ホーム > タグ > LIVE

LIVE

詩子と製麺隊

seimentai1205

昨夜はほんと久々の「詩子と製麺隊」でした。いっときはまあまあのペースでやってたのに、あまりの人気のなさ(でも料理は毎回美味しかった)にやめにしていたのですが、Big Apple 30周年ということもあって復活したのでした。なので、僕も久しぶりにうどん打ちしました。

このところさすがにうどんへの執着も減ってきたので打ったりすることが減ってたのですが(まあまれにやったりするけど、自分のためじゃなくて、なんかの集まりでーとか)、久しぶりにやるとやっぱり楽しいです。なんか小麦粉こねているときは土遊びしているみたいで。

いつもたまに香川を通るときに栗熊の前場うどんさんで小麦粉を小分けしてもらうのですが(店主と少し話せたりすると、小麦粉事情とか教えてくれたりも)、今年建て替えのために閉店中なので、いまもってる粉がなくなったらどうしようーという感じです。まあうどん打つのには中力粉があったらいいけれど、やっぱり日讃製粉とかの讃岐向けの粉が美味しいんですよねえ。ビールも(たぶんパンも)だけれど、小麦粉の香りが大事だとおもうのです。

余談だけれど、うどんの出汁や薬味、あれってやっぱり麺によって性格違う方がいいと思うのですよね。小麦の香りの強いものは、カツオや昆布の出汁では負けるので、やっぱりいりこや鯖、アゴとかのほうが合うと思います。で、そういう出汁や麺には七味じゃなくてやっぱり生姜だとおもいます。で、ぼくはそういうのが好きです。あ、あと、えーって言われるけど、こういう麺にはすし酢が合います。

で、昨日は一番好きかもーと思っている通称緑あひるを使ったのですが、これいつもだいぶ固めにできてしまうので、昨日は作業を楽にしようと少しだけ塩水の加水を多くしたのですが、そのおかげで伸ばしたり打ったりするのはとても楽だったけれど、肝心の小麦の香りがだいぶ薄かったです。なんでだろう?加水してたときはいい小麦の香りしてたのだけれどなあ。。。

早くに準備しすぎてダレたのか、湯がいてるときのお湯が多すぎたか(そんなのはないですよねえ)、ちょっと腑に落ちてないので、また様子見てうどん打ってみよう、とか思ってます。年末は年越しうどんかなw

ま、それはさておき、演奏はたっぷり楽しく(のりひでさんのアレンジはやっぱりいい)、うどんと中華麺(鶏の麺だった)、きんぴらにロースト肉(?)も美味しかったし、好評いただけてよかったです。何より今まででいちばんたくさんお客さんきてくれて嬉しかったです。

またやるかなー、やらないかなーw まあ大変だけど楽しい会でした。みなさんありがとうございました!

おまけ

seimentai1205-1 seimentai1205-2

seimentai1205-3 seimentai1205-4

 

中井知恵美ジャパンツアー後半

chiemitour2

もう先月のこととなってしまいましたが、NY在住のラテンピアニスト中井知恵美さんのツアーが無事終了しました。今回は計5箇所で、前半の倉敷-米子のあと知恵美さんは名古屋、東京と現地のメンバーでやったあとに、ラストは大阪でした。ここに僕も再び合流しました。

大阪ではドラムに岡本健太くんに入ってもらって、前半ドラムだったチーチョにはスペシャルゲストでパーカッションではいってもらうという豪華編成。やっぱりコンガが入るとだいぶはっきりラテン色が出るので、前半とは全然ちがったイメージで演奏できて面白かったです。グルーブの質が変わるのもだけれど、やっぱり皮モノの音って心というか体を揺さぶって来る感じしますねえ。

満員に近いお客さんに盛り上げてもらって演奏もかなり盛り上がりました。ドラムとパーカッションの掛け合いはほんと面白いし、さすが両者って感じでしたねえ。しかしまあ知恵美さんのMCの脱線ぶりには脱帽です。演奏とMCのギャップっていう意味では清水さんと一緒かそれ以上かもw

なんせ楽しいツアーでした。最近ラテンのものからは遠ざかっていますが、こうやってやってみるとやっぱりいいなーと思えるので、またこのセット(できたらドラム、パーカッションの)でやりたいです。

知恵美さん、山田さん、チーチョ、健太、お疲れ様でした。いらしてくださった皆さん、本当にありがとうございましたー!

