ホーム > タグ > LIVE

LIVE

中島武井清水トリオツアーありがとうございました!

20170822

昨夜のBorn Freeでのライブをもってこの夏の中島教秀B、武井努Sax、清水勇博Dsトリオのツアーが無事終わりました。聴きにきてくださったみなさん、本当にありがとうございました。

今回のツアーは清水くんの一時帰国に合わせて飛び石的なスケジュールになりましたが、本数こそ少なかったですが、あちこち訪れることができてよかったです。その土地土地にいかないと会えない方々も多いですし、その場所でやる音楽の雰囲気も全部違っていて、全部たのしいものなのです。旧友や懐かしい人に会えたり、しばしば顔を合わせる方と話したり、お店の方と再会を喜んだり話したりできてよかったです。

驚いたのは、初日に集まってぱっと音を出した時に、半年ぐらいのブランクが何もない感じがしたことでした。まるで昨年末のツアーが昨日だったかのように馴染んだ感じがしました。そして何よりこの3人でツアーをしてて、まあ今回は旅っぽかったのは岐阜〜山代温泉〜名古屋の三日間ぐらいでしたが、車中でもご飯食べてても演奏してても何かと楽しく、家族というか兄弟のように過ごせたのがよかったです。ほんと車中は下らないことばっかりしゃべってますけどね(食べ物のことが大半を占めてたようなw)。でもそんな時間が確実に演奏にも反映されていって、ツアーしながらいろいろ形が出来上がったり壊れたりしていくのが楽しかったです。

このトリオの次の機会はまだ全く決まっていませんが、清水くんがまた一時帰国するような機会があったら、3人で集まってちょっとでも音を出せたらと思っています。その時にまた少し変化しているであろう3人の音を聞いてもらえたら嬉しいです。

あたらめて、今回のツアーを聴きにきてくださったたくさんのみなさん、お店のみなさん、ありがとうございました&お世話になりました。中島さん、清水くんお疲れ様でした!楽しかったですー!

 

tojinbo

東尋坊にもいきました。 命名:がけっぷちトリオ

 

 

新譜到着!

20170809cd
いよいよ本日8/9から始まる中島教秀・武井努・清水勇博トリオのツアーに合わせて、新譜「BLUES IN THE SKIES」が仕上がってきました。ジャケットの印刷がうまくいかなくて字が読めないーと言われる夢までみたりしましたが、今回も教秀さんのいい写真もあって、いい仕上がりになったとおもいます。もちろん中身の演奏もです。

ツアーにももちろん持って行きますし、その他のライブにも持っていきますので、ぜひ聴いてくださいね。よろしくお願いしますね。

ツアーは本日から

8/9 岡山 SOHO 080-4558-8386 19:45-
8/10 豊中 我巣灯 06-6848-3608 19:30-
8/14 大阪 難波千日前 B-ROXY 06-6633-8215 20:00-
8/18 岐阜 Island Cafe 058-213-7505 19:30-
8/19 石川 山代温泉 Swing 0761-77-5772 20:00-
8/20 愛知 名古屋 Valentine Drive 052-733-3365 19:30-
8/22 神戸 Born Free 078-441-7890 19:30-

です。各地でみなさんに会えることをとても楽しみにしています。ぜひ!

2017summer2

中島教秀・武井努・清水勇博 2017夏ツアー

2017summer2

昨年秋にツアーをしたこのトリオ、清水くんの一時帰国にあわせて再びツアーを行います。日程もさほどとれなかったので前回ほどあちこちいけないのですが、その分濃いツアーにしたいなーと思っています。コードレスのこのトリオ、教秀さんや僕の曲もですが、いつも刺激的で何かが起こってとても楽しく目の(耳の?)話せない演奏になります。

お盆あたりの日程になりますが、お時間ありましたら、ぜひいらしてくださいね。お待ちしております!

———————
■ 中島教秀・武井努 Duo feat. 清水勇博 2017 Summer Tour

8/9(Wed) 岡山 SOHO 080-4558-8386
19:30- 前\3,000 / 当\3,500
※2ndステージ以降にセッションも予定しています。奮ってご参加を!

