前チズル・西島芳それぞれが率いる2バンドによる初共演。
いわゆる“対バンライブ”とはひと味もふた味も違う、7人のミュージシャンのクリエイティビティを結集してお送りする同時配信ライブです。会場は川西市wedge。元カフェ・ギャラリーHANAREの西良顕行が美しくも遊び心溢れるオリジナル家具を創作する家具工房兼ショールーム。秋の夕暮れ、日本家屋のガラス窓越しの太陽光に包まれながら紡ぎ出す音をお届けします。

<来場を希望される方へご案内>
・開場 15:30
・開演 16:00
・料金 ¥4500(ミュージックチャージ+ワンプレート+ドリンク)
*フード出店 guohan

広い日本家屋を使ったwedge会場内、お好きな場所から演奏を観覧いただけます。ライブ終了後(18:00ごろ)、出演者を交え、ワンプレートディーナー&ドリンク付きのアフター・パーティーを開催します。フード出店はgouhanを主宰する神林あい。作家活動も行う彼女の創作心溢れるおもてなしにご期待ください。
※限定15名様(先着順)

ご予約はこのページか各メンバーに直メッセージをください
wedge
〒666-0017 兵庫県川西市火打2丁目15-24 
090-3628-3017(当日のみ)
https://www.studio-wedge.com/

<ライブ配信鑑賞を希望の方へご案内>
・配信開始 15:50
・開演  16:00
・チケット ¥3000

Passmarketにてチケットをお買い上げいただくと、限定Youtubeリンクがメールにて送付されます。当日見逃しても2週間いつもご覧になれます。

チケット購入はこちらへ https://bit.ly/3nhgL9X
____________

バンド紹介
●Chizuru Ohmae A Piece of JAZZ quartet
2019年7月大前チズルのオリジナル作品集「ROYALFOLKS」リリースして約一年
国産ジャズ最重要アルバムとの評判も高いこのクァルテット
A Hundred Birdsオーケストラのピアニストとして長年生演奏でハウスを奏でてきたキャリアと歌モノ好きでダンスグルーヴすることが最重要な彼女にとって空間を美しくしつらえる現在でのベストなメンバー
大前チズル A piece of JAZZ カルテットは普遍的なJAZZの即興と時代の空気を反映しつつ歴史の区切りに放つスピリチュアルメッセージとも言える2020年、第二作を録音中
<メンバー>
大前チズル/Chizuru Ohmae(piano,voice)
武井努/Tsutomu Takei (Sax)
中島教秀/Norihide Nakajima(Bass)
清水勇博/Takehiro Shimizu(Drums)

●アンサンブル・シッポリィ (Ensemble Shippolly)ピアニスト・作曲家の西島芳が率いる3つの管楽器と声、ピアノによるユニット
「息のかさなり」をテーマとし、ときに即興で、ときに緻密にアレンジされた楽曲を演奏
2018年にリリースした1stアルバム「VERY SHIPPOLLY」では立体的な編曲と即興性、斬新さと懐かしさ、繊細さとおおらかさなど相反する要素を包含するサウンドに、各種音楽雑誌のレヴューからも高い評価を得た
2020年12月2ndアルバム「DANCING SHIPPOLLY」リリース予定。
<メンバー>
西島芳/Kaori Nishijima (piano,voice)
武井努/Tsutomu Takei (tenor&soprano saxophone, clarinet, flute)
中山雄貴/Yuki Nakayama (trombone)
有本羅人/Rabito Arimoto (trumpet, flugelhorn, bass clarinet)

清水行人2Days

今週頭の21,22と愛知でギタリスト清水行人くんのライブとコンサートがあり、盛況のうちに無事終えられました。とてもとても楽しかったです。

もともとこのカルテットは3月にレコーディングとライブを予定していたのですが、このコロナ禍のためにNY在住のベーシスト山田吉輝さんが帰国できなくなったため、その3月はベースに荒川さんがピンチヒッターとして入って1つだけライブをやったのです。

その後今回出演した瀬戸でのコンサートの話が出て、秋には状況はよくなってるかな?と考えていましがが変わらず、このコンサート自体もできるのかどうか?心配していましたが、ケニーズも瀬戸文化ホールもスタッフや主催のみなさんの努力で今回こうやって開催することができました。

21日ケニーズに半年ぶりに集まったメンバーでしたが、リハからいい感じのサウンドで(半年の間に熟成された?)これは楽しい2日間になるだろうなという予感がしました。実際蓋をあけてみると清水くんやお店の頑張りあってこの時期とは思えないお客さんに来ていただいて盛況(でも静かw)なライブになりました。個人的にギターとやるのはとても好きで、同じ音符を(たとえばテーマの時なんかに)吹くと自分の音とギターの音が絶妙に混ざって自分の音がどれかわからなくなる感覚がとても楽しいのです。そんな場面がたくさんありました。もちろん清水くんの曲がどれも素晴らしいというのはいうまでもないです。また僕の曲もやってもらえたのですが、これがまた素晴らしい演奏で感動しました、嬉しかったです。