中井知恵美ジャパンツアー前半

chemitour1

NYで活躍中のラテン系ピアニスト中井知恵美さんのツアーが幕明けて、その倉敷と米子の公演を無事終えました。全5公演のうち僕は倉敷、米子、そして大阪で僕は参加予定です。

知恵美さんとはもう随分古くて、学生時代かそのすぐ後ぐらいに出会って、セッションしたりライブしたりしたはずなのですが、もうお互いちゃんと覚えてません^^;。Big Appleで彼女が歌も歌うライブをやったのは覚えてるのですが、それ以外はとんと。同時期に学生だったことはないのですが、間に親しい人がいっぱいいる(そしてミュージシャンになった人も)ので、いろいろ顔を合わせていたんだとは思います。

一緒にやるのは数年前のYokoさんのサルサバンドツアー以来だったかと思いますが、今回のメンバーがベースは山田さん、ドラムはチーチョということもあって、同窓会(ではないけど)のような雰囲気で、移動する車の中では喋るわ喋るわの大騒ぎで楽しい時間でした。もちろん演奏も2日続けて密になっていく感じで。いい意味で砕けてるけど力強くラテンというような、知恵美さんのキャラが存分に発揮されるツアーになっていてとても楽しいです。

倉敷ペニーレインではママの歓待を受けてとても美味しく楽しい時間を過ごさせてもらいましたし、すぐ近所の美観地区をちょろっと散歩できました。また米子では地元ということもあって知恵美さんのたくさん同級生が公演を手伝って下さってとても有り難かったです。しかしすごいパワーで驚きました!またホールがものすごくいいホール(私設だと思う)で、ピアノが深くていい音だし、ホールはいい響きだし(ラテン系には少し鳴りすぎかとも心配したけれど、全然大丈夫だった)、楽屋も何もかもが素敵すぎて、、、いやー、リラックスしました。米子の海岸も綺麗でしたし。たしか”大山漬け”とおっしゃった漬物がやたらと美味しかったです。あれどこに売ってるんだろう。

このあと知恵美さんは名古屋、東京と回りますが、そこでは現地のメンバーで。大阪にまた月末に戻って来てツアーの総仕上げです。

■ New Album “Ascendant” Japan Tour 2019
11/29(Fri)大阪 梅田 Royal Horse 06-6312-8958
19:00- S=\3,500 A=\3,000 barcounter=\1,500
[メ] 中井知恵美(Pf) from NY、武井努(Sax)、山田良夫(B)、岡本健太(Ds)

ここにはチーチョも来てくれるという噂も。アルバムの曲も素敵ですし、全力で楽しみたいと思います。

倉敷、米子でいらして下さったたくさんのみなさん、お手伝い下さったみなさん、お店やホールのみなさん、本当にありがとうございました。また倉敷も米子も訪れたいです!

chiemitour2

(photo by おおいさん)

三河尾張

今年も毎年恒例になりつつある11月頭の三河ー東海の旅が無事終わりました。今年はライブを5つ、この数年定着しつつある豊橋そして岡崎ジャズストリートでのMITCH ALL STARS、吉良intelsatで古市響平(G)、戸田裕久(B)、村田十三(Ds)とのインプロ、そして名古屋Swingで徳田智史(B)、清水行人(Gt)、鈴木宏紀(Ds)とのスタンダードメインのライブ(珍しい)。どのライブも音楽的に濃く、演奏は楽しく、いい日々となりました。

20191101-1豊橋〜岡崎のときはちょうどラグビーワールドカップ2019の3位決定戦、決勝と重なったこともあって、すっかり俄かファンになった僕は試合が見たくてたまらなかったのですが、豊橋ではリハ後にまず数年タイミングあわずに訪れられてなかったラジャにいって腹ごしらえし(レオくんには会えず)、ついにママに正体を明かし(というほど大したことではないけど)、そのあとに近所のブリティッシュバーに行って清水興さんと3位決定戦の後半を鑑賞。ウェールズが維持を見せるかと思ったけどやっぱりニュージーランドのスピードと閃きがすごかったです。ライブもほんとMITCHもバンドも豊橋のみなさんに愛されていて、終始熱く、そして和やかに、いい感じのスタートとなりました。

20191102明けて11/2,3は岡崎ジャズストリート。好天に恵まれて、1日目は明治安田生命、2日目は岡崎ニューグランドホテルロビー。岡崎ジャズストリートはたぶんもう10年連続くらいで参加させてもらってて、MITCH ALL STARSも大人気で両日とも本当にたくさんの方に聴いていただけて本当に嬉しかったです。毎年行ってるのに、毎年新鮮で嬉しくなってしまうのは、岡崎の人たちの優しさなんでしょうかねえ。合間の時間には森山威男(ds)さん率いる佐藤芳明(acc)、渡辺ファイアー(as)、 今岡友美(vo)のバンドや、鈴木良雄(b)さん率いる峰厚介(sax)、中村恵介(tp)、ハクエイキム(p)、大村亘(ds)のバンド、対バンだった右近茂(Sax)さん、谷口英治(cl)さんらの演奏を聴きました。どの演奏も素晴らしくとても刺激になりました。とくに森山さんがすごく飛ばしててお元気そうだったのが嬉しかったです。楽屋へも暖かく迎えてくれて嬉しかった!