8/10(Thu) 豊中 我巣灯 06-6848-3608
19:30- \2,500

8/14(Mon) 大阪 難波千日前 B-ROXY 06-6633-8205
20:00- \2,500

8/18(Fri) 岐阜 Island Cafe 058-213-7505
19:30- \3,500
※最近移転して、場所が少し変わりました。

8/19(Sat) 石川 山代温泉 Swing 0761-77-5772
20:00- \3,500

8/20(Sun) 名古屋 今池 Valentine Drive 052-733-3365
19:30- 前\3,000 / 当\3,500

8/22(Tue) 神戸 摂津本山 Born Free 078-441-7796
19:30- \2,500
———————

熱帯Super Jam 飛鳥Ⅱ 夏の鳥羽クルーズ

20170720-1

先週、本当に久しぶりにパーカッション&ボーカルのカルロス菅野さんの熱帯Super Jamに参加しました。このところお誘いいただいてもなかなかスケジュールが合わなかったりして行けなかったのですが、ようやくです。しかも今回は船旅。日本船籍でいちばん大きな客船”飛鳥II”のクルーズツアーの中でのイベントとしての演奏でした。

船自体での演奏もほぼしたことないですし、ましてやこんな豪華客船なんて乗るのが初めてなので、乗る前からワクワクしていたのですが、乗ってみるとそれは期待以上でした。やっぱりいいですね、船は。レストランやカフェもあれば、プールもあるし、大きなお風呂もあるし、一般的な客室を使わせてもらいましたが、長旅に対応できるようにウォークインクローゼットもありましたし、ソファーもあってのんびりくつろげる客室でした。

もうそういう文化はなくなってるのかなーと思っていたら、出港時には紙テープ投げも(もう20年ぶり以上だったかも、やったの)あったり、鳥羽では赤いハンカチーフを振って別れを惜しんだり、それらを乗客みんなで楽しんだりも。夜はメンバーの一部で船内のカジノでブラックジャックでやたら盛り上がったり(国内なので賭けはないですけどね)、食べるものもなんでも美味しく、メンバー&スタッフ一同で船旅を存分に楽しみました。

そしてもちろんメインイベントである演奏もすこぶる楽しかったです。ラテン自体も大好きですが、こういうセッションは刺激的ですし、とくに今回は初めましてのメンバーが半分だったので、彼らと音を合わせるのが非常に楽しく、コンパクトなステージでしたが存分に楽しみました。もちろん聴いていただけたお客さんもそうだったらいいなーと思っています。カルロスさんもすっかり全快してパーカッションに歌に八面六臂の活躍で、とても嬉しかったです。少し風の強い夜だったのでステージ中も少しだけ揺れがあったりしましたが、それも洋上ならではのことと楽しめました。

終演後は着替えてディナーへ。少し慣れないドレスコードに戸惑いましたが(インフォーマルって意味をあんまり理解できてなかった^^;)、一同でわいわい食べて飲んで楽しい夜は更けて行きました。

久しぶりにこうやって何日か大勢のメンバーと過ごし、旅をして、すっかり贅沢気分を味わせてもらいました。またこういう機会がくるとうれしいなあ。というか熱帯Super Jamまた参加したいです。ガッツリした演奏もしたいですし。

そして、やっぱり船が好きです。海の上といのも気持ちいいものですが、モノとしての美しさとかね(とくにこういう客船は)。あちらこちらでみかける長年たくさんの人に大事に使われてきたモノが見せる美しい劣化具合とか、ふとした時に感じる重油の匂いとか。重低音でうなる機関の音とか。まあ慣れない振動で初日は眠りにくかったですけど、二夜目はすっかり慣れましたし。こうして偶然にも自分がいた会社の製品に乗ることができたのがとても嬉しく不思議な気持ちで、感慨深かったです。

お世話になったみなさん、ありがとうございました!

熱帯Super Jam
カルロス菅野(Perc,Vo)、奥村晶(Tp)、青木タイセイ(Tb)、武井努(Ts)、中島徹(Pf)、箭島裕治(B)、岡本健太(Ds)

 

おまけ

飛鳥II  美しいフォルム!

飛鳥II 美しいフォルム!

神戸港出港 紙テープ投げ!

神戸港出港 紙テープ投げ!

