ホーム > タグ > LIVE

LIVE

小濱・武井西日本ツアー

kohama-takei-coltrane

小濱さんとのツアー、無事終えられました。いい経験できたし何より楽しかったです。いろいろ変化したような気がします。

各地でいらして下さった皆さま、お店の皆さま、なかにしさん、萩原さん、倉田さん、平手くん、杉山くん、そして小濱さん、本当にありがとうございます。始まる前は長いなーしんどいなーと思っていても、終わってみれば一瞬で、寂しく、またどっか行きたいなーと思う自分が可笑しいです。

(写真はSさんより、草津コルトレーンにて)

Jazz At Sanjo

0818sanjo1

昨日8/18に京都の三条界隈で開催されたJAZZ AT SANJOに初参加しました。暑い中たくさんご来場頂き本当にありがとうございました。トップバッターということで、へんな緊張感ありましたが、メンバーの力と、歴史的な建造物の響きのよさに助けられて、いい時間を紡ぐことが出来たかなと思っています。

短い時間でしたが目一杯やってしまいましたし、ホールの響きで滑舌の悪いMCがますます聞き取り難かったというご指摘もありましたが(^◇^;) たのしんで頂けてたら幸いです。

僕たちのあとの山内詩子さんのグループも素晴らしい演奏でしたし、第2部のビッグバンドもゲストの片山さんの歌も牧山さんのバイオリンも素敵でした。そしてアフターのセッションまでみっちり出演させて頂いて目下クタクタですが、とてもいい経験させて頂きました。ま機会あれば、と思います。

そして何よりこの暑い中、準備や進行、その他色々な作業をしていただいたスタッフの皆さん、各会場のみなさん、出演者の皆さん、そして中村くん、米澤くん、永田くん、本当にありがとうございました&お疲れ様でした!

写真はSanoさんから。素敵です。ありがとうございます!

0818sanjo2

0818sanjo3

0818sanjo4

0818sanjo5

たけタケ@ジャズライブKOBE

taketakenhkkobe
先週14日金曜日、NHK神戸放送局の夕方の番組「Live Love KOBE」にたけタケ(清水武志pf。武井努sax)で出演しました。放送は兵庫県内だけで生放送だったのですが、今日から一週間だけwebでもご覧になれるようになっています。放送用なので、いつものたけタケとは違いスタンダードを演奏している(East of the sun、You don’t know what love is)のですが、ぜひぜひチェックしてくださいね!

ジャズライブKOBE 6/14放送分

KOBE JAZZ DAY 2019レポート

4月に行われたKOBE JAZZ DAY 2019の模様がレポートされています。今から思い出してもPedroさんとの演奏はとても楽しかったし、刺激的だったし、いろいろ教えられました。イベントも中高生から大人まで本当にいろんな人が出演していて、大きないいイベントだなと思いました。また来年も参加できたらいいなと思います。

とてもいいレポートなので、行けなかった方も行った方もぜひ。

KOBE JAZZ DAY 2019 ライブレポート

Pedro Giraudoツアー

Pedro tour

先週のことになりましたが、ベーシストのPedro Giraudoさんのツアーが無事終わりました。

彼はNY在住で、その音楽はジャズのフォーマットの上に乗っているけれど、自身の出身であるアルゼンチンの色が濃く出ていて、さらにそこにいろいろなものが見事に融合していました。当初譜面を見た時は不安になる程の難しさでしたが、5日間のリハーサルや演奏を通してバンドもよくなっていったし、何より彼の音楽を少しずつ理解していって、それが演奏に反映されていくのがとても楽しかったです。

彼の音楽に対するイメージはすごくはっきりしていて、演奏上の細かなニュアンスや自分が鳴らしている音やフレージングの考え方について実に細かく指摘してくるのが印象的でした。また昨年少しだけ共演したボースフューレンのときに感じたのと同様に、意外に小さい音で演奏するということが大事なのだと強く意識させられました。

実際あまり大きくない音での演奏のほうがリラックスするし、楽器自体もいい音で鳴らせられるし、アンサンブルもしやすいです。とくにこういうアコースティックな音楽はステージ上でもほぼ生で演奏したほうが結果的にいい音になるので、アンプやモニターをなるべく使わず、人間の力だけでバランスをとったほうがやり易くていいアンサンブルになります。若い時はレコードで聴いた印象だけで音の大きさ=迫力みたいに勘違いしていましたが、実際の迫力はダイナミクスとアンサンブルの作り方であって、より大きな音を目指すのではなく、よりよい小さい音を目指した方がダイナミクスはつけやすいということに今更ながら気づかされました。

本当にいい経験になりました。こんな機会を作ってくれたプロデューサーでもある広瀬くんや高橋くん、李くん、ありがとうございました。今の関西のジャズシーンをいろいろ広げてくれているのは彼らの世代の努力と行動です。ほんと頭が下がります。僕らももっと力になれたらと思います。またこういう機会があればぜひ参加したいです。