岡崎JSの1日目の演奏が終わったあと、宿で決勝戦の後半を鑑賞。前半はイングランドがだいぶ押したみたいだったけれど、体力的なものか後半は南アフリカの押せ押せでした。二つとったトライは両方とも見事で、テレビ前で大コーフンでした。そしてそのあとメンバーで集合して打ち上げ、そのあともバーに流れて録画のラグビーみたり。途中で小柳純子さにゃ浜崎航くんや中村惠介くんも合流して深夜までわいわいしました。こういうフェスじゃないとなかなかこうやって交流できる機会ないので、これもまた岡崎JSの醍醐味のひとつです。

岡崎JS2日目が本当に盛況に終わってからは割とすぐにでてintelsatへ。古市くん戸田くん村田くんとは初めましてで、彼らは知り合いなものの3人になるのは初めて。何もかも初めてづくしの中でのインプロは、かなり熱く、濃密な時間になりました。どれ一つ同じになることなく、音のストーリーが紡がれていく感じはその場でしか生み出せない音であって、刺激的で楽しいです。だいぶ若手に翻弄されちゃいましたが、前日に聞いた森山さんのタイコのエネルギーが僕の中の何かを呼び覚ましたような気がした夜でした。終わってからもみなさん交えてわいわい。この夜は明田川さんの音源ばかり聞いて皆で感心したり笑ったりーでした。

20191104そして最終日は名古屋へ。徳田くんから珍しく「スタンダード中心にやりましょう」ということだったので、どうなるんだろうと思ってお店に行ったのですが、少し珍しい曲(スタンダードとまでは言わないけど、面白い曲、ほとんど知らなかった)なんかをリハーサルだけして、あとは本番で。清水くんも鈴木くんもほんといいミュージシャンなので、演奏がまったく停滞しないし、同じような展開しているのに同じに感じなくて、ずーっと楽しんでいられる感じでした。スタンダードもこんな感じに演奏できるといつでもオッケーという感じがします。鈴木くんのレガートがすごいプッシュ強くてよかったなあ。彼らとやるといつも思いますが、タフな感じがほんといいなあと。

4日間通して、最近悩んでいるというか自分が課題にしていることをいろいろ試したりしてみましたが、概ね方向は間違ってないかなと実感できた日々でした。それは内容でもあり、演奏方法でもあるのですが、いままで培ってきたものを変化(僕の中では割と大きい)させるのは難しいことなのですが、よりいい演奏を、音を、と思うにつけ、今までのものを大事にするのはもちろんなのですが、先へ進むというかよりいいと感じる方向へ持っていく努力をするのは当たり前ですけど、大事だなと実感できました。サボらずん続けていきたいと思います。それがいい結果に結びつけられるように。

改めて三河〜尾張といろんな場所で聞いてくださったみなさん、本当にありがとうございました。お店のみなさんや、スタッフ、ボランティアのみなさん、会場のみなさん、そして一緒に音楽できたメンバー、同じイベントに出演したミュージシャンのみなさん、お疲れ様でした、感謝しています。またお会いできますように!ありがとう。

小濱・武井西日本ツアー

kohama-takei-coltrane

小濱さんとのツアー、無事終えられました。いい経験できたし何より楽しかったです。いろいろ変化したような気がします。

各地でいらして下さった皆さま、お店の皆さま、なかにしさん、萩原さん、倉田さん、平手くん、杉山くん、そして小濱さん、本当にありがとうございます。始まる前は長いなーしんどいなーと思っていても、終わってみれば一瞬で、寂しく、またどっか行きたいなーと思う自分が可笑しいです。

(写真はSさんより、草津コルトレーンにて)

Jazz At Sanjo

0818sanjo1

昨日8/18に京都の三条界隈で開催されたJAZZ AT SANJOに初参加しました。暑い中たくさんご来場頂き本当にありがとうございました。トップバッターということで、へんな緊張感ありましたが、メンバーの力と、歴史的な建造物の響きのよさに助けられて、いい時間を紡ぐことが出来たかなと思っています。