寄港した港と盾を交換するそうです。

寄港した港と盾を交換するそうです。

夕日と明石海峡大橋

夕日と明石海峡大橋

船長小久江さんと

船長の小久江さんと

坂井さんと2Days

beni-takei-2day
ひょんなことから繋がりができて、来月ベーシストの坂井紅介氏と演奏をします。東日本の震災前はしばしば関東にもいっていたので、少しずついろんな出会いがあったのですが、最近はほぼ関西にいるのでなかなか新たな繋がりが広がっていっていないなあと感じているところでの嬉しい機会です。

誰かの演奏で一緒にやって「じゃあ、今度また一緒にやりましょう」というのではなく、いきなり初めましてでのライブなのでいまからワクワクと緊張を感じていますが、きっと素晴らしい2夜になるので、ぜひたくさんの方に聞いてもらいたいです。

ーー

坂井紅介(B)・武井努(Sax) special 2 night

7/14(Fri) 神戸 摂津本山 Born Free
078-441-7796
神戸市東灘区岡本2-5-8
19:30- 前\3,500 / 当\4,000
with 牧知恵子(Pf)

7/15(Sat) 大阪 北新地 shot bar S
06-6345-2100
大阪市北区曽根崎新地1-5-22 橋立ビル 2F
20:00- \3,500
ゲスト:山内詩子(Vo)

ーー
benisuke

坂井紅介 ベース

ハンク・ジョーンズ、ジョー・ヘンダーソン、ヘレン・メリル、ミッシェル・ルグラン、エグベルト・ジスモンチ、スティーブ・ガッド、日野元彦、など世界のジャズ界をリードするミュージシャンと共演。幅広い音楽性で多くのアーティストに招かれ、国内外のユニットに参加。演奏の場は米国や欧州だけでなく、アジア、アフリカにも及ぶ。

自己のグループで1993年より名古屋芸術創造センター、2000年にカザルスホールにおいてコンサート。作曲にも才を発揮し、映画、テレビ、舞踏、アーティストのCDに作編曲を提供するなど、活動範囲は広い。1997年5月、全曲オリジナルのリーダーアルバム「TRIPトリップ」をリリース。

現在、自己のグループやソロベース活動の他、井上淑彦fuse、土岐英史、などのステージで活躍。横浜在住。

トミー・コッテル・トリオ

tommykottertrio-kellys

photo by yuki asane

先週のことになってしまいましたが、2月に続き再びスウェーデン・イエテボリ在住のベーシスト森泰人氏が主宰するスカンジナビア・コネクションの第41回目のツアー、トミー・コッテル・トリオのライブに参加しました。前回のアルベルトさんのバンドもでしたが、このトミーさんのバンドも演奏も楽曲も素晴らしかったです。

トミーさんのバンドはフリーフォームなところはあるものの、ほぼ彼が作曲した曲を演奏するのですが、未知のものですごく刺激的なのに、懐かしくて知ってるような感じがしました。例えて言うと父親のように猛々しく、母親のように大らか、そして弟のようにやんちゃで、妹のように純粋、というような。とにかく根本的に健康的でハッピーなサウンド、それでいて何かをなぞるのではなく、どこまでいっても創造的な演奏でした。

そんな中に入って演奏すると、聴いてるのと中に入って一緒に音を出すのはぜんぜん違う感触がして、いかに自分が自分であるかということが一番大事なのである、ということを強烈に認識させられました。

ぼくは英語はもちろんスウェーデン語なんて全然なのですが、拙い英語でいろいろドラマーのダービッドと話して(彼はとても話好きだった)いると、日本人が演奏するジャズとはなんぞや?みたいな話になり、いろいろ考えさせられました。古来からある日本の伝統音楽と融合するというものでもなく、借りてきたフォームの上で演奏している自分は、一体どこに自分のアイディンティティがあるのか(出せるのか)というのは、普段意識してないけれど、実は一番考えたり感じたりしなければならない命題だと思います。誰かと同じこと、モノマネではなく、自分であって、しかもそれがこの土地にいる人間だからこそ出せるもの。きっとそういうものがあるんだと信じてやっているのですが、今の時点ではこれこれこうですよ、というものは具体的に出せないです。が、彼に答えたように、この土地にいてこの言葉と食べ物、文化によって育まれている自分のバックグラウンドから出る音、というものがあるはずで、それが自分なんだ、と思ってやっています。アルベルトのときにも同じようなことを思いました。