そして瀬戸文化ホール。ちょっと早めに瀬戸についたので深川神社にお参りして(鰻屋さんのTは行かず、たぶん6年ぶりに訪れた)、てくてくあるいてホールまで行ったのですが、思ってたより遠かった!ホールは築は古いそうですけど改装もされて立派で綺麗なホールで、広い舞台に4人だけという贅沢を味わわせてもらいました。収容人数も制限した中でのコンサートでしたが、うまい具合にお客さんを散らして座っていただいたので、すごくたくさん入ってる感じがしましたが、実際には1500人入るホールに150人限定だったのです。でもとてもあったかな時間になったと思います。主催の瀬戸文化振興財団の方々やスタッフの皆さんの熱量、聞きに来てくださったみなさんの期待と優しさゆえです。この日も短い時間ながらとてもいいコンサートになりました。

コンサートまで少し時間があったので隣の瀬戸市美術館に入ったのですが、実は焼き物は全然わからないのですが、この日展示されていた加藤華仙の作品はどれも品があっていいなーとおもいました。モダンすぎず素直な感じで、よく見るとすごい凝ってるなーと思うのですが全体としてはゴテゴテしていない感じが好きです。いろいろあってどれもいいなーと思いましたが、どうやら僕は黄瀬戸が好きなようです、あの色の感じが!

2日間とてもいい時間を過ごせて幸せです。改めてケニーズのみなさん、瀬戸文化ホールのみなさん、いらしてくださったみなさん、清水くんはじめメンバー、本当にありがとうございました!またやりたいねー!

8/21 大前バンド生配信します

前回6/5の無観客ライブ配信を好評いただいたピアニスト/作曲家の大前チズルさん率いるA Piece of JAZZ quartetですが、今月21日のライブも生配信(アーカイブも残ります)することになりました。今回は制限もありますがお客さんも入れての配信になります。

もちろんRAGに来ていただいて観覧していただけるのが一番嬉しいのですが、前回お見逃しになった方、少し興味あってこのバンドの熱いライブを覗いて観たい方、会場に来れない方などなどぜひ配信をぜひご覧になってください。いいバンドでいい音楽だと思います。RAGは配信に力を入れていて映像も音も高品質になっていますよ。

前回の配信の様子

今回はゲストにタカツキさんも。より濃い内容でお送りできるのではないかと僕も楽しみにしております。ぜひ!

8/21(Fri) Chizuru Ohmae A Piece of JAZZ quartet
京都 三条木屋町 Live Spot RAG 075-241-0446
1945- 前\3,000 / 当\3,500 / 配信\2,000
[メ] 大前チズル(P,Voice)、武井努(Sax)、中島教秀(B)、清水勇博(Ds)
ゲスト:タカツキ(Spoken word Rapper)

(RAGより転載)
*配信ライブのアーカイブを一週間残しますので、当日ライブにお越しの方でご希望の方にはもれなく配信URLをお渡し致します。

*配信ライブは RAG WEB SITE より「RAG NET LIVE」の視聴券をご購入ください。

*お支払い方法は「クレジットカード決済」「コンビニエンスストア決済」「銀行振込」からお選びいただけます。クレジットカードをお持ちでない、またはRAG NET LIVEの決済においてお手持ちのクレジットカードを使いたくない場合、プリペイドカードでもご利用いただけます。こちらをご参照ください。銀行振込の場合、公演前日15時までの手続きが必要となります。土・日・祝日の公演は直前の木曜日15時までにお手続きをお願いいたします。※振込期限を過ぎますと、ご購入の確認が翌週となります

*ライブ当日、開演2時間前までにお申し込みいただいたメールアドレスにライブ配信URLをお送りします。

*VimeoもしくはYouTubeを使って配信する予定です。

*アーカイブは 8/28(金) 23:59 まで残します。

*視聴券の販売は当日のライブ終了時点(22時頃)で終了いたします。

*当日、動画のご視聴ができない等、問い合わせホットラインは Live Spot RAG 075-241-0446 まで。

*この中継による映像および音声には著作権があります。録画・録音はご遠慮下さい。

*配信に際しては新型コロナウイルスへの感染防止対策として、ライブ会場の換気、消毒を行い舞台上の各出演者の距離を広く取り、出演者・配信に関わるスタッフの手洗い、咳エチケット等を徹底し行います。