短い時間でしたが目一杯やってしまいましたし、ホールの響きで滑舌の悪いMCがますます聞き取り難かったというご指摘もありましたが(^◇^;) たのしんで頂けてたら幸いです。

僕たちのあとの山内詩子さんのグループも素晴らしい演奏でしたし、第2部のビッグバンドもゲストの片山さんの歌も牧山さんのバイオリンも素敵でした。そしてアフターのセッションまでみっちり出演させて頂いて目下クタクタですが、とてもいい経験させて頂きました。ま機会あれば、と思います。

そして何よりこの暑い中、準備や進行、その他色々な作業をしていただいたスタッフの皆さん、各会場のみなさん、出演者の皆さん、そして中村くん、米澤くん、永田くん、本当にありがとうございました&お疲れ様でした!

写真はSanoさんから。素敵です。ありがとうございます!

0818sanjo2

0818sanjo3

0818sanjo4

0818sanjo5

たけタケ@ジャズライブKOBE

taketakenhkkobe
先週14日金曜日、NHK神戸放送局の夕方の番組「Live Love KOBE」にたけタケ(清水武志pf。武井努sax)で出演しました。放送は兵庫県内だけで生放送だったのですが、今日から一週間だけwebでもご覧になれるようになっています。放送用なので、いつものたけタケとは違いスタンダードを演奏している(East of the sun、You don’t know what love is)のですが、ぜひぜひチェックしてくださいね!

ジャズライブKOBE 6/14放送分

KOBE JAZZ DAY 2019レポート

4月に行われたKOBE JAZZ DAY 2019の模様がレポートされています。今から思い出してもPedroさんとの演奏はとても楽しかったし、刺激的だったし、いろいろ教えられました。イベントも中高生から大人まで本当にいろんな人が出演していて、大きないいイベントだなと思いました。また来年も参加できたらいいなと思います。

とてもいいレポートなので、行けなかった方も行った方もぜひ。

KOBE JAZZ DAY 2019 ライブレポート

Pedro Giraudoツアー

Pedro tour

先週のことになりましたが、ベーシストのPedro Giraudoさんのツアーが無事終わりました。

彼はNY在住で、その音楽はジャズのフォーマットの上に乗っているけれど、自身の出身であるアルゼンチンの色が濃く出ていて、さらにそこにいろいろなものが見事に融合していました。当初譜面を見た時は不安になる程の難しさでしたが、5日間のリハーサルや演奏を通してバンドもよくなっていったし、何より彼の音楽を少しずつ理解していって、それが演奏に反映されていくのがとても楽しかったです。

彼の音楽に対するイメージはすごくはっきりしていて、演奏上の細かなニュアンスや自分が鳴らしている音やフレージングの考え方について実に細かく指摘してくるのが印象的でした。また昨年少しだけ共演したボースフューレンのときに感じたのと同様に、意外に小さい音で演奏するということが大事なのだと強く意識させられました。

実際あまり大きくない音での演奏のほうがリラックスするし、楽器自体もいい音で鳴らせられるし、アンサンブルもしやすいです。とくにこういうアコースティックな音楽はステージ上でもほぼ生で演奏したほうが結果的にいい音になるので、アンプやモニターをなるべく使わず、人間の力だけでバランスをとったほうがやり易くていいアンサンブルになります。若い時はレコードで聴いた印象だけで音の大きさ=迫力みたいに勘違いしていましたが、実際の迫力はダイナミクスとアンサンブルの作り方であって、より大きな音を目指すのではなく、よりよい小さい音を目指した方がダイナミクスはつけやすいということに今更ながら気づかされました。

本当にいい経験になりました。こんな機会を作ってくれたプロデューサーでもある広瀬くんや高橋くん、李くん、ありがとうございました。今の関西のジャズシーンをいろいろ広げてくれているのは彼らの世代の努力と行動です。ほんと頭が下がります。僕らももっと力になれたらと思います。またこういう機会があればぜひ参加したいです。

ライブレコーディング

20181208leclub

12/8の京都ルクラブジャズでのライブにいらしてくださったみなさま、本当にありがとうございました。ライブレコーディングということで緊張もありましたが、聴いていただけたみなさんやメンバーのおかげでとても楽しく演奏できました。いろいろやらかした面もありましたが^^;

どんな音が録れているのか聞くのが怖くもあり、楽しみでもありです。いい感じにまとめてまたみなさんにお聴かせできたらと思っています。信州JAZZ民の水谷さんと頑張って作り上げたいと思います。

改めて、聴いていただけたみなさん、メンバー、ルクラブのみなさん、そして信州JAZZ民のみなさん、ありがとうございました!

Home > Tags > LIVE

Search

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。