本当に再びとてもよい経験ができました。いつか逆にスウェーデンに行けたらなとも思います。今回のツアーを聞いてくださったみなさん、協力してくれたみなさん、ありがとうございました。そして、トミーさん、森さん、ダービッドさん、ツアーお疲れ様でした、もう帰国したころですかね。またお会いできたらと思います。

Tommy Kotter(Pf)、森泰人(B)、David Sundby(Ds) ゲスト 武井
4/10 梅田 Mr.Kelly’s
4/11 芦屋 Left Alone

tommykottertrio-leftalone

MAHIZO関西ツアー

201703mahizo

ちょいと時間が経って先週のことになってしまいましたが、愛知からやってきたトリオMA HI ZOの関西ツアー無事終えることができました。いらしてくださったみなさん、お手伝いいただいたみなさん、本当にありがとうございました。

愛知の吉良にあってとてもお世話になっている老舗インテルサットのマスターからこのバンドとピアノの佐藤さんを紹介してもらい、音を聞かせてもらい、関西でのツアーを手伝って欲しいと言われた時に、こういうバンドと一緒にできるなんて楽しいだろうなーと思っていたのですが、実際の演奏はそれ以上に楽しいものになりました。バンドとしても完成されているし、何よりスタンダードやカバーのアレンジがとても秀逸でかっこよかったです。もちろん普通にやってもすごくいいのです。

先月のアルベルトさんのバンドでも思いましたが(これは大いなる文化の違いを感じた)、ミュージシャン一人だとあまりわからないですが、こうやってバンドとして出会うとその地域性というか、独自性をすごく感じます。MAHIZOの場合も同じような感じでやってる(と、ざっくり言うと失礼になっちゃいますが)バンドやミュージシャンはいるでしょうけど、MAHIZOにはMAHIZO弁というか、彼らが普段いる土地や文化なんかの背景が僕のそれとは違うものがあるんだな、ということを感じました(いい意味でです)。言葉の違いというのか、土地が違うとちょっとした音楽上の言葉や流れ方や、全体のサウンドが違って聞こえます。それが個人的なものではなくてバンドの上に乗ってる、というような。不思議な感じでした。でもそれはすごく素敵なことだと想います。

初物に弱い(と、勝手に思っている)関西ではなかなかたくさんの方々に聞いてもらうことができなくて残念でしたが、また彼らは関西にもやってきますし、愛知を離れてあちこち行く予定をしているようですから、是非みなさんチャンスあれば聴きにいってくださいね。いいバンドですよ!

MA HI ZO : 佐藤正道(Pf)、長谷川英喜(B)、野村陽三(Ds)

アルベルトさんと

AlbertoPintonGroup-gアルベルト・ピントン氏率いるグループのツアーに2本参加できました。スウェーデン在住のベーシスト森泰人氏が主宰するスカンジナビアン・コネクションという企画の40回記念として来日した彼らのツアーを垣間見たわけですが、本当に素晴らしかったですし、一緒にできたことは非常に貴重な経験になりました。

メンバーそれぞれが素晴らしい音楽家であることはいうまでもないのですが、グループとしてきっちり纏まっていて、かつまったくマンネリ化しない自由さを併せ持っているというのは驚きでした。フリーフォームの音楽は限りなく自由にいることができて、音楽的なものや感情の吐露がしやすいんじゃないかと思っていますが、同時に常にいろいろな要素の崩壊のリスクもあって、それが面白さになる場合もあるけれど、冗長になったり極端に破壊的になったりしてつまらなくなる場合もあります。まあ何が面白いか、どこまでがいいのか、なんてことは決められないことですが。

彼らの音楽は純粋に音楽的で、高度な技術とセンスに裏付けされていて、どこまでも理性的でコントロールされていて、そして何より健康的な感じがしました。すごくたくさんの物事が起こっているのに、それが常に濃密に凝縮されていて、決してつまらなくならない。アルベルトさんの曲の作り方や、グループのコントロールの仕方も素晴らしく。一つのステージでいろいろな絵が十分に、でも描かれすぎないぐらいの節度をもって作り上げられる、そんな感じでした。