YY’s Especialライブ配信しました

昨夜7/22はベーシスト山田さん率いるYY’s Especialのショビシュバでのライブでしたが、直前になってから同時配信もすることになり、試行錯誤と緊張の中、無事終了しました。お客さんもいて配信も同時にというのはなかなかヘンテコな緊張感があるものです(いつものライブはもっと気楽に好き放題喋ったりしてるのですが、迂闊なことがいけないw)。

そんな、いい緊張感の中、最初は縮こまった感じもしましたが、徐々に楽しんでできました。メンバーもお客さんもお店のみんなも楽しい人たちなので、結果いいライブとその配信だったと思います。

アーカイブも1週間程度のこってるそうなので、お時間ありましたら、是非ご覧になってくださいね。山田さんの耽美的な世界観が広がっています。

アーカイブはこちら(YouTubeです)
https://youtu.be/WrxgXesqLLw

またドネーション(寄付)も受け付けています(https://bahia.thebase.in/)。よかったなーと思われたら是非お願いします(ページを開くと一瞬あれ?となるかと思いますが、左上の「donation」と書いてあるアイコンです。

『Y.Y’s Especial』
山田良夫(Cb,Composer)
武井努(T-Sax)
おーたかずお(Pf)
村上孝則(Perc)

The Symphony Hall Big Band Vol.15

先日The Symphony Hall Big Band Vol.15の公演が無事終了しました。ご来場いただいた沢山のみなさま、本当にありがとうございました。

公演自体の企画はずいぶん前に日程も出ていたのですが、コロナ禍がここまで長引いてしかも収束する気配すらないという中、開催をどうするか主催側でずいぶん検討されたと思うのですが、こんな中だからこそ開催できて本当によかったと思っています。

リハーサルで久々にホールを訪れたときに、その対策の徹底さ加減にびっくりしましたが、本番当時にはそれがさらに強固になっていて、個人的には「ここまでしなくてもいいのでは?」と思うほどでしたが、これらも、僕たち以外にも(全国的に)ホール公演というものを続けて行くために主催側が念には念を、と考えてされた対策だったと思います。お客様がステージ近くに座らないようにすることから始まり、客席の間引き、演者の前にはアクリル板、そしてホールの空気は10分ごとに入れ替わるそうですし、殺菌作用のある機会もあちこちに設置されていました。すごいです。本番当日はカフェ営業や物販もなしでした。

感染者数も増える中ちょっと心配もしていましたがゲストの古澤さんも無事やってこられ(公演中はずーっとマスクを着用、しんどくないんですかねー)、和やかにリハ、そして本番を迎えることができました。

今回はラテン系の曲中心のプログラムだったので、本来ならば賑やかに掛け声も飛び交うような予定だったのですが、感染予防のためにグッとこらえて、少し仕掛けもして(笑)、最初は少し雰囲気も硬かったような気がしますが(それは演者もお客様も)、プログラムが進むにつれてノリもよく和やかになって、古澤さんの素晴らしいバイオリンとお茶目な(?)おしゃべりもあって公演は熱を持って最大限に盛り上がりました。

ほんとこういう中で、この大好きなホールで演奏できて嬉しかったです。普段出入りするライブハウスとはまた違った魅力があります。放たれた音そのものを楽しめる、という感じです。リハのときも、少し音を出しにステージに上がるときも、もちろん本番でソロを吹く時も(今回はまったく一人ってシーンをもらえて、実はすごく楽しんでました)。こんな素晴らしい場(もちろんそのほか全国に数多あるホールがそうでしょう)での音楽を止めたくはないです。今はすごく苦しく大変な対応をしながらのスタートになってますが、なるべく早い時期に相応の対策をもって通常通りのコンサートができる日がくることを願って止まないです。

そのためにも、少しでもこの新型コロナというものに対する知識を身につけて”正しく怖がる”ことと、それに伴って各々の意識(気づき)をもって対策することが大事だと思います。我々音楽業界は音楽を止めたくはないですし、もちろん生きていかねばなりません。なんでも止めて補助金もらってじっとしている、というのでは後退して行くばかりだと思います。いろいろ世間では音楽の現場やその周りで新型コロナに関する騒動がありますが、十把一絡げにせずにひとつひとつをちゃんと見て欲しいです。今はほんとうにどの現場でも努力しておられますので。もちろん僕たちも気をつけていきます。ですので、こういう大きな公演が徐々にでも再開して進んで行けるよう、応援していただけたら嬉しいです。

最後になりましたが、改めて今回の公演にいらしてくださったみなさま、応援してくださったみなさま、スタッフやホールのみなさん、そしてメンバー、何より古澤さん、ありがとうございました!