ライブレコーディング

20181208leclub

12/8の京都ルクラブジャズでのライブにいらしてくださったみなさま、本当にありがとうございました。ライブレコーディングということで緊張もありましたが、聴いていただけたみなさんやメンバーのおかげでとても楽しく演奏できました。いろいろやらかした面もありましたが^^;

どんな音が録れているのか聞くのが怖くもあり、楽しみでもありです。いい感じにまとめてまたみなさんにお聴かせできたらと思っています。信州JAZZ民の水谷さんと頑張って作り上げたいと思います。

改めて、聴いていただけたみなさん、メンバー、ルクラブのみなさん、そして信州JAZZ民のみなさん、ありがとうございました!

Selen Gülün さんと

20181203selen

昨夜はケリーズでSelen Gülünさんのツアーに1日だけ参加しました。トルコと日本を行き来しているというセレンさんの音楽はジャズのフォーマットでやっているけれど、やはりどこか知らない文化圏の匂いがして、とても刺激的で、演奏もとても楽しかったです。ご一緒した大塚さん(B)、勘座さん(Ds)も素晴らしく、一年ぐらいやっているというのもあってかバンド感がでてて素晴らしかったです。

なんせ人見知り気味の僕なので、昨日会場に入るまで人も様子も曲もわからず結構緊張して迎えたのですが、みなさん気さくだし、音は楽しいし、というのですぐに馴染めました。セレンさんは楽曲も素敵だし、演奏も人柄もおおらかで一緒にやっててとても楽しいです。

またライブ前にみんなでトルコ料理を食べにいったのもよかったのかも?w 初めて(まともに)食べたトルコ料理は薄味にスパイスをうまく効かせて素材の味を引き出している感じで、何を食べても美味しかったです。パイのようなパンのようなナンのような(結局名前はわからない、とセレンさんも言ってた)ものがとても美味しくて。食べてる端から健康になっていくような気がする食べ物でした。

セレンさんの音楽は、いままで経験したことないようなサウンドの連なりで、シリアスになったりクールだったり、暖かな感じがしたり、いろいろな景色を感じましたが、その根底にはすごく健康的な精神があるように感じられました。やはりそれもトルコ料理と同じような精神があるのかもなと思いました。

まだまだ知らない文化はたくさんあって、そこには独自の音楽や精神がある、そういうのを以前よりよく感じるようになってきた昨今、こうやっていろんな場所の肩と演奏できるのは幸せで楽しいことです。まだ見知らぬ人たちともっと出会いたいです。昨夜いらしてくださったみなさん、本当にありがとうございました。セレンさんのツアーはまだ続きます。いいツアーになりますように!

[ngg src=”galleries” ids=”7″ display=”basic_imagebrowser”]

MITCH ALL STARS@豊橋・岡崎

20181104-1

毎年楽しみにしているMITCH ALL STARSでの岡崎ジャズストリートへの出演、今年も無事終了しました。岡崎ジャズストリートはもう10回目の出演になりました。また一昨年からは前日に豊橋でもライブをやらせてもらっていて、毎年この時期には愛知にいくというのが恒例になっていて、しかもこの3日だけのメンバーなので特別感もとてもあり、学祭とかお祭りのような感じがしてて、始まるまではすごくワクワク、終わってしまった今はちょっと抜け殻のようになってしまいます。

音楽もメンバーも最高で、同じことをやっても違うことにチャレンジしてもいつも面白いのですが、やはり毎回たくさんのお客さんに聴いてもらえて(必ず毎回来てるよーと言ってくださるかたもちらほら)、応援してもらって、楽しんでいただく立場なのに、僕たちが逆に育ててもらっている感じがします。小さ目のライブハウスでじっくり音を紡ぐのもいいですが、こういうフェス的な雰囲気のなかでたくさん寄せられる期待の空気(実際これすごくわかるんです)によって、自分が普段とはもっと違う世界へ誘われ、普段とは違うパフォーマンスが引き出され、それにより音楽がもっと上へと昇華していく感じは何者にも変えがたいものです。素晴らしい経験を毎回させてもらってて、ほんと感謝ばかりです。

今回岡崎ジャズストリートの2日目はドラマー森山さんのトリオ(森山威男ds、田中信正pf、今岡友美vo)との対バンだったのですが、このトリオが本当に素晴らしく、かっこよかったです。いいもの聴けて嬉しかったです。この4月にもご一緒させてもらったこともあって森山さんとは少し親しくもなれてたようで嬉しかったです。またご一緒できる機会あるといいなーと勝手に切望しています^^;

また来年もこのメンバーでぜひ豊橋ハウスオブクレイジー、岡崎ジャズストリートに出演したいです。

お世話になった豊橋、岡崎のみなさん、ハウスオブクレイジーそして岡崎ジャズストリートのスタッフやボランティアのみなさん、あちこちで会えたミュージシャンのみなさん、メンバー、そしていらしてくださったみなさん、本当にありがとうございました&お疲れ様でした。また来年、です!