ぼくはスウェーデン語は皆目^^;、英語もあんまりなのですが、そんな僕をうまく引き入れ、彼らの音楽に参加できるスペースと寛容さを与えてもらえて、とても嬉しくまたひとつ大きな勉強と経験になりました。フリーフォームの音楽の捉え方や考え方が今までは偏っていたなと思いましたし、新しい音楽を知った感があります。音楽を通して知らなかった文化に触れ、よりヨーロッパの、北欧の音楽やミュージシャンに興味が湧きました。いつか行ってみたいです。ネットや交通が発達して狭くなったと言われる世界だけれど、音楽はほんと言語であって文化であってその土地・食べ物・そこにいる人々によって育まれるものなんだなと思いました。大げさかもしれませんが。

「いつでもなんでも自分の好きなように演奏したらいいよ」と言われて、結局は好きに演奏したわけですが、やりながら結局は何をするにしても、確固たる自分の出したい音、ひいては自分は何(何者)なのか、どうしたいのかを常に意識したり考えたり、持ち続けなければならないのだ、と、すごく当たり前のことを強く意識させられました。

こんな機会を与えてもらえて幸せです。森さんに感謝します。、激しそうにみえる中で細心のコントロールをみせる素晴らしいトランペッター ニクラス・バーノ氏、音楽をつねに停滞させない豊富なアイデアと自由奔放な演奏で音楽を活き活きとさせるベーシスト トールビョン・セッテルベリ氏(通称とべさん)、若さと無邪気さと抜群のコントロールと音色の豊かさで音楽に彩色しつづけるドラマー コンラッド・アグナス氏、そして言葉では言い尽くせないほどの素晴らしいリード奏者/作曲家であり父のような雰囲気がしたアルベルト・ピントン氏、彼らに出会えてぼくはとても幸せです。そしてこの貴重な機会を一緒に支えたり体験できたみなさん、ありがとうございました!

また彼らに会いたいです。

(photo by Kento Yamamoto)

白仙人・黒仙人

20170210

先日のこと

白仙人・黒仙人 再び。

やはり音楽において大事なこと、自分が紡ぐものだけではなく、そこにあるものをよく感じること、流れ・淀み・方向を見定めること、機会を逃さないこと、そして迷わないこと、いろんなことを改めて突きつけられる。だから何度も一緒に音を重ねたいと思ってしまう。

研太さんいつもありがとうございます。次はGWくらいかな。

この夜は南博さんも来てくれてセッションも。とても楽しかった。いろんな人に会うためにまた東へ行きたい。

East West Trio 西日本ツアー 2017 vol.1

ewt2017
約1年ぶりのEast West Trioのツアーが来月頭から始まります。昨年のツアーもほんと自由な演奏が続いて楽しく、毎回変化していくのが面白かッたですが、今回はどういう展開になりますやら。1年ぶりのご無沙汰のところも多数なので、ぜひ、またみなさんいらしていただけたらと思います。

East West Trio 西日本ツアー2017 vol.1
武井努(ts)×高瀬裕(b)×広瀬潤次(ds)

2/4(Sat) 岐阜 Island Cafe 058-213-7505
charge:3500円(予約:3000円) 19:30~ 2stages
岐阜県岐阜市一日市場北町3-7

2/5(Sun) 名古屋 Lamp 昼ライブ 052-252-7151
charge:3800円(予約:3500円) 15:00〜90分 1stage
名古屋市中区新栄1-4-32和広ビル102

2/5(Sun)  愛知県 吉良町 jazz club intelsat 0563-35-0972
charge:3500円(予約:3000円)  20:00~ 2stages
愛知県西尾市吉良町上横須賀神田44-1

2/6(Mon) 福山 DUO 084-923-5727
charge:3800円 20:00~ 2stages
広島県福山市伏見町1-9 今福ビル2F

2/7(Tue) 広島 Bird 082-241-6906
charge:3500円(前売り:3000円) 20:30~ 2stages
広島県広島市中区薬研堀10-11ハウスアピアB1F

2/8(Wed) 岡山 Cafe SOHO 080-4558-8386
charge:3500円(予約:3000円/学生:2000円) 19:45~ 2stages
岡山市北区今4-4-8

2/9(Thu) 高槻 JK RUSH 072-681-7473
charge:3000円(前売:2500円) 19:00~2stages
高槻市高槻町13-10 B1F

Home > Tags > LIVE

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。