20181104-2

山藤ぶどう園

野外での演奏は気持ちいいー(photo by K.Okamoto)

野外での演奏は気持ちいいー(photo by K.Okamoto)

先週末のMITCH ALL STARSの北陸ツアー、とても盛り上がり楽しかったです。金沢、氷見、富山とお会いできた皆さん、本当にありがとうございました!

もっきりやはマスターを筆頭にみなさん本当に音楽が好きで、というのがすごく伝わってきますし、音もすごくいい。氷見は去年にひきつづきさる企業のイベントでしたが、今年もいろんな国の人も交えて盛り上がりましたし、いろいろ美味しいものいただいてハッピーでした。

そして最終日は富山の山藤ぶどう園ホーライサンワイナリーだったのですが、天気に恵まれたのもありましたが、ここがすばらしいロケーションと、美味しい食べ物、そして何より素晴らしく美味しいワインで、この日フリーマーケットのイベントに混じって野外で生音で演奏していたのですが、もう自分たちが演奏してるというより、大自然の中でもてなしてもらってリラックスさせてもらっている、という感じでした。大きな空、緑の大地、美味しい空気、楽しい仲間、他に何がいる?という感じ。

ワインも(もちろんぶどうも!)とても美味しくて、そしてネーミングの妙があったりして(くせもの、とか、あさっぱら、とか、みぞおち、とか)楽しいですし(ぼくはくせものが好みでした)、またラベルが素敵なんですよねえ。レコードやCDもそうですけど、まず目にする部分、レコードだったらジャケットだし、ワインだったらラベルですけど、それが中身のイマジネーション沸くものであると同時に必要な情報を書かなければならないわけで、デザインとしてはとっても難しいと思うのですが、見事にシンプルでポップで手に取りたくなるデザインでほんと素敵でした。デザイナーさんともいろいろ話できて、音楽との共通点あったり、全然違うところもあったりして楽しかったです。

一日中外で、食べたり、飲んだり、たまに演奏したり、日が沈んでいくのを見たり、贅沢な一日を過ごさせてもらって、ツアーとしてもいい仕上がりだったし、心と体を洗濯してもらいました。これも何もかも、この山藤ぶどう園の山藤さんの大きな家族とそこに集まる人たちの情熱からきてるんだろうなあと思いました。本当に素敵なことだとおもいます。

いやー、またはやく帰りたいです、山藤ぶどう園へ。収穫の時とか楽しいんだろうなー^^ ほんと、いろいろありがとうございました!また必ず訪れますね!>山藤ぶどう園のみなさま。

th_IMG_4541
th_IMG_7918 th_IMG_4583
th_IMG_4543

The Symphony Hall Big Band Vol.10

tshbb10

先日のThe Symphony Hall Big Band Vol.10 にいらしてくださった皆様、ありがとうございました!記念すべき10回目のコンサートはスペシャルゲストにギタリストの押尾コータローさんを迎えて、本当に楽しい夜になりました。

今回は節目ということもあって、ゲストの押尾さんにはいままでのコンサートよりもたくさんの演目に出演いただきました。押尾さんのギターから奏でられる曲や音はどれも素敵で、そこにビッグバンドの音が重なって、いいコンサートになったのではないかと思っています。何よりステージの上で演奏したり、話したりされる姿から、本当に音楽がギターが好きで、そしてこのシンフォニーホールで演奏できるのが楽しくて、というのが伝わってきて、ご一緒しているこっちまでが笑顔になってしまいました。実際「笑顔で見てくれてて…」と言われちゃいましたし。そんなニコニコしてたのですかねw

改めて、このビッグバンドに参加して数々の貴重な機会をもらい、演奏や音楽の喜びを体験させてもらっていることに感謝しています。そしてバンドやコンサート運営に携わる皆さんにも感謝します。ホール自体もその音も本当に素敵で好きです。その感謝に応えるには自分はまだまだと思っていますが、これを機会にまたより精進していきたいと思います。また、バンドは結成から2年あまりで10回のコンサートを催してきましたが、もっといい演奏を、このシンフォニーホールならではの企画を、そして何よりいらしてくださる皆さんが音楽を楽しみ、耳も心も満たされること、を目標に、また心新たに頑張っていきたいと思います。

今後の予定は
Vol.11 7/24
Vol.12 10/30
Vol.13 2019/1/22
です。通し券も発売されています。

よりパフォーマンスを上げていくバンドを、シンフォニーホールを、ぜひご覧になりに来てくださいね。お待ちしておいます。よろしくお願いしますね!

Home > Tags > LIVE

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。